2011年02月26日

新世界を弾く!(1)

桜スタバ2011今年のスタバの桜限定品。
うっかり買っちゃったー♪
ステンレスタンブラー、大きいのがずっとほしかったんだ・・・
この写真、金色の桜模様は消えている(笑)。

さて、話を本題に戻します。
今日の記事は、1月上旬頃の話。
ばよ仲間や主催者様に誘われた、初級者からはじめよう!
コンセプトのオケ曲練習会。
レッスン日や女性アンサンブル練習会と被って
まったく参加できなかったのですが、
やっと初参加できました♪

一番の理由は、今年1年通して練習する曲が「新世界」!
オケはあまり興味がない(聞くのは好きだけれど)私が、
唯一この曲だけはやりたい!と思うのが「新世界」でして。
どの楽章も好きです!

実は、子供の頃、この曲があまり好きではなくて・・・。
夏休みの昼寝中、隣家が毎日第4楽章を大音量で流すたび、
目が覚めていたという理由ですが(笑)。

毎日コレしか聞く曲がないのか!
何故、大音量で聞くのか!


と。
その上、「家路」は下校の曲で珍しくもなかったし(笑)。
大人になってからこの曲の良さを再認識した気がします。

「新世界」第1回練習会は、完全に気を抜いていました。
女性アンサンブル練習会の帰りに、リーダーさんが
「譜読みしたけれど、難しい・・・」
と話していたので、慌てて譜面印刷して弾いてみることに。

譜面を見て驚愕!

電柱みたいなハイポジだらけで、一発で読めない(笑)。
(ちなみに、Vn1stパートです。)
実際に弾くと、超ハイポジで16分音符速弾きとかキツイ!
シュラディエックみたいな音階が出てくるし。
以前、サラサーテの記事で読んだけれど、本当に似ている。

練習会では、隣のばよ暦2年半の方の音色を聞いて、迷子にならずにすみました。
私は一体何年ヴァイオリンやっているんだろう(笑)!
私は2年目頃にハイポジ、超ハイポジなんて弾いたことなかったんだが。
(ポジション移動すら習ってないし!)

次回は、もう少し指遣いを考えて弾こうと思います。
超ハイポジは何の指で弾こう?と、迷っている間に先に進んでいったので。
(しかし、しばらく参加できそうにないのが残念・・・)

初めてオケ曲をまともに練習する機会に恵まれましたが、
小編成アンサンブルやソロ曲と勝手が違うので戸惑っています。
転調が何度もあるのが慣れず、急にフラット6つとか出てくると、
頭が真っ白になりますね(^_^;)。
(レッスンでは、4つ以内に限定されているから。笑)
同じフレーズを何小節も弾いていたら迷子になるし、
見たことがない音楽記号があったり。
オケ曲ならではの、私の弱点がたくさん見つかりました。
こういうのは、慣れかな!?
posted by まみ at 23:45| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

女性アンサンブル練習会(5)(6)

ヴァイオリンイベント弾き始めは女性アンサンブルでした。
ということで、2回まとめての女性アンサンブル練習会記録。
年始と2月始めに参加しました。
年始は昼〜夜間まで、2月はノロの病み上がり(笑)で3時間程。

2月の会場は、初めて行く場所でした。
なんと!地元沿線から行ける練習場!
道すがら、音楽スタジオも見つけました。穴場かな?

で、練習は・・・
(自分的に)ハードな曲が多いので、大変です。
年始は、練習会後は上半身痛との戦いに変わりました(笑)。
知らない人が聞いたら、どんなスポーツしているのかと思われそう。

練習を重ねていくうちに、皆上手になっていると感じます。
私は、ノロの後はまったく練習しておらず、後退しまくり!
弾けていた曲まで弾けなくなっていました。

そもそも、相変わらず酷い音で泣きそうです。
すぐに改善できる問題ではないので、どうしたらよいものか・・・?

特に、悩ましい曲が2つほどありまして。
うち1つは、譜面だけ見ると簡単ですが、最も難曲でした。

ゆったりテンポ+弱音で1弓ボーイングばかり曲。
音がとぎれる!かすれる!弓が足りない!腕がぷるぷる!
で、毎度苦労する羽目に。

聞いていて「苦しそう」と言われましたよ!
自覚しています(笑)!!!
あまりにも酷いので、少し前、先生に見てもらいました。
右手の問題で、練習方法も習ってみたものの、
すぐには改善できません。。。

半年続けたら少しはましになるかな?
基礎練習は大事だな、と思います。
様々な曲を練習していると、応用力がないとわかる。
譜面どおりに弾ければいいと問題ではないし。

話は変わって。
年始に撮影されたビデオを見て今回一番気になったこと。
正月太りがスゴイ!
演奏以上に、そればかり気になって気になって(笑)。
撮影には、こんな効果もあったとは!
気が抜けん・・・。

結局、ノロで痩せましたが。。。
(吐き気はないが、食欲ゼロで1週間ほとんど食べていない。)
こんな不健康な痩せ方はイヤだ(笑)!

ちなみに、第1回演奏会。
私自身が不参加になりました。レッスンとぶつかった(>_<)。
しばらく練習会は休んで、発表会曲に専念しようと思います〜。
(発表会に出るかわからないけれど。←しつこいくらいに強調)

あと、今年は大量飛散のスギ花粉だしね。
花粉症(重症患者)としては、引きこもりできるし、ちょうどいいかも(笑)。
posted by まみ at 00:43| 女性アンサンブル会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

発表会曲(2)

レッスン記録。

シュラディエック
ものすごくいやらしい音階!フラットやナチュラルが満載。
練習時から四苦八苦でかろうじて慣れた、という段階。
音程がやはりイマイチ。合格できませんでした。

小野アンナ 重音音階
合格しないまま、発表会まで寝せましょうということに(ToT)。
数ヶ月もやらないと重音音階自体忘れそうだ。

やさしいカイザー29番
指定された速さのスピカートは結局弾けず(笑)。
少し遅めのスピードで、バリエーションスピカートをすることになりました。
バリエーションスピカート、難しすぎる!
右手のコントロールがまだまだダメだと痛感。

29番の合格の道のり、相当遠いかも・・・。

発表会曲
今日は、やっと習いたかった後半を。
前半同様に、譜面と異なるスラーや弓遣いに書き換えられました。
変えた方が楽な箇所がいくつかあったので、助かりました。

で、問題の二声は難しいです。
片弦でスラーを弾きながら、もう片弦でスタッカート。
(下の楽譜画像の下パートのEの音3つはスタッカートです)
たったそれだけが出来ない・・・

一部の人には、何の曲かわかるかも。
この程度でも、苦、苦、苦、苦行!!!
苦労しています
※著作権上、フリーの楽譜からの画像です。実際の楽譜とは多少異なります。

あまりにも出来ないので、先生が練習方法を考えてくれました。
開放弦弾きからスタートでしたが、それでもできない。
自分の不器用さがイヤになります!

練習方法はあえて書かないけれど、弾き方のコツは編み物か裁縫の要領で!
糸を布に通すように。
って、私、裁縫ほとんどしないのですが・・・(笑)。

一番難しい箇所が、片弦で1ポジ移動(指ずらし)しつつ、
もう片弦はそのままのポジションで弾き続けるという技。
(この弾き方が一番、楽らしい・・・。)
指が絡まるわ、片方の指をずらしたら、両方の音が移動してしまう!

弾けないよ!
出来ない箇所は何度も繰り返し練習!といいますが、物理的な問題が。
人一倍短い小指が届かないというか、手が硬いというか(笑)。
その辺で躓いています。
困ったものだ。
わからん!
いっそ、2人羽織で弾きたい(笑)!
私が上を弾くので、影武者さんに下を弾いてもらおうか。
果たして、発表会に間に合うのか!?
間に合わないなら、出るのを止めよう・・・(笑)。

こういうのができるようになると、パルティータが弾けますよ!
と、先生。
二声ができても、パルティータはまだまだ遠いと思いますよ〜!?

で、帰宅時に気がついた。
モーツァルトのレッスン・・・忘れていた(笑)!!!
早く合格したかったのに。
次回は2週間後なので、伴奏譜を忘れそうです(笑)。
posted by まみ at 01:47| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

弦楽四重奏コンサート

スイーツタイム今回で2010年の記事は終わり(今、2月じゃ?)。
年末に、しらはせさんの師匠さんが出演の弦楽四重奏コンサートへ。
小さいホールなのですが、当日券はなし、
臨時席が設けられるといった人気のコンサートです!

右写真は、コンサート前のスイーツタイム。
(また食べ物の写真しか撮っていない)

話を戻しまして。
小さいホールなので、奏者の呼吸まではっきり聞こえます。
前回も感じましたが、1stヴァイオリニストの方の音量は驚くほど大きい。
高名な方だけあって、プロの中でもまた格段に違う!と思います。

今回は今の私の課題である、弓の使い方(配分など)に注目。
スピカートでも、弓は最小限しか使われていない。
自分のスピカートはまだまだ弓を使いすぎ、動かしすぎだと思いました。

どの曲も、自分があまり習っていない作曲家達だったので、
弓の使い方はいくつか特徴があるな、と思いながら見ていました。
自分が少しでもかじっていたなら、もっと勉強になっただろうに(T△T)。

弦楽四重奏は一番好きなスタイルだし、
1人1パートでシンプルなアンサンブルということもあって、
アンサンブルのいい勉強にもなります。
1stは、ソリスティックに派手に!
2ndは、1stに寄り添うようなハーモニーを大切に!1stを引き立たせる!
という感じかな。

自分がアンサンブルをする時、まだそこまで意識できないので
(弾くのが精一杯!)
今年は意識できたらいいな、と。
自分が1st、2ndどちら向きなのか、まだわからないけれど(笑)。

私もいつか弦楽四重奏やりたいなぁ(毎度言っている)♪
年末にいいものを聞かせていただきました!

最後は、コラーゲン鍋で忘年会〜!
オプションでヒアルロン酸入り!!!
写真の白くて四角いものは、豆腐じゃなくてコラーゲンです。
コラーゲン鍋

そういえば、このコンサートでヴァイオリン界の狭さを知りました。
コンサート開始前、前の席にも後ろの席にも知り合いがいまして(笑)。
前から後ろから、話しかけられて驚きました。
どちらも、しらはせさんのお師匠さんつながりという。
少人数ホールなのにね。

ヴァイオリン界の狭さは理解できます。
余談ですが、驚いたのは今の会社。

部署のお偉いさんの正月休み。
偶然にもハワイの某カフェで、社員3人と居合わせたらしい。
過去にもハワイで別の社員に会ったとか!

どんだけハワイ好きな会社なんだ!(笑)
あ、まったくハワイともカフェとも関係ない会社ですよ?
同じ会社にいると、行動パターンが似るのでしょうか!?

ハワイのカフェ(お店)は色々あるのに、
同時間同場所で海外で出会う確率はすごいと思う。
posted by まみ at 23:59| コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

弦楽四重奏曲K.421メヌエット(1)+発表会曲(1)

3連休はヴァイオリン三昧の予定でしたが、
大雪予報だったため、2日キャンセルに(ToT)。
ま、結局大雪は降らなかったけれど。
地元の交通事情とヴァイオリン持って滑ると怖いしね・・・。
(頑丈なヴァイオリンケースがほしい!)
明日は発表会(私ではない)。行けるといいな。

引きこもりとはいえ、中日はレッスン。
発表会曲(出るか不明)は、あっさりと変更OKでした。
前半ゆっくりなので、大丈夫かなぁ・・・緊張で震えそうだ。
(後半の方が実はもっと不安!)

シュラディエック」「小野アンナ 重音音階
前者はあっさり合格。
重音音階は・・・#が4つなのに、#3つで弾いていました。
ああ〜、譜読みできません(笑)!
何でこんな勘違いしていたんだろう?

やさしいカイザー29番
今回こそ合格を!と思っていたのですが、
もっと速く弾きましょう、ということになりました。
超高速スピカート・・・できるようになるのかな?

弦楽四重奏曲第15番第3楽章 K.421 メヌエット
モーツァルト、初めて習うような・・・?
曲自体も初めて聞くかも。
後半はいかにもモーツァルトらしい明るく優雅な感じですが、
実は短調なので、前半と最後は暗い曲なのです!

弦楽四重奏曲、ということでYoutubeで音源を聞いてみました。
教本は、1stヴァイオリンパートそのまんまっぽいですね。
この曲、1人で弾くより、弦楽四重奏で弾いてみたいなー♪

私の誤解なんですが、モーツァルトの曲なので、
(私には珍しく)明るく元気に行進曲風に弾きましたが、間違っていました。

もっと優雅に!(笑)
スタッカートが跳ねすぎ!元気すぎ!
Trioは静かに弾くとのことです・・・。

後半のTrioはユーモレスク(習っていないけれど)と同じリズムなので、
スキップしそうな楽しいリズムで弾いていました。
そうか、静かになのね。
先生の見本や上のYoutubeは確かに優雅そのものでした。
私のは完全に行進曲風だったよorz

あとは弓の使い方云々。
アップボウの始まりを弓の根元付近に戻して弾く奏法が慣れません。
この箇所は弓の真ん中だけで、とか根元で、とか弓先で、とか。
最近はそんなことばかり注意されています。

次回はピアノ伴奏譜持ってくること(自分的メモ!)。
ってことは、次回で終わり???

発表会曲
ブログ上では、曲のタイトルは秘密とさせていただきます(笑)。
一応、バロック曲です。

まずは1音目から注意が(ToT)。
きちんと弓を置いて準備してから弾き始めること。

楽譜とは違う弓順や指番号に書き換えられたりして、混乱!
今回は、前半だけで終了。
後半見てもらいたかったなぁ。
二声が弾けないので練習方法が知りたいです(笑)。
posted by まみ at 23:00| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

女性アンサンブル練習会(4)

ええと・・・まだまだ昨年12月の記事です。
音楽劇に発表会と、音楽イベント満載でモチベーションアップ↑した翌日は、
女性アンサンブルの練習会でした。

明らかに練習不足の曲と、そうでない曲の差がはっきりしてきたな、と(笑)。
ちなみに、担当が10曲くらいあるので、全部手が回らない。
上手い人はいいのだろうけれど、私はどれもこれも精一杯・・・
いや、どれもこれも中途半端です!!!

1人パート(ソロっぽいの)は、明らかに目立つので練習しているのですが〜。
ちなみに、本番では全曲弾きません(笑)。
本番で使う曲がどれになるのか、早めに決まるといいのだけど。

今回も演奏をビデオカメラで撮影し、演奏後はビデオでチェック。
前回は公共施設で、常に正面から撮影されていたけれど、
この時は、カラオケの狭い部屋での撮影だったため、
色々な角度から自分を見ることができました。

もーーーーー本当にダメです!酷い!
自分のボーイングを見るのに、耐えられない〜(笑)。
先生に指摘された悪い癖がしっかり出ています。

特に、同じパートを上級者さんと一緒に弾いている時、
ボーイングの酷さや手首の硬さが顕著!!!

16分音符の速い曲は「動きすぎ!」と先生に言われているので、
現在、カイザーなどで弓の使い方を小さく、
動きは最小限にする練習をしているものの、
やっぱり上手い人と並ぶと、動きすぎていました(笑)。
↑頑張りすぎな人にしか見えない・・・。

凹みますが、あらゆる角度から撮影してもらうって勉強になりますね。
あとは音程だな・・・酷すぎて演歌みたい。

演奏会の日程は、新メンバーが加入した関係もあり、4月に決定。
残念なことに、初回演奏会は気軽な形式ですが、特殊な内輪会になりました。
一般の方は、気軽に見に行けないと思います(ToT)。
(特殊な参加方法で見ることはできますが、強制したくないので。)
散々周りにCMしたのに〜(笑)。

とはいえ、きちんとした形での演奏会も今後考えているので、
その時は、誰でも呼べるのではないかと思います♪
posted by まみ at 00:18| 女性アンサンブル会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

今更の発表会レポート

季節は2月ですが、まだ昨年の記事です(笑)。
こちらの記事の音楽劇の後、しらはせさんの発表会へ。
会場に到着するなり、私のヴァイオリンの先生とご対面!!!

本物ではなくて、ポスターです(笑)。
今度、同じホールで演奏会があります。

今回の発表会で楽しみだったのが、伴奏がハープということ。
羨ましい!
発表会曲は「タイスの瞑想曲」。
ゆったりした曲だし、1ヵ月半くらいしか時間もなかったのに、
きれいな音で、緊張もあまりしていなかったし、
(あまり緊張しなかったとのことです(^^)。)
とてもハープ伴奏と合っていました♪

音楽劇の記事でも触れましたが、修道士と娼婦の恋の曲。
私の頭の中には、森と湖しか出てこないので違和感を感じまくりです。

というわけで、音楽劇に続き、再び演奏を聞きながら、
頭の中で「娼婦タイスさんの改心シーン」の想像を・・・
・・・・・・
・・・・・・
やっぱり森と湖しか出てこなかった(笑)。
(ちなみに、中盤は、タイスの錯乱を表しているそうですが・・・)

短い練習期間の中、よくぞここまで完成度の高い音楽を作り上げたな!と。
しらはせさん、お疲れ様でした。

タイスは小学生の時にヴァイオリンを弾きたい!と思ったきっかけの曲。
(その辺のエピソードはこちら
演奏を聞きながら、感慨深い気分になりました。

考えてみれば、私はタイスを習っていないまま、現在に至る・・・
(楽譜も持っていないし、まともに弾いたこともない)
かといって、今弾きたいかと尋ねられると???
しらはせさんが弾いてくれたから、もう満足かな♪

話は変わって、マスタークラスの方の発表会は、相変わらずすごかった。
毎度、演奏会に来た気分です(笑)。

バッハのフーガ(前回記事の通り、私の最終目標曲です。笑)を演奏した方がいて。
某ブランデン(某になっていない)練習会で、3人で弾いたことを思い出しました。
3人でも途中で挫折しましたがね!!!
本来は1人で弾く曲(当たり前だ!)ですが、3重奏じゃないと弾けません(笑)。

あと、メンコンを演奏した方もいました。
ちょうど1年前にレッスンで弾いたような気がしますが、
私が弾いていたのは、違う楽器で弾いていた別の曲だったようです!

曲名「めんこけ」:Mりん(誰)編曲
楽器:おもちゃのカラスの鳴き声ヴァイオリン

だったのでしょう。きっと!(そう思うことにした。)
いつか本物のメンコンを弾いてみたいですね。
あのレベルになれば、発表会で弾いてもいい!

音楽劇に、発表会とモチベーションアップにつながった1日でした。
その効果は翌日発揮される!?(つづく)
posted by まみ at 23:38| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

雑記

風邪が流行している季節。
私も未だに不調を引きずっています。すっきりしません。
不調気味なのは、花粉症かもしれないけれど(笑)。
そんな中、今日のレッスンは先生が風邪でお休みでした。
先生が風邪でお休みって初めてではなかろうか・・・。

記事は溜まっているんだけれど、雑記的な備忘録をいくつか。

●弦交換
1月14日(多分、もう忘れた・・・)にA線のオリーブが切れて、交換。
他の線はオリーブのままなので、相性がよさそうなものを考えて、オブリガートに。
今のところ違和感はありません。

●昨夜の芸術劇場
バロック特集なので、勿論見ました!
どちらも素敵な公演でした。
アンサンブルの方は知らない曲だらけ。
しかし、バロックはどれも耳馴染みが良いです。
「四季」の後のシリーズ、「海の嵐」「狩」は高校時代の授業で聞いて以来かも。
「春」が聞きたかったなぁ・・・今、練習中なので(笑)。

後半のギル・シャハムは、好みの音色でした。
・・・って、調べてみたら、昨年取れなかったチケットのソリストじゃないか!
(ヤンソンスのコンセルトヘボウ管弦楽団でメンコンを弾いていたのです。)
本当に惜しいことをした(ToT)。

今のレッスン曲、二声のテクニックに苦しんでいるので、
バッハの「シャコンヌ」は参考になるだろうか?と思ったのですが、
参考になる以前の問題でした・・・。
軽々と簡単に(笑)弾いていました。

改めて、シャコンヌの楽譜を見てみたのですが、
二声どころか三声ですね・・・・・・・・・(=_=)。
chaconne
↑私が今、練習しているのもこの程度なんですが、弾けない・・・
指をトンネルしたり、くっつけたりしながら、
2つの弦で異なるメロディを奏でるって、どれだけ器用な技なんだ!
と叫びたい今日この頃。
重音どころの難しさじゃない・・・。

で、これが三声。イヤになりそうだ。。。
chaconne


でも、最終目標は「バッハの無伴奏」か「バッハのソナタ第1番フーガ」!
と自分で決めているので(笑)、二声でへこたれていられない!
(最終目標というより、来世の目標にしたほうが良いような・・・笑)

ピアノなら、二声のインベンションは弾けるんですけどねえ・・・。
ヴァイオリン二声はピアノの三声より難しいと思う!今日この頃です。
posted by まみ at 23:59| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。