2015年03月31日

シューベルト弦楽四重奏のマスタークラス

ヴァイオリン人生最大イベント記事の前に、こちらの記事から順を追っていきます。
昨年の秋、某音大でシューベルトの弦楽四重奏のマスタークラスを聴講しました。
↓毎年やっていて既に12回目なんだとか。
http://www.tvumd.com/program/detail/?event_code=projectq&program_id=this_time

何せ、私が今取り組んでいる楽曲がシューベルトのロザムンデ。
ロザムンデを弾く団体がいるし、先生は元東京クヮルテットの原田さん2人。
これは、聞きに行くしかないでしょう!!!

生徒さんは皆、音大生。
しかし、先生方から注意されていることを聞いていると・・・
あれ!?普段私がコンマス氏から注意されていることとまっっったく同じ点ばかり(笑)。
音大生でも基本的なことを注意されるのですね。

大変参考になった点は、座る位置。
同じ団体なのに、ヴィオラとチェロの位置を変えただけで音がこんなに変わるとは!
Vn2の隣にVcだと、全体の調和を重視。
Vn2の隣にVaだと、個々の演奏を重視。
なんだそうです。
もちろんホールの響きなどで変えることもあるでしょうが。。。

あと、弦楽四重奏団体とはいえ、やっぱり誰か1人に集中攻撃指導されているのが気になりまして・・・。
まるで自分と姿が重なる(笑)。
後日、ヴァイオリンの先生に聴講した話をしたところ、先生まで
「弦楽四重奏だと1人に集中攻撃指導されやすいんですよねー。」
と!!!
弦楽四重奏のマスタークラスは大変だ。
なんてその時は、他人事のように思っていたのでした。
posted by まみ at 18:29| コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

3月の発表会曲

桜が満開の季節ですね。
前回のかぽさんからのプレゼント、さらに何かに使えないだろうかと考えて・・・
桜のカップちらし寿司と、余った寿司で普通の桜のちらし寿司を作りました。
img1426574477207.jpg
ってか、あまり桜見えない。
ちらし寿司写真は影で暗くなっているしorz

ヴァイオリン人生最大イベントが終わり(次くらいに記事にします)、
もはや抜け殻ですが。。。
貴重な体験が出来たお陰で、ヴァイオリンのやる気はますます燃え上がりました!!!

前置きが長くなりましたが、3月のレッスン記事。

「小野アンナ」
G線オクターブ練習だけでなく、各線オクターブ練習が加わりました。
G線の高音はまだまだ慣れません。

「クロイツェル23番」
カデンツァ地獄です。無料楽譜があったので見てください。こちら!
kreutzer23
こちらはほんの一部であり、これが延々2ページに渡って続きます。
楽譜を見るだけで目が拒否します(笑)。
というか、乱視の私にはちょっと辛い譜面。
今は一気に弾かずに、4つの音符を1スラーずつで弾いています。
あっ、次回から8つ音符を1スラーでした。
そのうち普通に弾くんでしょうね。
合格までの道のりは長そう・・・

「発表会曲」
相変わらずどこもここも難しくて、どこから手をつけて良いのかわからない状態です。
どうにもならないのが、フラジオです。
いままで指を1本で軽く押さえるフラジオはやったことがあるのですが、
重音フラジオというのでしょうか?(正式名称知らない)
同じ弦で片方の指は軽く押さえて、もう片方の指はしっかり押さえるというフラジオは初めてです。
ゆっくりやれば音が鳴るようになってきましたが、瞬時にチャン、チャン、チャン♪と鳴らせません。
発表会に間に合うのでしょうか。

最後に余談。
我が家の奥からなんと、一眼レフカメラを発見。
20年位前に買った父、操作が難しいので放置していたらしい・・・
という訳で、私がもらう!と宣言して、ただいま図書館で借りた本で勉強中。

ちょうど桜の時期なので、桜を撮影練習にしようと思います。
でも、フィルムですからね!?
練習に使うのは、もったいない(笑)。
posted by まみ at 23:40| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。