2010年05月22日

凹凹凹バッハフルート曲(9)と(10)凹凹凹

忘れないうちにレッスン日記。
今日はとんでもなく凹みました・・・

●9回目
7回目のレッスン時に「ダウン時は腕を前に!」と注意をされましたが、
またこの回でも言われました。
特にA線ができていないらしいです。
出来ていない時、音がかすれることが多いとか・・・。
最初は気をつけていても、弾き始めて夢中になると忘れてしまう(笑)。
この変な癖、直るのでしょうか!?

●10回目
ピアノ伴奏あわせ。プレ本番です。
うちの教室ではなく、違う教室まで行きました。
前の発表会のプレ本番もこちらでしたが、この教室・・・酷いのです・・・。
場末のような雰囲気の小さなスタジオでして(笑)。
その上、スタジオ防音機能ゼロ!

エレベーターを降りると受付を囲んでスタジオが数室あるのみ。
私が弾く部屋は受付前。
エレベーター降りると、ヴァイオリンの音が響き渡っているーーー!
受付のお姉さんも受付にいる人にも、全員ダダ漏れ・・・。
しかも待つように言われた席が、ガラス張りドアの前なので、
前の人の演奏が丸見えなんですよ・・・。

しかも、私の前に音合わせしている方、発表会の上手な常連その1(笑)じゃないですかー!
楽曲は下の映像です(イメージ)。

超有名曲ですが、途中のあたりってかなり難しいですね。
遠目から見ても、楽譜が真っ黒!
ボーイングガン見でした(すみません・・・)。
終わった後、思わずブラボーと拍手したくなりました。

前の人が終わり、次は私の羞恥プレイの番(笑)。
先生が何を思ったか、譜面台の位置を変えたため(ええっ!)
なんと私は受付側を向いて弾くことに・・・。
次に待つ人の椅子が目の前なんですけれど。。。
案の定、弾き始めた頃に次の人が来た(T_T)。
しかも、私のレッスンの前の上手い人ではないですかorz
音はダダ漏れだし、彼女と見つめあって(笑)ヴァイオリン演奏・・・

弦を変えた影響で、まだこの弦に慣れないわ、
緊張もあって、間違えまくりの演奏でボロボロでした・・・。
しかも、部屋のクーラー全然効かずで汗だくだし、
暑さのあまり、途中どこを弾いているかわからなくなるし。
今迄で一番最悪な演奏だったorz
あぁ・・・穴があったら隠れたい・・・。

ピアノとの伴奏の拍などはあっていたので私の注意はなし。
(あんなに酷かったのに・・・)
むしろ、ピアノ伴奏者さんに指導をする先生。
ピアノ伴奏もいろいろ間違っていましたが(私に釣られたのか)・・・大丈夫でしょうか。
(↑人の心配より自分の心配しなさい。)

私の後は、私の前のレッスンの方の番。
発表会の上手な常連その2(笑)です。
楽曲は下の映像で(イメージ)。
いつもA-mollの発表会曲なんですが、A-mollが好きなのかな?
この曲、重音のあたりまでかっちょいい曲だよなあ。
冒頭だけでも弾いて見たい(無理)。


あぁ、上手い・・・!すごいー!かっこいいー!
ど、どうして、私の前後がこんなに上手い人なんですか!?
(本番は順番が遠くて良かった)

両方の曲とも、私が何年後に弾けるのか不明だし、
技術的な面はもともと劣るのでそれは仕方ないとしても。
彼女たちに比べて自分の練習不足と緊張がプラスされると、
こんなに酷い演奏になるとは・・・と自己嫌悪。
前後の演奏と仕上がりを聞いて、かなり凹みました。
逃げるようにして帰ったのは言うまでもありません。

録音した自分の演奏を聴いて、さらに凹みまくって。。。
今日は立ち直れないくらいに落ち込みました(笑)。
ヴァイオリンじゃなくて、金管楽器演奏音源ですか?みたいな・・・

帰宅して、早速練習です。
間に合うか不安だけど、頑張らなくては。
posted by まみ at 21:12| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

弦交換(メモ)

ブログ記事がとんでもなく溜まっています(^_^;)。
この間いろいろなことがありました。

〜予告〜
・LFJ2日目(1)
・LFJ2日目(2)
・宙さん演奏会
・ヴァイオリンレッスン
・ヴァイオリンコンサート
・弦交換

他にもあったかな?
LFJ2日目は、記事がとんでもなく長くなったので、
2回に渡ってお送りする予定です。

今日は、発表会も兼ねて弦を交換しました(メモ)。
本当はG線は2日前、D線は今日換えないとダメだと先生に言われました。
まだその時点で弦を購入していなかったので、G線が間に合わず・・・。
しかし、発表会曲はG線使わないからいいや、と開き直りました。
弦交換の詳細は、後の記事で語ります。

ヴァイオリンとは関係ないけれど、先日、某ヴァイオリン友と
イタリアまでデートしてきました。
ワンダーランドに紛れ込んだ後は、南欧やヴェネツィアの街を散策。

イタリア??

イタリア・・・???
どこに行ったかばれている気がしますが。

イタリアじゃないだろう

ん!?バレバレじゃないか(笑)。
行き帰りと貴重な限定電車に乗れたのもラッキー♪
そして、レストランで苦しむほどブッフェを食べました。
てか、この料理もバレ・・・いや、あの・・・耳が倒れそう(笑)。

まんぷく

お互い現実を忘れて、写真激写しまくり!
(携帯では限度がありますな。次はデジカメ持って行こう・・・)
楽しい夜でした〜♪
またデートしましょーね!
posted by まみ at 22:21| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

ラ・フォル・ジュルネ2010 1日目

lfj2010今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(略してLFJ)はショパン。
ショパンといえば、ピアノ。
残念ながら、今年の公演はヴァイオリンが少なめでした。
しかし、私はショパン好きなので問題なし(笑)。
ピアノもじっくり聴けたらと思い、チケットを取りました。
それにしても、小ホールの公演はまったくとれないのが悩ましいですね。

今回の記事は長いです。
覚悟してください!

●公演1:132
崔文洙さんのヴァイオリン♪
崔さんの演奏は、3年前だったかな。
ギトリス氏公演でドッペルのお相手を務めていました。
私好みの男性的な憂いの音色だったのに加えて、
最も聞きたかったショパンのノクターン「遺作」がプログラムに!
今回、この公演が本命だったので、しらはせさんに感謝です!
・・・私は抽選申し込みが落選だったので・・・(笑)。

・ヴァイオリンソナタ第1番 イ短調(シューマン)
・カンタービレ ニ長調(パガニーニ)
・パイジェッロの「うつろな心」による変奏曲(パガニーニ)
・ロマンス イ長調(シューマン)
・ノクターン 嬰ハ短調「遺作」(ショパン)


1番目と3番目の曲は初めて聴きました。
「うつろな心」は超絶技巧過ぎて、もはや曲芸にしか見えない・・・
一生かかっても弾けそうにもないテクニックが満載でした!すごい!

カンタービレやロマンス(クーラさんが発表会で弾いた曲ですね)は
今まで、甘い感じのメロディで・・・と言うのが頭にあったのですが、
崔さんのは憂いがある分、大人の音色(大人のロマンス)という感じ!?
カンタービレは、いつか弾いてみたい曲ですが、
こういう解釈もあるのだな、と新発見した気分。

ノクターンは、いつか発表会で弾きたい曲なのですが、
この記事でも語っている・・・笑)
ああいう風に聞かせる演奏じゃないと出てはいけない気がしました(笑)。
お昼は冷やしうどんあと何十年かかるのだろう・・・。
生でこの演奏が聞きたいとずっと思っていたので、今回聞くことが出来てよかった。

●そして休憩〜お昼
ホール隣にある協賛の某菓子メーカーのおまけをゲットし(笑)、飲物をいただきながら、しらはせさんとおしゃべりに興じる。
近場は混んでいるため、丸ビルに移動してお昼ご飯。
ちょうど1階のアトリウムでは男性5人による声楽コンサートがありましたが、人、人、人。
人が多すぎてスルーしてしまいました。

お昼は、2人とも軽めにあっさりしたものが食べたかったので、冷やしうどん。
この日は暑かったので、ぴったりでした♪

お昼を食べて、三菱一号館美術館がある丸の内ブリックスクエアに移動。

三菱一号館美術館


3月にしのぽんと夕飯を食べたレトロなレンガの建物。
昼間と夜では雰囲気が違いますね。

素敵な場所


お洒落なお店の前に行列が出来ているので、見てみると・・・
お洒落な(見た目はジュエリー店で通じる外観!右上写真)チョコレート専門店。
日差しも暑いし、チョコレートアイスという文字に負けてしまい(?)、並んでアイスをゲット。
庭園で美味しくいただきました。

アイスゲット!


三菱一号館美術館もすごい行列、カフェも行列、
一番すごいのは、エシレの行列かな。いつかエシレの商品を食べたい!

●会場に戻る〜またお茶
次の公演が夕方なので、時間がたっぷりの私たち。
LFJ会場内を回ることにしました。

会場


楽器体験コーナーは既にすごい行列なのであきらめました(笑)。

会場色々


お土産を購入したり、無料公演の弦楽オケ演奏を聞いたり・・・

ティータイムしかし、足の痛みが限度になり、今度は有楽町方面へお茶へ。
足の痛みに加え、私の意識は完全にどこか遠くに(笑)。
健康と美を意識した?新感覚のお茶を飲んで、少し復活しました。
ティーポットの中に、ベリーが入っていたのが面白い。

●公演2:114
しらはせさんはお友達といい席で見るため、別々に。
私の意識は、どこか遠くにいったまま・・・(笑)。

・ピアノ協奏曲第2番(リスト)
・ヴァイオリン協奏曲第2番「ラ・カンパネラ」(パガニーニ)


リストは起きていたけれど、記憶がほとんど抜け落ちています(^^;)。
「ラ・カンパネラ」のヴァイオリンの音色で思いっきり目が覚めました!
ヴァイオリン奏者のパスキエさんの音色は繊細で美しい。
パスキエさんのヴァイオリンはグァルネリなんだとか。

パガニーニが編曲した曲ゆえ、ありとあらゆるところに超絶技巧が
入っているのに、音色がクリアで軽々弾いていると言うか・・・
本当に素晴らしい演奏でした。
小ホールのパガニーニ公演、聞きたかった!(抽選はずれ、先行も取れず。)

●夕飯〜お土産購入
またもや微妙に時間が余り、早めの夕飯へ。
疲労困憊で食欲がいまひとつだったので、近くのビルの有名うどん屋に行くことに。
(昼に続いて、またうどん・・・)
しかし、大行列!諦めました。(どこもそんなのばかり!)
近くのカフェで、ベトナム風うどんをいただく。

ベトナム風うどん


3台のピアノパフォーマンス結局、うどん(笑)。
意外と美味しかった〜。
香辛料が効いたのか?やっと元気になりました!

元気になった足でLFJ会場に戻り、お土産屋へ。
昨年の経験上、夜の方がお土産も購入しやすいので(日中は10〜30分レジ並びますし・・・)ここでじっくり選んで色々購入。
あぁ・・・ここに来ると何故、太っ腹になるのか(笑)。
購入した商品は、次の記事のLFJ2日目に掲載します。

この時、無料のショパンピアノ3台による公演を聞く。
その中に、「え?これショパン?」という、とても気になる格好いい曲があって。
タイトルが知りたい!と、気になったのでした・・・
実は、翌日あっさり解決するのですが。。。

3台のピアノパフォーマンス


●公演3:147
今回のLFJの第2本命。メンコンが聞きたかった!
竹澤恭子さんの名前は知っていますが、演奏を聴くのは初めて。
しかも、この公演の席がなんと・・・1列目の真ん中!!!
なんてラッキー!
これは数年後にちゃんとしたメンコンを弾け、だからよく見ておけ
・・・と言う、神のお告げかと思いました(笑)。

・交響曲第4番 ニ短調(シューマン)
・ヴァイオリン協奏曲 ホ短調(メンデルスゾーン)


シューマンは、ベートーヴェンっぽい感じの激しい曲でした。
シューマンってロマンチックなメロディの印象が強かったから、
意外でした。

そして、お待ちかねのメンコン。
竹澤さんの演奏は、情熱的で格好いい。おお、好みの演奏スタイル!
表情も姿勢もくるくる変わるので、思わず目がいってしまいます。
ボーイングはもちろんガン見で。
とてもいい席だったせいもあり、本当に魅入ってしまったというか・・・
曲の世界に完全に陶酔してしまっていました。

メンコンは、レッスンを受けて以来、色々聞く機会がありましたが、
竹澤さんの演奏は“ため”や“緩急”のタイミングが
とても自分の理想の演奏に近いものだったので、いい勉強になりました。
実際レッスンでは「拍」が大事なので、カデンツァ以外だと
ああいう弾き方はできないのでしょうが・・・。

●総括
1日目は、ヴァイオリンDAY。
3者3様、それぞれ異なる個性の演奏が聞けて幸せでした。
他の楽器も確かに人によって音色は違うけれど、
ヴァイオリンは特に顕著だな、と感じる今日この頃です。

こうして並べてみると、ショパンがテーマのLFJのはずなのに
1日目の有料公演は、1曲しか聴いていない!?
おかしいな(笑)?

NHKブース


そういえば、来年はブラームス(ロマン派後期)らしいですね。
ブラームスのあの暗さが好き(笑)なので、楽しみ♪
交響曲第1番や六重奏、雨の歌が聞きたい!
しかし、お祭りムードにしては暗すぎる気もしなくもない。

しらはせさんと「来年はなんだろう?」という話をしていて。
ショパンと同じ年代の作曲家が今回取り上げられているのに、
ブラームスだけ1曲もないのは怪しいと話していました(笑)。
あとはチャイコフスキーとかオペラとか考えたのですが。。。
チャイコフスキーも好きなので、いつか開催して欲しいです。
まだ一度もチャイコンを生で聞いたことがないので聞きたいですね。
posted by まみ at 03:10| コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

やまさん来訪オフ会

GWは音楽三昧のわたくし・・・。
記事がものすごい勢いで溜まっています。

まずは、29日に遡ります。
既に大分前のような感覚ですが、関西からやまさんが上京!
ということで、練習会とその後のお食事会に参加しました。

最初は個人練習、その後は合奏。
カノン、いつか王子様が、エンターテイナー、クリスマス協奏曲、春、秋・・・etc.
やまさん、美紀りんりん、私と時々けいぽん、しらはせさん、エリさんが入れ替わり?で、ドッペルや五度、ハイドンなどなど弾き倒し。

やまさんと弾くたびに思うこと。
「五度」練習しておけばよかった(笑)!
毎度、指番号に悩む箇所があって、そこがどうしても弾けない・・・。
次回来るまでには、弾きやすい指番号を研究したいと思いますっ。

たっぷり演奏した後は、お待ちかねの夕飯。
クリスマス忘年会で利用した美味しい地中海料理のお店です!
よく食べ、よく飲み(ただしほとんどがノンアルコール、笑)、よく話し、楽しいひとときを♪

ディナー


今回も堪能しまくりでした。
完食したので、最後はかなり苦しかった(笑)。
最後相当苦しかったのか、大きなオマール海老の写真がないし、
黒毛和牛ステーキも最後の1つしか写っていないという・・・

私は翌日、月末重要仕事&業務服装チェック(笑)&
同僚と豪華ランチなどなど、予定が満載だったため、
帰宅の途に着くことに。
帰宅間際のtarさんの謎の一言&慌てて止めるかぽさんの行動
という謎を残して帰宅する羽目になりましたが(想像はつくけれど・・・笑)。
皆さんはその後、カラオケ大会&翌日は都内観光と楽しまれたようです。

都内観光=根津神社と聞いたので、うらやましかった!
根津界隈は、個人的にものすごく行きたいと思っており、
5月に行こうかと計画していたので、実行するかも。
今だと根津神社のつつじが綺麗だろうな(^^)。
旧岩崎邸庭園も見たいし、カフェめぐりや雑貨屋さんも見てみたい!
(発表会の準備は・・・?)

最後に・・・。
やまさんから、CDとミッフィーストラップ(ハァハァ、笑)、紙はさみマグネット(正式名称わからず、楽譜挟むのにちょうどいい♪)と奈良旅行(近々行く予定です。)のパンフを!
クーポン券がついていたので、奈良旅行の際にはありがたく使わせて頂きます(笑)。
たくさんのお土産、ありがとうございました!(*^o^*)

やまさんオフの時は人数沢山で、やまさんとじっくり話せないのが心残り。
いつかじっくりお話したいものです〜。
今度、関西に行った時に、お会いできるといいですね(^^)。

●言い忘れたこと●
昨年行ったメンバーにはメールをしましたが、
今年も8月に例のあのコンサート・・・というか体験があります。
チケット販売が5日のようなので、興味がある方は是非♪

※チケット購入する関係上、私と直接会ったことのある方&
メールの連絡先を知っている方に限らせていただきます。
すみません。
posted by まみ at 00:44| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

バッハフルート曲(7)と(8)

ついに、私もレッスン2回分まとめ記事が2回目(笑)。
某gさんのレッスン数回分まとめ記事アップのことをどうこう言えません・・・!

●7回目
毎回癖を指摘されますが、この回はボーイングの変な癖について指摘されました。
ダウンの時はもっと腕を手前に!

一番最後の音は、4の指で長いヴィブラートだったため、
「それだと苦しいでしょう」ということで2ndポジに変更。
3の指でヴィブラートになり、楽になりました!!!
しかし、急な変更対応に未だ慣れない。
今回のレッスンも、前の1stポジで弾いてしまう癖が・・・!

●8回目
今日のレッスンです。
ボーイングの変な癖がなおったかどうか怪しいまま。
後半は演奏するのがいっぱいいっぱいなので、
ボーイングに注意を払う余裕もなく。
特に言われなかったのは大丈夫だったのか。
相変わらずおかしいけれど、今回は別の注意点を指導したかったのか。

・強弱など曲の味付けがだいぶついてきた
・冒頭からずっこける弾き方(笑)なので、その箇所を徹底的に練習する
・後半の音程がまだまだ。音がかすれる、違う音も一緒に鳴るなど
 できていないところが多い


演奏箇所の変更があって1ヶ月。
後半、間に合うかな・・・と思っていましたが、本当に課題がたくさん。
よろよろしながら弾いているので、本番はもっと間違う可能性が高いです・・・

7回目、8回目ともに先生がピアノで伴奏してくれたのが良かった!
この曲、正しくはフルートとハープシコードのための曲なので、
途中、会話のように掛け合いになっている箇所が楽しいです。

なので、前向きに考えてみた!
この曲は、私のソロ演奏ではない。ピアノとのアンサンブルなのだと。
アンサンブルと考えれば、精神的に少し楽になるかな!?
アンサンブルは大好きです(笑)。
posted by まみ at 22:17| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。