2009年01月31日

ヘンデルのソナタNo.4(5)

余り練習しないでレッスンに行ったので、今回も音が酷かった私。
ギコギコキコキコ鳴っていましたね。。。
音階練習はいつもの通りなので省略(まだ重音音階は1つも合格できないまま・・・)。

「ヘンデルのソナタ No.4 第1楽章」
酷い音だったんですが・・・合格してしまったみたいです。
でも、今の実力じゃこんなものなので諦めます(笑)。
数年後にきれいな音で弾けるようになりたいと・・・。

「ヘンデルのソナタ No.4 第4楽章」
こちらも合格。第1楽章、第4楽章って音が酷いので
音源公開していないのに・・・(笑)。
複雑な気分です。
音はともかく(笑)、CDの速さと同じで弾けたのと、
強弱がつけられるようになっただけ、最初よりは進歩したかな・・・。

「ヘンデルのソナタ No.4 第2楽章」
一番練習しているはずの第2楽章。
こちらは合格できませんでした(笑)。
私の中では第2楽章が一番難しい曲だしね・・・。
特に問題の後半のポジ移動しながらの16分音符の速弾きができなくて、
いつも指がこんがらがってます(TT)。

次回より、アッコライのコンチェルトも見てくるように言われました。
つ、つ、ついにアッコライ!
この楽曲でヴァイオリンの壁にぶち当たって挫折する人が多いと言われ、
コンクール(ただし小学生位)の課題曲としてメジャーな曲!
この曲、弾きたいけど、弾ける気がしない・・・
重音、16分音符、3連符、ハイポジなどなど基本テクニックが全部入ったような6P曲です。

最後に今年の発表会についてのお話が。。。
教本曲じゃなければ、モーツァルトのソナタをやります?と言われました。
先生が弾いてくれたけど全然知らない曲でした。
(というか、私の脳ってモーツァルトは何を聴いても同じに聞こえ・・・)

しかし、今年は発表会は出ないと思う、と伝えました。
実は同時期に、ブランデン練習会の仲間達と画廊で演奏会(昨年同様に)をするのです♪
やっぱり皆で楽しく弾く方がいいし、ってことで(笑)。
2つも練習するほど私は器用じゃないしねぇ。。。
画廊コンサートの案内はまた時期が来たら記事にしたいと思います。

レッスン後はブランデンの練習会。
それは次の記事にて。
posted by まみ at 23:45| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

コソ練音源

肩・首のその後ですが、週に2〜3回の電気治療を続け、
肩当の高さを変えたり、首を曲げない持ち方にしたり
できるだけ顎で支えないようにして、左手で支えるようにしたり
創意工夫を重ねた結果、少しずつ治ってきています。
(最近は痛みが腕の付け根に変わっている気が・・・やっぱりどこかに負担?)

先週の通り、まだ音がキンキンしていて汚い音なのが
気になるのですが、(雑音?が気になります。。。)
近頃、コソ練しているのがヴィヴァルディのコンチェルトG-moll。
好きな曲なので、練習の合間につい弾きたくなります。
しかし、難しくて途中から弾きこなせません(笑)。
ええ、この音源の先からは悲惨極まりないです。
この曲は鈴木5巻だけど、戻った方がいいのか!?
(今の私は鈴木6巻曲をレッスン中。)

2連続音源記事と言うのはヒヤ汗ものなのですが、
ネタもないので、録音したものでも・・・。

vivaldi g-moll(Mov.1冒頭)

IEの方(上の音源がおかしい方)はこちらからどうぞ。

この後の部分も公開できるくらいのレベルになりたいなぁ・・・
なりたいなぁ・・・orz
この後、一番難しくてこの速さを維持して弾けませぬ。。。
posted by まみ at 02:03| 演奏音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

ヘンデルのソナタNo.4(4)

今週もあまり練習しなかったせいか、調子が悪いです。
音がキンキン鳴る感じと言うのでしょうか。
久々なので右手の感覚を忘れてしまった気がします(~_~;)。

小野アンナ音階練習
今回からこちらになりました。2オクターブスケール。
昔やっていたところを再びやり直し。。。
こういうのは基本練習になっていいですね。
「白本5巻重音音階」はいつも同じことを言われているので省略(笑)。
未だに1つも合格できません。。。

ヘンデルのソナタNo.4 第1楽章
久々に第1楽章に戻りました。
今回は弓の使い方や同じ音でもfやpによって音の出し方の違いの注意など
細かい部分を色々指導されました。

指の押さえについても色々。。。
弾き方によっては(2つの弦を押さえる時などは)指はべたっと寝せる、とか
指をくっつける時は、(Eが1でDが2の時など)2を押さえる指をまっすぐのばして第1関節の指の線の辺りで押さえるように包み込むイメージで・・・とか。。。
(言葉で書くと本当に難しい、笑。)
楽に指を押さえるテクニックとして色々習うのですが、
弾き方や弓の使い方など、ひとつひとつ覚えるのも一苦労。

帰宅後に言われたことを注意して練習。
音源を録音しましたが、かなり酷い音なので公開できません(笑)。
なんでこう死にそうな音を出すんだろう・・・
私の苦痛がそのまま音に表れている感じです。

ヘンデルのソナタNo.4 第2楽章
これも相変わらず楽しそうな雰囲気で弾けないのが悩み。
私が弾くと、♪キッコキッコキコキコ〜(しかもどこかダラダラ)ってノリ?

公害音源(聞く人はご覚悟を!)
ヘンデルのソナタNo.4 第2楽章

IEの方(上の音源がおかしい方)はこちらからどうぞ。

最初のこのフレーズだけでも苦しそうな弾き方で、
先生の言う「かたくて軽く」弾くってのができません。。。
右手の力の乗せ加減と抜き加減なんでしょうね。
課題いっぱいです・・・。
16分音符は先週に比べて速弾きができるようになりましたが、
音が汚いので・・・まだまだ・・・。

ついでなので、先週合格した第3楽章も録音しましたが、
酷いことになりました。こ、この音源、合格取り消される(笑)!

ヘンデルのソナタNo.4 第3楽章

IEの方(上の音源がおかしい方)はこちらからどうぞ。

最初の方の音はおかしいことになってるし、最後の方はリズム間違ってるよ!
ま、こちらは1週間ぶりに弾いたので・・・ご愛嬌で(笑)。

音源全部に言えることだけど、いつもよりキンキンしていて
音に柔らかさがない気がします。
1日サボると遅れを取り戻すのに3日〜10日位かかるとか聞きますが、
私の場合、もう遅れを取り戻す以前のような気がorz

ヘンデルのソナタNo.4って本当に素敵な曲だけど、
音楽的に弾けるようなるには、今の私にとって本当に難しい曲だと思います。
今の音じゃ、音符をなぞってるだけだなー・・・と。
posted by まみ at 22:39| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

ジブリ美術館&クラッシックカフェ

ジブリ美術館ジブリ美術館にかぽさんことgaboさん
かぽさんお友達のtarさん、睦月そら☆さん、私の4人で行ってきました!

その前日、今年も私を苦しめるヤツが来た・・・。

昨日は最悪でした。
仕事中にくしゃみが止まらないと思っていたら、
今度は鼻水地獄。鼻水が止まらない!
最初はマスクしていたけれど、おいつかないので
帰社前はティッシュを鼻に当てて仕事してました・・・。

という訳で、今年の花粉症がはじまったようです。
私は年中花粉症の人なので、人より発症が早い&酷いのですorz
おまけに薬を飲んでいなかったので、鼻水洪水地獄に。。。

こんな状態で果たして今日のジブリ美術館紀行ができるのか!?
と、不安でしたが・・・今朝は両鼻が詰まっていたので大丈夫でした。
息苦しいし、頭ボーっとしてましたけどね。
熱のない37.5度状態。

ジブリ美術館2

さてジブリ美術館紀行の前に。
私は予習をしておこうと、やっと(本当に今更)昔
録画した「耳をすませば」をこっそり見始めたのですが・・・
せいじ君がヴァイオリンを弾いているところで終わったまま今日を迎えました。

しかし、耳をすませばの予習はいらなかった気がします(笑)。
耳すま、お土産コーナーにしか(しかも1種類)なかったから・・・
耳すまを500回以上(?)見ている大ファンの睦月そらさんはがっかりしてました。

ほとんどトトロとナウシカ、魔女宅、少しハウル、ポニョ、ラピュタ・・・。
お子様に受けがいいのが多かったような気がします。
千と千尋が意外と取り上げられていなかったので驚きでした。

美術館内はとっても可愛い造りで、
童心に返ってみたり(笑)、
張りきって最初は螺旋階段を上ったりしてましたが、
帰りはぐったりでエレベーターでしたね(笑)。

ジブリ美術館3

美術館の最後はミニ映画を鑑賞。今月は犬の映画でした。
ワンコ飼い軍団(私は元、だけど)にはぴったりなテーマ!
(でも「めいとみにねこばす」見たがっていたかぽさん、笑)
やたらと外国人の方が多く、帰る頃には人があふれかえっていました。
今日は金曜だよね・・・?

美術館を出た後はクラッシックカフェでお茶。
店内はとにかくクラッシックづくしでした♪
毎週金曜日にコンサートがあるらしいので、今回狙ってみたのですが、
残念ながら今日に限ってコンサートはなかったので残念でした。

クラッシックカフェでお茶

演奏できない楽譜店内にチェンバロが
あったり(思ったより小さい!)、
クラッシックが流れていたり
こんなカフェ地元にも
あったらなーと思いました。

ちなみに右の画像は
店内に飾られていた楽譜ですが、
お店の方曰く、誰も(どの楽器で弾いても)
演奏できない楽譜なんだそうです。
作曲者は誰か知りませんが、
何故こんな曲を作ったのか(笑)!
楽譜見て、めまいがしそうな曲でした・・・(@_@;)

花粉症で体調がボーっとしてましたが、
楽しい1日でした〜♪

posted by まみ at 23:39| 街歩き・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

新しい楽譜

歌うぞ!魂の歌を!!本日、keiぽんと落ち合い、
3月のやまさんオフ会の
楽譜をもらいました♪
わざわざ、有難うー!
お菓子とかもv

若者の街で会う予定が、
お互いに地理に詳しくないので
(某モアイの位置さえ理解していない私、笑)
某おたくな街(笑)に変更。。。

カラオケもかなり怪しい学校部屋(しかも20人位の部屋)だったわ。
カラオケ歌ったのも久々でした♪
画像の通り、魂の歌を歌えたのかどうかは定かではありません(笑)。

カラオケ部屋

しかも、keiぽんのラーメンがなかなか来なくて
来たのが終わる10分前だったという。。。
私が食べたラーメンはかなり(相当)こってりでした。
角煮の豚(しかも脂しかない・・・)がいっぱい。。。うぷ。

カロリーが高そうな夕飯

その上、カフェでまたケーキを食す。
胃がもたれそうなメニューでした。
今のところ大丈夫だけど。
でも口の中がこってり。うぷ。

話はそれましたが、今回の楽譜パート割は抽選らしい・・・
ということで、見てみたところ・・・!!!


!!
!!!

でした(わからん!)。
クリスマス協奏曲は普段VnIIを弾いているので、
タイミングを間違えて弾いてしまいそうなパートに決定(笑)。
個人的にはチェロパートが良かったけど(笑)。。。
間違えてVnIIのノリで弾いたらすみません・・・

G線上は、なんか難しそうなパートだ〜・・・!とか
思いつつ・・・2ヶ月くらいは頑張って練習します!
ま、1パート3人以上いるから、大丈夫よね(駄目人間)。

今夜は遅いので譜読みのみ。
早く弾いてみたいです♪
楽譜作成のやまさんもお疲れ様でした。
毎度すばらしいお仕事で!
posted by まみ at 23:13| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

1月のブランデン練習会(その1)

前回の記事で書き忘れ。
レッスン後、隣の部屋のサックスの先生が演奏していた曲・・・
どこかで聞いたことがある曲だな〜と思ったら、
ブランデン5番第1楽章でした(気付けや!)。
フルートパートをサックスで吹いていたのですが、
フルートと異なり、色気がありますね!
こういうのもいいな♪と思いました。

前置きはともかく、日曜日は今年はじめてのブランデンの練習会。
最初、参加人数が少なかったのに、久々の10名超え!賑やかでした。

昨年で3番を終えたので、今回からは5番中心です。
練習曲数も減ったので、次に弾く課題曲決めも兼ねてということで。
前回に続き、お試し会でした。
今回、練習会で弾いたのは以下の通り。()内は私が弾いたパート。
  • ブランデン5番 第1楽章(Vn Solo)
  • ヘンデルのコンチェルトグロッソ10番 全楽章(VnII伴奏譜?)
  • ヴィヴァルディのドッペル 第1楽章(VnI伴奏譜、カラオケではVnII伴奏譜とVnI Solo)
  • ヴィヴァルディの4つのヴァイオリンのための協奏曲 第1楽章(VnIV)
  • バッハのドッペル 第2楽章(これは休み時間に全員で合奏)

とりあえず、いつもの課題曲音源でも・・・。
久々で酷い演奏なので、音源を聞く方はご覚悟を(TT)。

こちらはピアノによって誤魔化されているブランデン5番。
首と肩の調子が悪いとはいえ、管楽器を吹いているようですorz

ブランデンブルグ協奏曲第5番 Mov.1

※休符の間に誰かの(大先輩?部長?)カウントが入っているような・・・(笑)。

次は要練習のヘンデルのコンチェルトグロッソ・・・。
音源を聞くと頭を抱えたくなりますが、まだ練習段階ってことで。
こちらはチェロによって誤魔化されています。
こちらはこの曲で一番好きなメロディラインから!
いつもここら辺から30秒ほど休符なので、じっくり聞いています(笑)。

Concerto Grosso X Mov.5

※拍取りは部長の指導入りということで(?)・・・

ヴィヴァルディの2曲は、前回の練習会でも弾いたけれど、
その時に弾いたメンバーが私とVn大先輩しかいなかったので、
ほとんどの方が始めて演奏という感じになりました。

2曲とも各パートの掛け合いが楽しかった!
次の課題曲はこの辺に決まりそうな予感がします?

「ヴィヴァルディのドッペル」
伴奏譜は弾いていて(余裕がある分?)楽しい!
ソロ譜は前回の練習会と練習会後のカラオケで弾いたけど、
途中の16分音符連続速弾きフレーズがいやらしいというか・・・難しく(笑)。
(ヘンデルもこういうのが好きだけど・・・バロックならではですね)
1stポジだと指が絡まるので、ポジ移動で弾けば楽かな?と思いましたが、
とっさに楽に弾ける指番号が出てきません(笑)。
このフレーズは指のいい運動になると思ったので、
個人的に指番号の研究をしてみたいと思いました。

「ヴィヴァルディの4つのための〜」
4つのパートの見せ場がそれぞれあって、演奏するのはとても楽しい曲。
(でも、曲は難しいです!)
私は一番譜面の短い(楽な)VnIV担当。(前回はIIIとIVを演奏)
IとIIは難しいので、意識的に避けました(笑)。
この曲は休符カウントが長くて大変です!
数えるのに必死で他の人の演奏を聞く余裕がない・・・orz
前回弾いた時より、曲の流れがつかめてきたので、前回よりは弾けるようになりました。
が、相変わらず自分のソロなのに、入り損ねて無音になってしまったり(笑)。
1人1パートになると、責任重大ですね。
午後のカラオケは1人パートだったので緊張感が・・・!

VnIIIとIVは臨時記号が沢山あるフレーズがあり、
そこはソロ部分よりも難しいです・・・これが当面の課題かな、と。

練習後はお昼を食べて、午後は5人でカラオケで練習。
皆さん熱心で楽しく、充実した1日でした♪

そういえば、今回はいつもより首・肩が痛まなかった!
なので、午後もカラオケ演奏できたくらい♪
少しずつ治ってきているのか、楽曲がよかったのかは謎ですが(笑)。
(ちなみに、ブランデン5番は痛くなります、笑。ずっと弾き通しだから?)
そういえば・・・大学生のチェロ君曰く、チェロは腰を痛めるそうです。
楽器演奏をしていると、どこか持病が出るのね・・・。



posted by まみ at 23:13| ブランデン練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

ヘンデルのソナタNo.4(3)

シュラディエックが今回から3rdポジ音階になりました。
しかし、練習しただけで肩が痛い・・・
という訳で、先生に相談したところ──。

暫く、音階練習のきついのは休みましょう!
その間、曲をガンガン進めましょう!


ということになりました。
という訳で、暫くはシュラディエックとやさしいカイザーはお休みです。
その代わり、次回から小野アンナを持参するようにと言われました。
・・・・・・どっちにしろ、音階やります(笑)。
ちなみに白本5巻の重音音階レッスンも継続です。
こちらの重音音階は毎度毎度言われることは同じなので省略(笑)。

ヘンデルのソナタNo.4 第2楽章
A線とE線を1の指で一気におさえる時、おさえ方が甘くて
A線が浮いてしまっていると注意されました。
もっと指を寝せてしっかりA線も押さえる。

先週苦手だった部分は、大分弾けるようになりました。
なので、もっとスピードアップを要求される。
・・・この速さって・・・CD並みーーー!グリューミオ気分(笑)♪
気分だけ・・・ね。
なんとか弾けたけど、後半はボロボロでした。
まだまだ、後半は要練習です。

ヘンデルのソナタNo.4 第3楽章
ヘンデルのヴァイオリンソナタ第3楽章ってとにかく暗くて苦手です。
しかし、唯一ソナタNo.4(この曲)は好きです!
ゆったりと暗い曲調なので、ヴィブラートを沢山かけないといけないのが辛い・・・
下手な人(私)が弾くと悲惨極まりない曲です。

死にそうな音を出して弾いた上、1stポジションで弾くところを
ハイポジションで弾いていたり・・・かえって苦労してました(笑)。

が、第3楽章のみ1発合格!?いいのか、これで(笑)。
とてもブログに公開できる音じゃないので、公開しません!

ヘンデルのソナタNo.4 第4楽章
第2楽章同様に、これまた明るく元気な曲調。
この独特のリズムがえらい難しい!
どうしたらCDのような楽しい調子のような音が出るのでしょうか?
私の演奏は、ずっこけリズムになるのが悩み・・・(表現が;;;)。

最初は普通に弾いて、2回目は同じフレーズでスタッカートで弾く部分があるのですが・・・。
これがまた上手く弾けないで悩んでいたところ、

先生「本当は、このスタッカートの印、スピッカートで弾きますが・・・」

私「あぁ、よく聞きます。スピッカート。(習えるかな?わくわく)」

先生「ま、先々やりますので・・・今は普通に弾いてください」

私(がくっ)


という訳で、スピッカートはまだ習える段階にないようです。
第4楽章は大体弾けているけれど、以下の注意をされました。

・音の大小をもっとつけて欲しい。
・ノリのいい曲?のせいか、頭で拍を取っているのがバレバレ

特に後者、恥ずかしい限り・・・・・・。
最後に発表会の話がありましたが、言葉を濁す私。
今年は5月みたいです。いい気候に開催されるのね〜。

でも、1人で出る自信がありませんorz
posted by まみ at 18:18| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

ヴァイオリンと身体の痛みの関係

近頃、恐ろしいほどに練習していません。
練習すると、翌日は確実に首、肩が痛むので・・・
(弾かない日は痛まないし、生活も普通に出来ます)
12月頃のように、PCを見たら眩暈とか仕事半分にしないとツライ・・・といった
最悪な状況からは抜けましたが、ヴァイオリンが前のように弾けないのは辛い!

まとめて練習する(そんなに長時間でもないけど)のではなく、
毎日10分程度だけ弾いた方がいいのかな?
と考えてしまいます。

首や肩が痛い私ですが、同じレベルの曲を弾いている人が
病院に通うほど痛むという話はそうそう聞いたことがないので
やはり自分の弾き方や楽器&アクセサリ(肩当、顎宛)が合わないなど
問題があるのでは?と日々、原因調査中です。
首長族&なで肩ゆえ、痛みやすい身体なのは仕方ないとはいえ。。。

そんな中、興味深い記事を発見・・・。

肩こりと歯の痛み:弾くと身体が痛くなる

上記のサイトから抜粋して考えられることは・・・
・無駄な力を入れると痛みの原因になる。
・肩当の高さは緩いくらいにし、ぴったりにあわせない(顎で支える原因になる)。
・顎ではなく、左手で支え、重心をかけること。


確かに私の場合、顎や肩に力が入っていて、左手に重心をかける姿勢が
上手くいっていない気がします。
左手に重心を!と注意していても、気が付いたら肩に力がかかっているような?

中には左歯が痛む!右手が痛む!という方もいらっしゃるのですね〜。

こんな本もあるようなので購入しようかしら・・・

弦楽器奏者の痛みと対策―回復に向けての健康リハビリテーション
※Amazonにリンクしてますが、アフィリじゃないです(笑)。

購入したら、ブログで感想をレポートします!
(今、貧乏なので購入できません。笑)
1回練習する度に、翌日は身体が痛むって結構深刻なんですよ〜。

今日も首の付け根が痛い状態で仕事をしていました(TT)。
湿布と塗り薬が手放せません。
ヴァイオリンを弾いてもなんともない身体に戻りたいものです。
posted by まみ at 21:57| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

弓の毛替えについて悩む

11月頃より、弓の毛の調子が悪いことに気が付きました。
松脂を塗っても塗っても松脂がつかない(笑)、音がガスガス・・・
(kaoriさんにも予想通り指摘されましたわ・・・笑)

弓を購入して丁度1年。
私が購入する前から張ってあったことも考えれば、
1年以上前から張ってあることになり。。。
(私の弓の製作者のG.A.PAULUS氏は2006年に亡くなっているけど、
まさか3年以上張りっぱなし・・・?←お店で張り替えているよね?)
そろそろ毛替えをする時期に来ているようです。
で、検討中なのが以下の4つ。

1.仕事が速くて評判のいい某店で毛替え(当日OKのはず)
2.1月末、教室の弦楽器点検フェアで毛替え、ついでに楽器点検
3.ヴァイオリンを購入した店で毛替え、ついでに楽器点検
4.かぽさん&クーラさんの通う教室で毛替え(当日OK)

一番理想は3だけど、店が遠いのが難点。
楽器点検は、購入した店でするのが理想だし。。。

1は会社帰りに行ける距離だが、一番料金が高いのがネック。
2と3は預かりで1週間かかりそう・・・
4は、私が通う教室の支店にあたるところ。場所も一番近い。
毛替えの腕はどうだろう?

弓、以前使っていたものがありますが・・・
5000円くらいのやっすい弓なので、相性が合わなくて!
(それがストレスで結局、弓を購入した経緯が・・・)
1週間くらいの我慢ならいいのだけど、
2は、練習会と被るので困る〜(笑)!

こんなことなら正月中に毛替えをしておけばよかった・・・
と思う今日この頃ですorz

でも、うちの先生に見せたら、松脂をたーっぷりつければ、つきますよ?
まだ大丈夫ーって言われました。
そう言われると、まだ使えるな!と安心しますが。。。
ちなみに、私はあまり弓の毛換えしない方です。
(そんなにヴァイオリン弾く方じゃないし・・・)
初代なんて7年くらい毛替えせずに使っていたのでね(←酷い)。
posted by まみ at 15:45| 楽器・関連品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

久しぶりのSNSオフ会

おそらく昨年の3月以来になりますが、
久々に某SNSのヴァイオリンオフ会に参加してきました!
今日は過去最大人数?だったのでしょうか。
見学者を含めて、30人ほどいました。

この会のいい所は、レベルの上下関係無しに同じ曲を気軽〜に
アンサンブルできるところですね。
ま、たまに選抜1人1パート演奏、指名制で初見大会があったりと
気が抜けないところもありますが・・・!

1年ぶりくらいに参加表明をしたら、半分位は知らない方だったので緊張しつつ、会場に向かう私。
エレベーターでブランデン練習会でいつもご一緒のIさんにばったり会ったので、そのままご一緒できて助かりました♪(帰りまでずっと、笑)
気がつけばもう片側の隣の席がHさんで、結局、周囲は知り合いばかりでした(笑)。

しかし、私の真後ろ(本当にすぐ後ろ)は見学者がずらり。
いつもより緊張しました(--;)。
思いっきり、音も聞かれ、弾き方も見られまくってましたね。。。
二度目の席替えで隣になった方から
「そのヴァイオリン、音が大きくて目立ってます」って言われましたorz
初心者やこれからヴァイオリンを始める人(見学者)に変な悪影響が出ないと良いのですが・・・(笑)。

簡単な曲を弾きつつ、時折アイネクやドッペルも交えて演奏。
オフ会でしか弾かないアイネクやドッペル1st、大分弾けるようになってきた・・・気がします(笑)。
オフ会だけで弾く曲とはいえ、ちょっとずつ進歩しているようで嬉しいです。

2回めの席替えで、隣になった方が東北から朝イチで来たと聞いて驚きました。
東北は本日、雪だった・・・みたいです。
そういえば、西日本からの参加者さんもいらしたし、皆さんすごいですね。

今日は別件があったので、オフ会後は会場を後にしました。
人数は多かったのに、なかなか他の人(話したことない人とか)と話す機会がなくて残念でした(TT)。
posted by まみ at 23:59| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。