2011年09月24日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(5)

溜め込んだので、2日連続レッスン記事。
今の先生に習ってX年(←それなりに長い年月)。
先生がご自宅でレッスンされていることを初めて知りました!
もっと近所だったらなぁ・・・そちらの方がいいなぁ〜。。。
30分レッスン、短すぎるし!

シュラディエック
今回も一発合格!相変わらず調子良い。
しかし、今回の音階は腕が、指が、とにかく辛すぎる・・・
最後は、手全体が笑っちゃう状態に。動かない!
次回課題もかなり辛い音階。

先生からの忠告。
「音階はかなり辛いので、音階練習後は必ず手・腕全体マッサージしてください!」
やっぱり!!!!!
音階はまとめて連続練習していたんだけど、相当負担がかかっていたのか。

先生お手製重音プリント
最終課題合格!
喜ぶ私に、先生から新たな「先生お手製重音プリント」が手渡される(笑)。
私のために作ってくれたプリント(←違うと思う、他の生徒さんも・・・)、
再び頑張る!

やさしいカイザー35番
テンポ120演奏。
よたよた弾きだったけれど、表現もついていて良い。合格とのこと。
今回は音階全て合格です!

そしていよいよ、カイザー36番。
カイザーもこれでラストだ──と感慨に耽っていた私・・・だが・・・
「そういえば、カイザーはいくつか飛ばしましたよね。戻りましょう!」
ということで、次回は33番(だったかな)に逆戻り。
カイザーはまだ終わらない。好きだからいいけれど(笑)。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
今回は最後まで見てもらいました。
問題のこちら、1、2拍目で1スラー、3拍目単独スラーになりました。
弓が足りない
助かった。
しかし、1小節弾いたら安心してしまうのか(!?)、
3拍目を弾いたら休みが入って、次の小節へ・・・という悪い癖の弾き方に。
3拍目と次の小節1拍目をつなげて弾く練習を延々と。。。
家でも要練習ですね。
ちなみに、上の画像と同様の小節が4小節連続であります。難しい!

あとは、最後の音が(とてもハイポジ)汚いので、
「音磨き練習」方法を習いました。
16分音符速弾き箇所も汚いので、同様に音磨き練習法。
カイザーみたいな練習で疲れました(笑)。

先生が「この曲、発表会に良いのでは!?」と薦めてきました。
あれ、前回のヘンデルのソナタ第1番も推薦されたような(笑)。
私の弾きたい某曲もあるし、候補が3曲になったようです!?

ヘンデルと某曲は曲的に似ているので、どちらか二者択一かなと。
まだ今年いっぱいは悩むつもりだけど、この曲が一番いいかも。
発表会映えのする曲だし、あまり知られていない曲だし(笑)、
発表会や演奏会はバロックばかり弾いてきたし。
ロマン派は、個人・アンサンブル発表会・演奏会では弾いたことがないので、
試したいな、という気はあります。。。
ただ、曲目があまりにも珍しいので・・・・・・以下略。
(詳しくは書けないが、お察しください。笑)
posted by まみ at 22:29| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(4)

三連休はレッスン、久々のアンサンブル、フルー友の演奏会・・・と音楽三昧でした。
(仕事もあったんだけどね!)
今日からの三連休初日は、久々の女性アンサンブル演奏会練習。
第1回演奏会以来の初あわせでドキドキでした!
ま、ボロボロだったのは言うまでもなく・・・大丈夫か、私(笑)。

合奏すること自体が1ヶ月ぶりなので、久しぶりと言う感覚。
やっぱりアンサンブルは楽しい♪♪♪

うぃーんみやげこちらは、しらはせさんから頂いたウィーン土産。
近頃、携帯カメラの写りが悪い(明るい色がつぶれる!)ので、見た目が変ですが・・・
チョコ、とろけるような味わい!うまーー!
モーツァルト石鹸、いい香り♪
私のチョコは「ザルツブルグ」ロゴ入り。
バッハさんなどのパッケージもありましたよ〜。

そして、こちらは今日の練習会帰りに立ち寄った、
行ってみたかった某イギリス菓子&紅茶専門店。
るるこさんが以前行ったことある!と話していたのを聞いていたので。
この街に来たなら是非!と思っていたのでした。
紅茶専門店

カフェは大人気。店内はとても可愛らしい。
バナナタルトとフレーバーティーをオーダーしました。
私がオーダーしたのは甘さ控えで、私的にはいい感じ!

紅茶缶やパッケージをはじめ、女子的好みの紅茶雑貨ショップもありまして!
お土産買っちゃった〜♪
おみやげ紅茶

フルー友の演奏会話は後日記事にするので、
まずはレッスン記より。
今回は特にこれといって特筆すべきことはなしですが・・・

レッスンと同時に地震が来た!
慌ててドアを開ける先生だが、先生以外誰も気がついておらず・・・
私もわからなかった(笑)。
そろそろいい加減、地震落ち着いてくれないかな。

シュラディエック
またもや連続一発合格!
連続合格続きなので、今の章の終わりが見えてきた!

先生お手製重音プリント
大分マトモになったので重音スラーが課題に。

やさしいカイザー35番
テンポアップすると、ボロが出まくり。
特に最後2段は要練習。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
今回はカデンツァから2Pほど見てもらいました。
あまりにも弾き難いので、一部のスラーを変更。
少し弾きやすくなり、助かりました。
あとは弾き慣れかな?
見てもらえなかったけど、最後が一番難関。
3ページ半くらいの曲にもかかわらず、相変わらず身体が痛い!
途中で一休みしないと弾けないまま(笑)。
早く身体が慣れて欲しいものです。
posted by まみ at 23:58| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(3)

花火大会アド街で「根津」特集を見て、ますます行きたい熱が高まる今日この頃。
でも、涼しくなってからかな。
今は暑くてダメだ(x_x;)!

ここ最近は眠気が酷くて、22〜23時に就寝の日々。
健全な生活を送っていました!
そのため、PCほとんど立ち上げておらず。
ブログも書き損じていました。
新しい曲を始める際、変に力が入るのか!?
首肩が痛くて、ほとんど練習できなかった今回のレッスン記です。

シュラディエック
このところ毎回調子がいい。
あまり練習しなかったけど一発合格!

先生お手製プリント重音練習
特に10度の音が微妙にずれているようで、細かい指摘が。
私がとる音はやはり微妙に低いらしい。
ピアノ出身者の辛いところ・・・
当分、このプリント練習が続きそうです。

やさしいカイザー35番
テンポアップを要求!
1スラー15音符(!)の箇所が乱れまくりなので、しっかり部分練習を!

ウェーバー クラリネット協奏曲No.1 第1楽章
引き続きクラリネット譜→ヴァイオリン譜変換作業。

冒頭のこの箇所は根元でスピカート、強く弾く!
「この奏法ってスピカートですか?」と尋ねたら・・・
「多分」とのことです(笑)!
がくふ
※無料楽譜より。私の楽譜は、スラーなしで全てスタッカート記号がついています。

中盤からロマン派らしい難しいフレーズが満載で、
かつてのメンコンやアッコライを思い出すような弾き方だらけ。
三連符が続いたと思ったら急に16分音符速弾きチェンジ、とか。

思い出した一例。
何故、小節をまたいでスラーが続くのか。
スラーの法則性がないのは何故か。
最初の1スラー4ずつをずっと続ければ楽なのに!
と思うのは私だけ(笑)!?
下記の画像はいいけれど、上下2段にまたがってスラーが続くと読み難い〜!
スラーがややこしい

特にハイポジが沢山あるわけでもないのに、
身体が痛いのは弾き難さからか?
身体のあちこちが痛くなるので、通しで弾けません(笑)。
休み休み弾いています。
苦手箇所だけ部分練習して、少しでも楽したいのですが──。
どの箇所も苦手(弾けない)なので、部分練習できないじゃん!状態。

最後のこの箇所、スラーはそのままで!だそうです。
1小節1スラー!?音符いくつよ!?
弓が足りない
亀のようにゆっくり弾いても弓が足りない!
弾けない(涙)!!!
弾けたら格好いいんだろうな。
このフレーズが連続であるのですよ・・・修行だらけ。

途中の休符が多い箇所は、先生がピアノで伴奏を弾いてくれました。
伴奏が入った方がいい〜♪
しかし、待てよ。この伴奏譜はf-mollのはず。
ヴァイオリン譜はg-moll・・・

なんと、先生はf-mollの楽譜を見てg-mollに変換してピアノを弾いてくれたのです。
先生、すごい!!!
「もっと修行しますね」と先生のお言葉。
いえいえいえ、充分です!ありがたい!
私も修行しようかな(笑)。休符の箇所の片手だけでも。

最後に、震災から半年経ちました。
昨年で終わりだったはずの花火大会。
わが街は被災地ということもあり、今年復活!
ずっと続けて欲しいな〜。
花火大会は大分前に開催されたのですが、載せ損ね。
花火大会

今年は風向きが残念な方向(煙で隠れる花火)だったので、写真少な目です。
posted by まみ at 22:07| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

横浜のバロックコンサートと中華街

ジャックの塔またまた数ヶ月前の記事。
梅雨頃の記事ですが、この日は晴れ!
今年も横浜開港記念館のバロックコンサートへ。
会場は、別名ジャックの塔。
何度見ても、大正ロマンのレトロでステキな建造物。

昨年は撮影できなかったクイーンの塔。
今年のキングの塔の写真は、肝心の塔が写っていない(笑)。
昨年の写真をご覧ください。

横浜三塔(ジャックの塔、クイーンの塔、キングの塔)に登ると願いが叶うといわれていますが、実際、入れないらしいです。
残念!
クイーン&キングの塔


今回は、女性アンサンブル一部のメンバー4人で参戦。
なんと、プログラムのバッハ曲が女性アンサンブルの練習曲でして(笑)!
ということで、お誘いしたのでした。

昨年は絵画のようなチェンバロでしたが、
今年は緑地に金色の文様。
チェンバロって、飾られているだけでも芸術品!
会場

プログラムは以下のとおり。
・管弦楽組曲第2番 ロ短調(バッハ)
管弦楽組曲の一部は、先日の女性アンサンブルライブ第1回目で披露しました♪
私は参加しなかった楽曲ですが、名曲も多いし、楽しそう。
学生時代の友達とポロネーズとバディネリをアンサンブルしたけれど、
またもう一度アンサンブルしたくなりました。
(何故か私がチェロパートだったが、笑)
バディネリ大好きだけど、フルートパートはヴァイオリン代用じゃ辛い(笑)。

・オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ハ短調 (バッハ)
どの曲よりも真剣に聞きました(お察しください、笑)。
大好きな曲ですが、バロック楽器だと響きや雰囲気が異なって面白い。
バロックオーボエ、温かい音で好きです。
特に第2楽章が、ほんわりします♪

第3楽章のヴァイオリンパート、格好良いけど難しそう!
(第1楽章のヴァイオリンパートも相当難しいが。。。)
弾けたら格好いいだろうな〜。いつか技術があがったら弾いてみたい!
ニ短調で弾き慣れているので、ハ短調だと難しそうですね。

・2本のリコーダーとチェンバロのための協奏曲へ長調 BWV1057
タイトルを聞くと初めて聞く曲?と思いがちですが、
実はブランデンブルグ協奏曲4番の編曲。
主旋律がリコーダーになると、また味わいがありました。

・オペラ〜セルセ(ヘンデル)
といえば、「Ombra mai fu」しか知らなかったので、
初めて他の曲も聴きました。

前回同様に、MCが某アナウンサーだったので、とてもわかりやすい解説!
セルセのあらすじ、初めて知りました。
自分勝手な王様と美しい娘とその恋人、
姉(美しい娘)に嫉妬する妹の四角関係の恋の話なんですね!

あと、当時のオペラって女性は歌を歌わないで、
代わりに男性がソプラノをやったらしいですよ。
(手術して声変わりしないようにしたらしいです。すごい・・・)

・アンコール
カンタータ 第25番「汝の怒りによりて、わが肉体には全きところなく」より
アリア「私のつたない歌にも聴いてください」


演奏会の後は、中華街!
中華街

ぶらぶら散策し、小道でいつ見ても行列の古い建物店の前を通る。
いつも混んでいるその店だけど、ちょうど目の前でオープン!
これは入るしかないでしょ!?ということで、速攻入店!!!
ちゅうかがい

お店の写真は取り損ねましたが、「海員閣」さん。
突然入ったので、何が名物か知らない私たち(笑)。
お仲間が食べ●グアプリで情報を調べたところ、
(こういう時はアプリって便利だと思った)
“豚ばらそば”“焼売”が名物らしいと判明。
焼売と鳥のカシューナッツ、杏仁豆腐を共にオーダーしたところ、
周りのテーブルも豚そばと焼売がオーダーされている(笑)!
どのテーブルも同じオーダーって・・・。

ちなみに、こちらのお店は狭いので、相席になります。
今年はベイスターズファンと相席でした(笑)。

焼売は、普通のお店で食べるのと違って手作り感のある味。
これはこれで大好きです。
そして、豚ばらの角煮のボリュームすごくて満腹!
周りが二品しかとっていないのがわかりました。お腹苦しい〜。
しかし、こんなに柔らかい角煮は初めて〜♪
美味しかったです!
私、脂ぎった角煮は苦手ですが、こちらのはトロトロ〜っとしているのに脂っこくない。
おいしかった

お土産はいつもの店で肉まんを購入し、
しらはせさんがよく購入する月餅の店に立ち寄ったら、巨大月餅が!!!
日本の「日」くらいが私の手の大きさでしょうか。
残念ながら、この月餅は翌日無料振る舞いとのことでした。
巨大月餅

月餅試食コーナーがあり、全員で食したところ美味しくて〜。
思わず全員でお買い上げ(笑)。
横浜の街を満喫し、とても楽しい1日になりました!
posted by まみ at 00:52| コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(2)

レッスン・・・昨日のことなのに覚えていない(笑)。
実は、レッスン後に地元で活躍する弦楽四重奏団の演奏会に行ったので、
そちらの方が印象深いです(笑)。
この演奏会の話は、後日記事にします。
(記事、また相当溜まっているよ!!!)

ところで、旬は過ぎましたが、毎年夏にうちの街に良く咲く花。
夏の風物詩

どう見ても、たわしみたいなんだけど。
なんて名前なんだろう・・・。
たわしの花

わが街の夏の風物詩です。

シュラディエック
最近調子がいいのか、一発合格が多いです♪
手のひらのヴァイオリン筋肉がついてきたのかな?
弾くのが楽になってきた。

小野アンナ 重音音階
飴の次は鞭!!!
私の重音音階を聞くと、本当に情けない顔をする先生(T_T)。
2ヶ月やっても上達の見込みがないので、今回でおしまい(ええっ)。
アンナちゃん、さようなら・・・

次回から、先生オリジナルの音階練習プリントになりました!
先生手書き譜面です!
あぁ・・・本当にできないのが情けないです。

やさしいカイザー35番
弾けるようになってきたけど、速度が遅いのでもっと速く弾くこと。

ウェーバー クラリネット協奏曲No.1 第1楽章
今回もクラリネット譜面をヴァイオリン用に直す作業。
カデンツァは飛ばす予定だったけれど、
私が弾いてみたところ、意外といけるんじゃ!?ということで追加。
譜面直しは、あと1ページほど残して終了。

第3楽章は、いかにもクラリネットポルカみたいな曲なので、
本当にヴァイオリンで弾けるのか、という疑問を投げてみました。
「ヴァイオリンの音階特訓にとてもいい曲なんですよ〜♪」とのことです!
音階特訓・・・ね!?
posted by まみ at 16:44| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする