2012年05月13日

LFJ2012〜Le Sacre Russe 1日目

今年のGWは沢山の人に会う機会に恵まれて、嬉しかったです♪
先週、私にとって驚く事件もありましてね!
(おいおい、LFJ後日談オチで語ります)

まずは、参加した5/4のラ・フォル・ジュルネレポートです。
この日は、朝〜晩まで参加しました。
4公演だけなのに半日以上もいた(笑)。
lfj2012
この日はカメラを持参しなかったので、壊れかけた携帯バカメラ(笑)撮影です。
ブレまくり、鮮明ではない画像ばかりでスミマセン。

●公演251
ヴァイオリン:川久保賜紀、ピアノ:エマニュエル・シュトロッセ
■イタリア組曲(ストラヴィンスキー)
■詩曲(ハチャトゥリアン)
■4つの前奏曲(ショスタコーヴィッチ)
■ヴァイオリン・ソナタ第2番 ニ長調 op.94bis(プロコフィエフ)


川久保さんの生演奏は初めて聴きます!
「イタリア組曲」以外は、なんと言うか・・・現代ロシア作曲家らしい楽曲です(笑)。
私の位置からだと、川久保さんの横向き姿を多く見ましたが、身体が華奢で細い!

「イタリア組曲」は、セレナーデの緩急つけた“ため”の演奏が気に入りました。
他の曲は初めて聞きましたが、「4つの前奏曲」はどれも1分程の短い楽曲。
にもかかわらず、どれも超絶技巧でした。
最後の「ヴァイオリン・ソナタ」の時、震度3の地震が会場を襲う!
観客は動揺。ざわめく会場。
しかし、川久保さんは動じずに集中して演奏を続けていました。
私も初ソロ演奏披露時に地震がきて、弾き続けたことを思い出しました(^_^;)。
ホント、地震はもう勘弁して欲しいわ・・・。

この後は、ランチ♪
昨年のおしゃれカフェへ。
写真が本当に酷いことになってますわ・・・
ランチ

通りすがりに、ルネ・マルタンさんを初めて生で見た!(左から2番目)
他にもキッズプログラム向けのギャラリーを見かけたり。
ルネ・マルタンさん初めて見た

●公演273
松山冴花さんの演奏。
仙台国際コンクールで優勝された方で、現在勢いのある奏者なんだとか。
座席100人ほどの小部屋でしたが、この広さだとヴァイオリンの音を堪能できていいですね。
運が良いことに1列目正面席、2m先に松山さんがいる状態!
指先のすみずみまで良く見えるので、じっくりガン見でした!!!
音色も素敵だった〜♪
松山さんの姿勢も先生の言われる通りで、本当に勉強になりました。

■古い様式による組曲(シュニトケ)
■イタリア組曲(ストラヴィンスキー)
■憂鬱なセレナーデ op.26(チャイコフスキー)


「古い様式による組曲」は初めて聞く曲でしたが、“古い様式”とあるように、
バロックやロマン派のような楽曲で、とても耳馴染みが良い楽曲。
調べたら、現代作曲家なんですね。
「イタリア組曲」も所々バロックっぽい曲だし、どちらも聴きやすい印象。
「憂鬱なセレナーデ」は、以前神尾さんの演奏を聴いた時に、
なんて暗い曲だろう・・・と思いましたが、松山さんが弾くと情熱的というか。
苦悩し、もがくような憂鬱という印象でしょうか。
奏者によって、こんなに曲の印象が変わるのには驚きました。

近くに、先日の演奏会仲間のHさんがいて、演奏会の前後に話ができてよかった♪
会場で知りあいに会うのは初めてです!
(LFJは待ち合わせしない限り、誰にも出会えない私・・・)

この後、しらはせさんとしのぽんとしのぽん旦那様(初めてお会いした!)と合流。
しのぽんに会うのは2年ぶり!?本当に久しぶりで感激!
今度、またじっくり話したいね〜。
そして、皆で次の公演に向かう。
テレム・カルテット演奏中

向かう途中で見た、テレム・カルテット。
ロシアの珍しい楽器が目を引きます。
音を聴いてみたかったな。

●公演244
下野竜也指揮、読売日本交響楽団演奏
■ルスランとリュドミラ序曲(グリンカ)
■展覧会の絵(ムソルグスキー)


どちらも有名曲です。
音響が悪くて有名な会場ですが(笑)、今回の読響さんの演奏は素晴らしかった!
サントリーホールのような良いホールで演奏したら、もっと感動したのかな!?
読響さんの演奏、一度は音響の良いホールで聴いてみたくなりました。

しかし、演奏に感動した最後の最後に、「キエフの大門」のあのフレーズが!
頭の中が「ナ●コレ珍百●」一色に・・・・・・。
TVの影響力って怖いね!

「展覧会の絵」のプロの演奏は小学生の時に聞いて以来、2回目。
オケのヴァイオリンはいつも動いているイメージがあるんですが、
「展覧会の絵」は意外と休みが多いんだなぁ・・・と思って見ていました。
小学生の時は気がつかなかった点です(笑)。

次の公演まで4時間の空き。
しらはせさんと2人で、ウィンドーショッピングや買い物に興じ、夕飯。
まだまだ時間に余裕あるかと思っていたら、気がつけば公演にちょうどいい時間!
あっという間に4時間が過ぎました。

●公演247
山田和樹指揮、横浜シンフォニエッタ演奏
■弦楽六重奏曲 op.70 「フィレンツェの思い出」(チャイコフスキー)
■弦楽セレナード ハ長調 op.48(チャイコフスキー)


演奏開始前に謎の機械音が鳴りだすハプニングがありました。
音がいつまでも鳴り止まないので、観客は段々笑いに変わるわ、
オケのメンバーも機械音と同じ音を鳴らしたり(笑)。
ハプニングはあったものの、音が止まって演奏開始。(結局、何の音か不明)

「フィレンツェの思い出」は通常、六重奏のところを弦オケで演奏。
弦オケで弾くヴァージョンも格好いいですね。
技術があればアンサンブルしてみたいけれど、チャイコフスキーはどちらも難しそう。
「弦セレ」は、冒頭から「オー人事〜」が脳裏に・・・(お約束)。

横浜シンフォニエッタは、若いメンバーばかりということもあり、勢いある演奏でした!
山田さんの静と動(静の時はずっと笑顔のまま静止、笑)の指揮も魅力的(笑)。
前の公演の下野さんの指揮も魅力的だった。
翌日ご一緒した、るるこさんによると、Twitterでこちらの公演が絶賛されていたそうです。

ソロもオケも堪能できた1日でした♪
まさに音楽祭!
posted by まみ at 23:59| コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。