2015年05月25日

自分がマスタークラス受講!?

弦楽四重奏結成から1年経ちました。
そんなある日のこと、マスタークラスを受講してみようという話が持ち上がりました。
確かに、お金を払えば誰でも受講できるのですが・・・・・・。
先生方はジュリアード出身のプロだったり、東京クヮルテットの助手だったり!

先生方の耳には騒音・雑音にしか聞こえないのでは!?
まだ100年は早いよ〜(笑)!

と思ったものの、メンバーのやる気に圧倒されて(笑)、受講することとなりました。
結論から言えば、受講して本当に良かったです。

1日目は朝9時〜夜9時まで、びっしり組まれたスケジュールをこなすだけで精一杯。
2日目は朝から夕方まで。
濃密なスケジュールかつ有意義な時間。
先生方のマスタークラスも見られて面白かったです。

技術的なことは勿論なのですが、それ以上に自分はどんな音楽を作りたいのか?
どういう風に弾きたいのか?
曲想についてはうっすらは考えていても、深く考えていないし、
大いに話し合うこともなかったかなと。

ちなみに、普段の練習では私が集中的にコンマス氏から注意を受けるので(笑)、
今回のマスタークラスでも私が集中的に???と覚悟を決めていたのですが、
以外にも別パートのメンバーの方が集中的に指導されていました。
私は適度に、と言う感じ。
私があまりにも下手すぎて指導できなかったんじゃ・・・と思います。
音源を聞いたら、自分だけ下手すぎて泣きたくなりました(ToT)。
それから他のグループのマスタークラスも本当に上手で勉強になること沢山でした。

先生方のちょっとしたアドバイスで弾き方ががらっと変わった、
とメンバーにも言われたし、貴重な体験ができました。
自分にとってヴァイオリン人生最大のイベントでしたが、
この体験を糧にして引き続き、頑張ろうと思います!
posted by まみ at 18:19| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。