2008年12月28日

今年最後のブランデン練習会

今日の記事もやたらめったら長いです(笑)。
本来は発表会(誰も観客がいない)その2だった本日の練習会。
新しく参加するメンバーが2人、いつものメンバーが大分欠席・・・
ということで、本日は普通の練習会になりました。

今日の参加メンバーはレベルが高い!
お陰で、前々からわくわくしていました♪
いいところ盗むぞ!いい音聞くぞ!みたいな。。。

今年最後のブランデン練習会は色々とハプニングあり、
初見大会弾きまくりの練習会でした♪

いつもは私が練習室の鍵をもらう担当ですが、
今日に限って(私が首などを痛めているので遅刻参加)、
部長に前もってお願いしていました・・・
ええ、それが大変なことになってしまうとは・・・。

朝、起きてまもなく・・・部長からメールが届く。
今朝から高熱があって、鍵だけ開けに行って帰るとのこと。

高熱なのに無理して会場まで行ったようで。
わわわ、申し訳ないことしました・・・!

今回は部長がこういうケースになったけど、
いつもの鍵をもらう係の私にも起こりうること。
こういう場合って皆さん、どうしているのかしら・・・。
区の団体とかなら、大目に見てもらえると思うんですけれど、
うちみたいな団体ってどうなんでしょうね。
今度、施設の職員にお金払いに行く時に聞いてみようかな?

部長が帰宅後、残されたメンバーが初参加のお2人。
初参加なのに困ったと思います!
しかし、初参加メンバーの1人がkaoriさん
きっと、kaoriさんなら普段の経験を生かして、なんとかしてくれるはず!!!
と心の中で頼みにして(?)、慌てて会場に向かう私。

しかし、バスは来ない、電車がよりによって特急待ち、各駅停車しか来ない・・・
など、交通機関に行く手を阻まれる私。
予定より20分も遅れました〜・・・ごめんなさい!

私が到着直後に、Vn大先輩も到着。
午前はこの4人で練習です。

kaoriさんがヴィヴァルディのドッペルと
ヴィヴァルディの4つのヴァイオリンのための協奏曲の楽譜を
持ってきてくれたので、早速、練習開始♪
初見大会!
久々にヴァイオリンを弾いたせいか、指が動かなくなったり
初見楽譜が読めなかったり(笑)で。
今日はトホホな出来でした。

2つの〜は一部落ちたりしましたが、なんとなく弾けました。
2つのパートを交換したり。
ただ、きれいに弾くとか曲想を練って弾く・・・とか
そういうのはまったく出来ず。。。(そんな余裕はない!)
次に弾く機会があれば、きれいに弾きたいと思いましたね!

4つの〜は1人1パートだからスリルがありすぎでした・・・!
楽曲は難しいと思いましたが、4パートそれぞれ見せ場もあり、
かけあいが本当に楽しかったです♪
kaoriさんとVn大先輩が難しいパートを引き受けてくれたので、
私は午前:VnIV、午後:VnIIIを弾きました。
VnIIIとVnIVは休符が多いので、数えるのに苦労しました・・・!
ちょっとでもボーっとしていると危険です。
何度もソロの部分、入れなかった・・・(笑)。
つい弾き終わるとほっとして、休符はボーっとしちゃうのよね・・・。。。

お昼を挟んで、いつも通り、ブランデン3、5番やコンチェルトグロッソ、アイネクも全楽章弾いてみたり。。。
あと、バッハの協奏曲第1番も初弾き♪
この曲、レッスン(鈴木7巻収録)で出来ないので弾けて嬉しかったー!
とにかく、弾く、弾く、弾く、弾き倒すの午後!

今回はkaoriさんが来ると言うことで、白本4巻を持っていきました。
そして、kaoriさんにオベルタスを演奏してもらうことに。
目の前で演奏を見ていると、本当に難しい曲だ!
・・・私、この曲、将来弾けるんでしょうか・・・ますます不安になりました。。。
あと、春の海も弾いてもらいました♪
おお、これからの季節にぴったりですよ。
予想外にヴァイオリンらしい曲になっている気がしました。
あと、新しいヴァイオリンのてかてか君を触らせてもらいましたー!
本当に表面がてかてかしてる!音が良く響くのが印象的です♪
発音がいいのかも。

現在、部長が置いていった(多分私あてと思われるので持ち帰った)
先日の発表会DVDを見ています。

TAKE1は噂どおり酷い演奏〜(笑)!
(TAKE2は思ったよりは、酷くなかった・・・よ?)
自分の音のはずしっぷりもしっかり入っているのが泣けます。
TAKE1は某メンバーの足しか映っていない
謎のビデオなのがウケました(そこか!)。
TAKE2は私が一番カメラに近い位置なので、後姿とはいえ
自分の演奏姿は変じゃないだろうかと必死にチェックしてしまいました(笑)。
演奏の後姿の動画って結構貴重かもしれませんね。

そんな訳で、今年のヴァイオリン行事はこれにて終了。
特に書く記事もないので、今年はこれで終わりにします。

昨年ははじめてオフ会に参加して、人との出会いが多かった1年。
今年はブランデン練習会活動開始・充実だけでなく、
ブログを通じて出会った方に恵まれた1年でした♪
初めて出会った方、前からの付き合いのある方、色々とお世話になりました!
今年もヴァイオリンを通じて楽しい1年でした!

来年はどんな1年になるのかな。
来年もマイペースにヴァイオリンを弾き続けようと思います♪
拙いブログですが、来年もよろしくお願いします!

※今回はそんな訳で特別にコメント欄有です※
posted by まみ at 23:59| Comment(20) | ブランデン練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

しらはせさんの発表会

「お姫様、紅茶をお持ちしました。」

思わず口元が歪み、笑いそうになる私。
一部の方には、久々に聞くこのフレーズでは?
今日のランチは秋にやまさんが東京まで来た時のオフ会以来の某お姫様ダイニングカフェでした。
あれからまだ3ヶ月ほどしか経っていないはずなのに、懐かしかったです。

お姫様のダイニングカフェ

さて、気を取り直して!
昨日はしらはせさんの発表会でした。
しらはせさんの教室はマスタークラスという音大を目指すような
上手な子供達も参加されるとのことで楽しみでした。

会場についてから知ったのですが、ヴァイオリンだけではなく
ヴィオラ、チェロ、フルート、ハープ(大、小)、声楽、ピアノと
色々な楽器演奏が聴けたのが楽しかったです。

特にハープ!(ヴァイオリンより参加人数が多かったような?)
ハープの発表会は初めてだったので、興味深かったです。
改めて近くで見ると、大変な楽器ですね。

※ハープに関して素人なので、間違っているかもしれません※
♯や♭がつく場合は、ペダルを踏みかえているのでしょうか。
初心者・初級者の方はペダルの踏みかえるに苦労されていました。
あと、縦方向(斜め?)に弦を見ているので、
顔から一番遠い低い音の弦を弾く時はやはり見難いようで
一呼吸どうしても入ってしまったり・・・。
一応、Cの音の弦は赤い色でそれが目印になっているのかなと思いましたが、
目線から縦方向だと、C以外の音は見難そう・・・。
優雅に見える楽器ですが、大変そうだなと改めて思いました。
一回弾いてみたいけれど(笑)。

あと、驚いたのが1人何刀流も楽器を換えて発表会に臨む人が多かったこと。
1人で、フルートとハープと声楽をされていた方もいたり、
器用だなぁと感心して見ていました。
私は、ヴァイオリンだけでいっぱいいっぱいなのに・・・(笑)。

そして、いよいよ!しらはせさんの発表の時間になりました。
開始と同時に、カメラを構える約10人近い軍団・・・(笑)。
逆に緊張させてしまったかな、と後で後悔したのですが、
しらはせさんのブログを見ていたら、気がついてなかったようで・・・ほっとしました(笑)。

しらはせさんのお師匠さんから「大きな音を出すように」と
指導されているせいなのか、しらはせさんを含め、
ヴァイオリンの生徒さんは弓を大きく使って音を大きく鳴らしていました。

私の先生も、間違ってもいいから大きな音で弾くように指導されます。
今までいくつか発表会を見ているうちに、小さい音で演奏するより
間違っても大きな音で演奏した方が堂々としていて
伝わるものがあるので、印象的にはいいかなぁという気がします。
先生の言葉に納得する今日この頃。。。

途中、ハプニングがあってピアノが無伴奏になってしまったのですが、
(私だったら動揺するのに、堂々と弾かれていてすごい!)
しっかりとしらはせさんの音、響いていましたよ♪
ユーモレスクもしっかりした音でとても良かったです!

しらはせさんの演奏も終わり、後半はマスタークラスの生徒さん登場。
正直、発表会というより、コンサートに来た気分でした。
上手いレベルがうちの教室の発表会と段違いと言うか(笑)。
(うちの教室、上級者は別の発表会っぽいし・・・?)

今回、楽しみだったのがヘンデルの「パッサカリア」でした♪
以前、記事にしたほど好きな曲です!
いつか弾きたい憧れの曲・・・(でも、弾けるのか!?)

通常はヴァイオリンとヴィオラの掛け合いの曲ですが、
今回はヴァイオリンとチェロのご姉弟が演奏していました。
チェロでも違和感なく聴けますね。
演奏は、最後ブラボー!アンコール!と叫びたいくらいにすばらしかった!

しかし、弟さんは中学生。
自分と彼のレッスン暦を考えると、非常に空しくなってきました・・・(笑)。

私もこの10年、英才教育で頑張ればあの位に・・・!
いや、私は根性ないので無理でしょう(笑)。
大人の気軽な趣味だから・・・続けてきたのだし。。。

Liricoさん、いつか主題だけでもVnとVaでパッサカリア弾きましょうね〜(笑)!

・・・20年後くらいに(ぼそ)。

コンサート後、久々の居酒屋らしい居酒屋で夕飯。
色々と話に花が咲き、帰宅したのは午前様でしたわ・・・。
後ろが喫煙集団だったせいか、今朝はのどが痛い・・・。
それとも風邪か???

明日は練習会で倒れていられないし、そろそろ寝ます。
しょうが湯飲もう。
posted by まみ at 23:59| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

肩当の高さ、そして12月は・・・

首と肩を痛めて以来、ヴァイオリンをお休み中。
理学療法で、日常生活はほぼ支障がないほどに回復!
しかし、まだヴァイオリンを弾くと痛みます。

私が首と肩を痛めたのは、肩当の高さにあるのでは!?
と疑っている今日この頃です。

なぜなら、高くしたら楽になったから(笑)。

首長族なのに、安定感重視?で低くしていましたが、
その結果、左肩に負担が掛かっていたと思われます・・・。

しかし、高さ調整後は完全にすっきりという訳でもなく、
却ってどの高さが適正なのかわからなくなりました。
首が落ち着いたと思ったら、今度は弾くと脇の下が痛いし。。。

こういう時は先生に見てもらった方がいいのか?
楽器店の人に見てもらった方がいいのか?
どうしたらいいのでしょうね。
近頃、ドツボにはまっている気がします(--;)。

実は、6月の発表会前に一度先生に見てもらいましたが、
先生の調整・・・弾き難かったんです(^^;)。
あの時は高さ調整ではなく、肩当の位置についてだったので、
あれで高さを調整すればよかったのかな?と、今頃になって思いました。

もう1つ、首と肩を痛めた原因だと疑っているのが寝癖。
朝起きたら、調子悪いことが多いので、酷い寝相なのでしょう・・・。
そういや、手を頭の下敷きにして弾いて寝る癖があるのよね・・・(TT)。
これは我が家の伝統らしく、父も同じ寝方をしています・・・遺伝おそろしや!
寝相、どうしたらよくなるんでしょ(笑)!

以上、長々と現在の状況について述べましたが・・・
要するにそんな状況なので、
12月はヴァイオリンレッスン●周年記念!として
ある曲の演奏を公開しようと思っていました。

が、練習できていませんってことで、中止(笑)。
ま、まだBASSパートを覚えきっていないし。。。
怪音流すのもあれなので、かえって中止でよかったかもね!

でもせっかく練習していたので、そのうち公開するかもしれませんが・・・
ヴァイオリンレッスン暦、ついに2桁目になっちゃいましたわ orz
始めた頃はもっと上手くなっている予定だったんですが(笑)!?
こんなに習っていてこの程度とは・・・(どんどん歴の浅い人に抜かれているし、笑)
恥ずかしくて最近はVn暦、おおっぴらに言えないです;;;

途中、できなかった期間や挫折しそうになっていた時期もあるので、
真面目にやっていれば良かったな、と後悔しています。
悔やんでも始まらないし、これからもずっとヴァイオリンを続けていくことには変わりません♪
亀の歩みで頑張ります(^^)。
posted by まみ at 22:26| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

葉加瀬太郎コンサート

セレブティーです前回の記事の続きになります。
Vn大先輩のコンサートをkeiぽんと共に後にし、久しぶりにりんちゃんと再会!
3人で葉加瀬太郎コンサートに行きました♪

その前にセレブな住宅街にてお茶。
ごじば(笑)並にお高いチョコレートが売られていました。
チョコ2個で750円くらいとか・・・。
甘ったるいデザート・チョコは苦手なのですが、
流石・・・セレブの街というべきか、甘すぎず、品良くて美味しい!

本当は2人のようにホット系の飲み物が欲しかったのですが・・・
巨大口内炎を飼っているため、唯一冷たい飲み物、ミルクをオーダーする私・・・。
ミルクも美味しかったですよ!

私が食べたデザートそしていよいよ、葉加瀬太郎コンサート!
有名な方とはいえ、コンサートは初めて。
舞台は古代神殿のような感じのセットで、最初は星をちりばめたようなライトの演出で「星に願いを」♪
通常のクラッシックのコンサートの場合、何の変哲もない普通の舞台なので、新鮮でした!
曲に応じて色々演出を変えてきたので(火を使ったり、ライトの色も色々変えたり)、そちらの方も見ていて飽きません。

今回の楽曲は葉加瀬太郎オリジナル曲とクラッシック+その他有名曲半々でした。
曲の前後に葉加瀬さんのMC・・・解説が入り、クラッシックや葉加瀬曲に馴染みのない方でもすんなり入れるように工夫されてましたね♪
今から弾く曲を決めるのにルーレットを持ってきたり、
ブラームスのソナタを弾く前に、ブラームスの略歴説明時には肖像画が用意されていました。

ブラームスの略歴を語っている時、思わず高校時代を思い出した私・・・。
高校時代、私の学校の音楽のテストがシューマンの略歴内容だったんです。

シューマンの奥さんの名前は?(答え:クララ)とか、
シューマンが面倒を見た音楽家は、シューマンの奥さんに片思いしていた、それは誰か!?(答え:ブラームス)とか。。。

しかもテストで覚える資料が漫画だったのです(笑)。
小学生が読む伝記物の漫画だったので、覚えやすかったような。
なので、何年経っても記憶に残っていましてね・・・。
シューマンとブラームスのくだりについては曲より略歴の方が詳しいかもしれません(笑)。

私は漫画で覚えたけれど(・・・)、葉加瀬さんのトークは笑いを交えてだったので、本当に面白かったー♪
葉加瀬さんは関西トークバリバリで、最初から最後まで本当に笑いっぱなしでした。

唯一残念なのは、(バンド入れているからしょうがないことだと思いますが)生音じゃなくてマイクを通していることくらいかな。
でも葉加瀬さんの音は本当に癒されますね。好きです♪
生の情熱大陸も聞けたしね!
会場のほとんどがスタンディングで盛り上がりました!
(私の周りは誰も立ってなかったので、私は座っていたけれど・・・笑)

最後はチェロの柏木さんがチェロを担いで弾くパフォーマンスを見せたり、
高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニストに対抗して、演奏者全員が(スタッフまで)12人でヴァイオリン演奏したり。。。
本当にエンターテイメント!!!って感じです。
クラッシックは堅苦しいとか難しい、って言う垣根がなく
誰でも楽しめる、そんなコンサートでした。

また行きたいな!りんちゃんお誘い有難う!
病みつきになりそうですね♪

クリスマスイルミネーション♪コンサート後は某パスタ店で食事。
最終バスの時間が迫っているのと、口内炎との戦いで
妙に口数少なかったと思います、私・・・(笑)!
食べ終わった後は慌てて店を出て、ダッシュで駅まで10分ほど走る走る(笑)!
(慌てている私ですが、クリスマスイルミネーションを撮影・・・しっかりぶれてますがね!)

走ったお陰で、余裕で最終バスに間に合う予定だったのですが・・・
なんと、あと一駅と言うところで電車が途中で止まる。

「ホームに人が落ちたため、救助しています・・・」

というアナウンスが流れた時、orz ←まさにこうでした、私。
電車は奇跡的に?5分で復旧し、駅に到着後またしても走って最終バスに駆け込みセーフ!
最後の最後までなんだかアイドル的スケジュールでした!
(実はこの日の翌日も最終バスに乗るために走っていましたが・・・・・・笑)

土曜日はアイドルスケジュールだったので(笑)、
それぞれ皆さんとじっくりお話できなかったのが残念!
今度またじっくりお話しましょう〜♪

posted by まみ at 23:46| コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

Vn大先輩のコンサート!

コンサート先週の土曜日はコンサート×2つでした!
ヴァイオリンネタも暫くないことなので、(練習会があと1回ある位しか・・・)記事を2つに分割して書こうと思います。

前半は、ブランデン練習会など各種オフ会でお世話になっているVn暦40年の壮大な大先輩のコンサートです♪
Vn大先輩からのお誘いで、大先輩の知り合いとして招待されたけいぽんかぽさん。それぞれお友達連れ招待券まで頂いたので、更にるるこさんとtarさんもご一緒して観に行きました!

今回はかぽさんごるごに頼まれた特殊任務もありまして・・・無事完了!
ごるごが喜んでくれて何よりだわ。。。
会場で(人目があるのに)アホなこともやっていたけどね!
ま、特殊任務の内容は・・・そのうち明らかになるってことで・・・(笑)。
私もそのうちブログで触れたいと思います☆

コンサート前に美味しいピリ辛みそ味ラーメン屋で食べる予定でしたが、
コンサートの3日前から、よりによって唇の入口に超巨大口内炎を飼ってしまいました・・・(TT)。
コンサート当日は、痛みMAX。
ピリ辛どころか熱い汁も飲めません、ってか何を食べても辛い(>_<)!
そんな訳で、ラーメンを泣く泣く諦めたのでした・・・

話が大分逸れたので、コンサートに戻して・・・。
コンサートは、Vn大先輩が大学時代からの仲間とずっと長年続けているアルゼンチンタンゴバンドです!
40年ほど仲間と一緒に演奏されているって羨ましく、すばらしいですね。

私自身、アルゼンチンタンゴのコンサート自体が初めてなので、
不勉強でほとんど曲も知らず・・・(笑)。
そんな私でも楽しめる内容でした!
何より、司会の方のツッコミが面白かった・・・(笑)!

Vn大先輩は大学時代からずば抜けて上手かったんですね。
やっぱり上手い人はスタート地点から違うのだと思いました・・・(笑)!
今回も一番音がきれいに響いていたのでわかりました♪
相変わらずステキな音だなぁと・・・(*^^*)。

バンドネオンの演奏ははじめて見ましたが、
足で拍を取っている(?)のが、大変そうでした。
足が細くなりそう・・・なんて、かぽさんと話してました(笑)。

第2部では米寿くらいの方のヴァイオリン演奏もありました。
とてもそんなお歳に見えないほど元気で楽しそうに演奏されてました。
そんな姿に元気をもらいました!

残念ながら、次のコンサート時間が迫っていたので、
アンコールは聞けなかったのですが、
本当に最初から最後まで皆さん楽しそうで、私も楽しい気分になりました♪

考えてみたら、大先輩とは丁度知り合って1年なのですが、
こんなにステキなコンサートまでご招待していただけるなんて・・・
今年1年いろいろお世話になりました!(^^)
posted by まみ at 22:42| コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

私のヴァイオリンケース

私のケース以前の記事で私のヴァイオリンケースを紹介すると書きましたが、紹介する機会を逃していました。
私のケースはスーパーライトの角型。赤色。

ヴァイオリンオフ会や街中でスーパーライトを持っている方に
何人も出くわすので珍しくありません。
色違い、形違いの方、沢山見かけます。
ケースの形違いでメーカーと色が同じならHさんも一緒ですね♪

全く一緒のケースがブランデン練習会の部長なので、
区別のために、“エリートバナナ バナ夫さん”ストラップを
大量につけています(すべて頂き物、笑)。
うちの先生が「その大量のバナナは何!?」と驚きます。
結構目立ちます!
バナ夫さんの真ん中にあるヴァイオリンストラップは
ブランデン練習会の仲間である、以前画廊コンサートを提案してくれた画家の方の作品です♪

ストラップキャラクターが無駄に多すぎるケース外側

目立たない位置にはトラッキーとミッフィーちゃん。(コレも頂き物)
ストラップつけすぎじゃ!?
それにこんなに公開したら、街中歩いていたら私だとわかっちゃうんじゃ!?
ご安心ください(?)。
実は今、つけているストラップが違うのです!(笑)
なので、バナ夫を大量につけているケースの方を見かけても、それは私ではありません・・・(笑)。

タオルを上に置いています私のヴァイオリンの先生のアドバイスで、
ヴァイオリンの上にタオルを置く方がヴァイオリンのために良いとアドバイスをもらったので、タオルを上にかけています。
(湿気などから守ってくれるそうです。)
見栄えはあまりよろしくはないですが・・・。
サッカーの応援タオルは、大きさがちょうど良い♪
(これは、偶然仕事で手に入れたタオルです。)

タオルの下は、ヴァイオリンがお目見え。

ガリレオくん。余談ですが、以前はひょうたん型ケースを使っていました。
しかし、私は、ヴァイオリンとテニスを同じ日にレッスンをしていまして。。。
同じバックだと教本がぐちゃぐちゃになるため、角型が欲しくなりました。
かつ軽くて安いもの、というと選択肢がコレしかなく(笑)。
楽器店で、最後の1つだったこのケースが通常より安くなっていたこともあり、お買い上げに至りました。

弓ケース。
ダンピットの付属についていた湿度シートを挟んでいます。
ケース内の湿度計代わりになり、便利がいいです。

一番上の段の弓入れは既に緩々で使えません(TT)。
なので下の段を使用。
弓の下にあるのは、弦ケース(しらはせさんのブログで知った私・・・)。
まだ一度も使われていません。。。
使うこともないかと思われ・・・?

ダンピット湿度シートと小物入れ

小物入れ。
ストラップは取れやすいので、
かぽさんから頂いたガリレオストラップはこの中に!
拭き布、控えの弦、肩当など。

小物入れ2&3。
右には松脂、左にはペグチョーク。

小物入れ2&3

教本入れ教本入れ。
一番奥にあるファスナーを開けて使えば、
もっと大きな教本もファスナー内にくるんで収納できます。
B4サイズファイルも楽々です♪

ところで、スーパーライトって時々開けにくくなりませんか?
あまりの硬さに、先生まで驚きます(笑)。
先生が不良品じゃないかというので、
試しに部長のケースを開けたら、私のケース以上に硬かった!!!
このメーカーのケース自体が硬いのじゃないかと・・・。

やっぱりBAMとかもっと質が良いものがいいのだろう、
(角型の重さはそんなに変わらないし)
と、思いつつも当分、購入は無理なので我慢します。

ちなみにもう1つのヴァイオリン、ダーウィン保管用木製ケースは非常に軽いです。
木製用ケースの紹介記事はこちらでどうぞ。
オフ会の時、スーパーライトは重いからこちらにしようかなぁ・・・。
と思うのですが、天候が心配で。。。

posted by まみ at 22:00| 楽器・関連品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

ブランデン発表会(その1)

思えば1年前・・・。
部長と睦月そらさんと私がオフ会でブランデン3番を弾いたことがきっかけで、
練習会に発展し、それから紆余曲折(?)・・・。
そろそろ区切りを、ということで3番は今年いっぱいで〆ることになりました。
12月の練習会は2回あり、メンバーも異なることから
12月の2回は〆の発表会(観客は誰もいないけど、笑)です♪

ブランデンブルグ協奏曲第3番 第1楽章

※最後の辺り

ブランデンブルグ協奏曲第3番 第3楽章

※最初〜VnIパート見せ場のフレーズまで(笑)。

私は先日の12時間半耐久コース以来、首〜肩を痛めてしまい、通院中の日々・・・。
余り無理はできないと言いつつ、結構頑張ってしまいました(^^;)。
流石に最後は駄目でしたが。。。
私はあまり調子が良くないので、音も小さめ&ヴィブラートも最低限だけの演奏です。
しかも部長(VaIパート)も指の調子が悪いため、参加せず、カメラ小僧に(?)なってました。
そんな訳で、Vaパートが私1人・・・しょぼく目立ってます;;;
(私は、VnIIとVaIIの一部を弾いています。)

チェロパートの参加がなかったので、HさんがピアノでVcパート演奏♪
メンバー的にも各パートほぼ同じ人数でバランスがよかったのでは。。。
ま、久々に弾いた割には・・・形にはなってるかな(笑)?

部長は準備よく(?)ビデオカメラを持参。
後日、DVDにしてくれるそうです。
見るのは恥ずかしいのですが、いい記念になりますね♪
ブランデン3番は、私にとって思い入れのある曲になりました(^^)。

残った時間はブランデン5番を弾いたり、休み時間は私が白本5巻を持っていたので、HさんとMさんと3人で5巻にチャレンジ(笑)。
(あと、私のスケール本を弾きました。)

HさんもMさんも初見でガンガン弾いているからすごい!!!
ラ・フォリア(鈴木だけど)習った私の方が落ちているし(笑)。
さすがに、5巻は難しい!
ヴィヴァルディのコンチェルトとラ・フォリア(カデンツァのぞく)
以外、3人とも途中で挫折しましたわ・・・;;;
よくわからない曲も多かったしね・・・(そう思っていたのは私だけじゃなかった、笑)。
posted by まみ at 17:17| ブランデン練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

ヘンデルのソナタNo.4(1)

今年最後のレッスンでした。

新しいバイオリン教本5巻 重音スケール
ついに、今回から重音スケール開始!
最初の重音ページかと思いきや、2Pめの6度重音より。

先生「このスケール、何調ですか?」
私「ええと・・・(考えて)A-durです。」

ふ、ふぅ、何調とか考えるの苦手なんだよね(;_;)。
弾き方は1と2の指を離すかくっつける。これを意識しないといけません。

やさしいカイザー13、15番
13番は速弾きできたので合格。
と、言うわけで15番。

先生「これは何調ですか?」

ま、またクイズー!?

私「H-dur?」
先生「違います!#じゃないですよ。」
私「ええと・・・♭2つ・・・」
先生「♭2つでHの長調ですよ?」
私「・・・・・・」

私、こういう基本の基本わかっていません!
本気で覚えないと…。

先生「B-durです。」
私「Bですか。Hじゃなくて。」

先生「ちなみに、日本語では何調といいますか?」
私「変ロ長調です。」
先生「正解。今年のキーワード“変”ですね。
  “変”がつく時Hではなく、Bになります。H-durだと、ロ長調ですね。」
私「ほー!なるほど!」

以上、誰もが知っていることを今頃覚える私だった・・・・・・。

スケールが増えたので(スケール本3冊、種類4つになっている・・・)、
30分レッスンのうち、20分以上かかりきりです。

ヘンデルのソナタNo.4
第1楽章を見ておくように言われたものの、第2楽章まで見ておいて正解でした。

第1楽章は、特に注意はなし。あれ!?いいの!?
ひとつだけ、この部分が苦しそうに弾いているので、
楽しそうに歌うように弾くこと。

ヘンデルのソナタ第1楽章

私「あ、あの、ここは弾くのがいっぱいいっぱいなので苦しい音なんです。」
先生「はい、苦しいのが伝わっています(笑)。」

他人に苦しいのが伝わるようでは駄目ですね。難しいけれど。
ヘンデルのソナタNo.4は曲自体が明るい印象だから注意しなくては。

せっかくだから、次に行きましょうということで第2楽章も弾くことに。
第2楽章(弾けないけれど)ちょっと練習していて良かった・・・!

最初の部分3行くらいで時間切れ。
特にここの16分音符連続速弾きが全然弾けなくて、ゆっくりになってしまいます。

ヘンデルのソナタ第2楽章

弾けないうちは、ゆっくりでOKとのこと。
この部分はラ・フォリアの16分音符の速弾きと異なり、
ポジ移動しながらだし、弾き難いです。

次のレッスンは年明け。
ヘンデルのソナタ第3、4楽章も見てくださいね、とのこと。
ううう、ぱっと見、どこもここも弾けないのですが・・・・・・。

で、また白本4巻の話になり。。。
先生「4巻ってどの曲までやりました?」
私「え、4巻はやってないです。エックレスのソナタはレッスンしましたが。」
先生「そうでしたっけ!?ま、最近サクサク進んでいるし、大丈夫かな。」
私「(えっ、何が大丈夫!?)」

あらら?だとしたら、次はアッコライといっていたけど、曲順が変わるのかな。
私の前の方、今は4巻のダンクラ弾いているんですよね。。。
ホーム・スイート・ホーム、アッコライ、エックレス、ヘンデルのソナタNo.2やって
ダンクラに戻っている・・・!!!
ということは、私もダンクラ有のコースなのか・・・(TT)。
ダンクラ、弾きたくない・・・。。。
Hさん曰く演歌みたいな曲と言っていたので、演歌と呼ぼうかな(笑)!?
ラジオ体操にも聞こえるけど。

そんな訳で、今年のレッスンは終了。
そして、その後はブランデン練習会へ・・・(続く)。
posted by まみ at 23:59| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

報ステの館野泉さん

今日はピアノ話になってしまいますが、
報ステで館野泉さんが特集されていたので、見ました(^^)。
実はこの方、うちの母の師匠の師匠なので、昔から存じてましたが、
脳出血で倒れ、右手が半身不随で動かなくなり、
左手だけで演奏するようになってから、マスコミなどで取り上げられる機会も増えた気がします。

報ステでもちらっと出ていましたが、脳出血後の日本復帰公演は私も行きました!
特に、バッハのシャコンヌは左手一本で弾いているとは思えず、
本当に感動しました。
五体満足の私でさえ、ヴァイオリンで弾けないのに(笑)。。。
ピアノだとしても無理だな。

昨年は、その他にも障がい者の音楽コンクールを見る機会もありました。
(目が見えないのに、ヴァイオリンやピアノを弾くとか・・・)
こういった方々から本当に元気をもらえるし、
精神力の強さはどこにあるのだろう・・・と考えてしまいます。

TVを見ながら、また元気をもらったので、明日は練習頑張ろうと思います♪
ヘンデル弾けん!と投げ出しちゃ駄目よね・・・。
posted by まみ at 23:20| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

ヘンデル/ヴァイオリン・ソナタ集(グリュミオー)

12/4、5の記事に加え、更に購入したものシリーズ。
密林ポイント期限が11月末だったので、一気に色々買いました。

今後、レッスンする曲を見たところ──。
鈴木6巻でヘンデルのソナタNo.3(既に終了)、No.4(次回から)、
白本4巻でソナタNo.2、白本5巻でNo.6(簡単だからやらないかも)・・・。
ヘンデルのソナタばかり勉強することに気が付きました。
(鈴木7巻がレッスンだったら、No.1も習えたのに、笑。)
白本のソナタの方はYoutubeが頼りなので、
やっぱりきちんとしたものが聞きたいと思いまして。。。

という訳で、購入したのがこのCD。
ヘンデルのヴァイオリンソナタNo.1からNo.6まで収録されています。

次回からレッスンのNo.4を重点的に聞いています。
No.4とNo.2(特にNo.2は第1楽章)が好きかな。No.1もまぁまぁ好き。
グリュミオーの演奏はバロックの弾き方ではないですが、
私はこういう演奏の方が好きです。
ヴィブラートガンガン!歌うように弾く感じ♪

それでも、少しびっくりしたのがNo.4の第1楽章。
鈴木CDやYoutubeでは天上の美しい楽曲という印象で聞いていましたが、
グリュミオーの演奏だと、溌剌としていて驚きました。
曲想や演奏の解釈は、人によって異なるのが面白いですね。

次回レッスンからNo.4なので、練習中ですが・・・本当に難しい。
ラ・フォリアとは異なるタイプの難しさ満載の曲です。
特に、第2楽章が弾けないです(--;)。
途中から弾けないので、亀のごとくノロノロ弾いています。

楽しそうな曲なのに、相変わらず幽霊のような弾き方なのが悩みです・・・。
posted by まみ at 23:38| ヴァイオリン曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。