2014年07月15日

5月の演奏会

記事が現実に追いついてきた!
(といえど、昨年の記事は放置が多い)
5月はずっとずっと夢見ていた、弦楽四重奏デビュー!!!でした。
思えば、大先輩コンマス氏より昨年に声をかけていただき、(この辺の記事)今年から始動した弦楽四重奏。
本当に月一の練習会が勉強になっているし(予想通り、一番指導されているけれど・・・笑)、何より楽しいです。

弦楽四重奏を始めて、今までアンサンブルでいかに誤魔化して弾いていたことか!
痛感しました。
一人でも音が狂うと調和が乱れるのが丸わかり・・・。

2ndの役割も難しくて、基本はチェロのリズムや入りを聞きつつ、
1stに添う形で弾く時もあれば、Vaと添う形で弾くこともあり。
この箇所はどのパートと見つめあって弾くのか、とか色々勉強になります。

発表会は、モーツァルトKV.160の初期カルテット。
人に説明する時は、ディベルティメントK.136の第3楽章のはじまりとそっくりと言っておけば、大体納得してくれます(笑)。
モーツァルト先生は得意じゃないのですが、この曲は弾いていて楽しい。
気がついたら口ずさむメロディです。

演奏会とランチ

トップバッターだし、初の弦楽四重奏だし、緊張するかと思いましたが、
緊張はまったくなく、楽しく弾きました♪
演奏会前に子供から楽器組のカルテットのメンバーにお昼誘ってもらい、
色々話が出来てリラックスできたのもよかったのかな?


※こっそりほんの少しだけ音源です。やっぱり1stがいいと素敵ですねー。
音源聞いたら、コンマス氏の言うとおり2ndが主旋律になるとしょぼい(笑)!
自分が主旋律の時はもっと強調せねば。

次はむちゃくちゃ格好よすぎて大好きな楽曲です。
し、か、し、楽譜をもらってみたところ、なんじゃこりゃあああああー!
弾けないよー!!!練習音階みたいだよー!!!
この楽曲、完全に2ndが影の主役なんだけれど・・・。
来月から練習に入るけれど、大丈夫なのか。弾けるのかな!?

楽譜

5月はLFJとヴェンゲーロフのコンサートにも行きました!
ヴェンゲーロフは前から2列目だったのでガン見です。
ヴェンゲーロフはロマン派とかロシア作曲家の演奏が大好きです♪♪♪
歌うような音色が本当に素晴らしい。
6月の発表会前にヴェンゲーロフマスタークラスも受講したのですが・・・
その話は次の記事に。

posted by まみ at 20:17| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。