2012年05月22日

LFJ2012〜Le Sacre Russe 2日目

昨日は金環日食DAY!
私の住む地域では曇っていたのですが、奇跡的にリングの瞬間に晴れ間が!
しっかり見ることができました。撮影すればよかった(笑)。
興奮して会社に行ったら、誰一人金環日食の話題をしていない!?
朝から飲み会や焼肉の話題ばかりで、正直ショックorz
こんな一大イベントなのに、皆、興味がないのか!?
金環日食などなかったかのように、会社での一日が終わりました(T_T)。
夜の会場

本題に戻して、LFJの話題。
最終日は、るるこさんとご一緒。
LFJ前に、靖国神社へ行った話は次回ブログ記事で♪

●公演324
ヴァイオリンはイェウン・チェ、パリ室内管弦楽団、フェイサル・カルイ指揮
■プルチネルラ組曲(ストラヴィンスキー)
■ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 op.19(プロコフィエフ)

「プルチネルラ組曲」は表題こそ違えど、「イタリア組曲」のオケ版。
こちらが元祖の曲。
ストラヴィンスキー先生は、この曲がお気に入りで、ヴァイオリン版やチェロ版などを編曲したのでした。
ヴァイオリンだと超絶技巧曲の部分は、オケのあらゆるパートが担当しているので、
全体的にかわいらしい楽曲に仕上がっているのが印象的!

「プルチネルラ組曲」は知った曲なので楽しめましたが、
「ヴァイオリン協奏曲」はロシア現代曲的な印象、で・・・・・・。
こちらのホール、ただでさえ響かないのに、席も最悪でした。
前から3列目でラッキー♪と思ったら、端っこの方。
なんと!見えるのは、コントラバスの後姿と指揮者だけ。
ヴァイオリンソリストのイェウン・チェさんに至っては、右手下腕しか見えない!
ひたすらコンバスの後姿を見ても仕方がなく・・・(チェロすら見えない)
気がついたら夢の世界に入っていた(笑)。
こちらのホールは(よっぽど見たい公演がない限り)もう取りたくないorz
しらはせさんもブログで同じようなこと書いているし(笑)。

●公演345
ピアノは児玉桃、ベアルン地方ポー管弦楽団、ジョセフ・スヴェンセン指揮
■バレエ組曲第1番(ショスタコーヴィッチ)
■ピアノ協奏曲第1番 変ロ長調 op.23(チャイコフスキー)


バレエ組曲は初めて聴きましたが、「イタリア組曲」と似たタイプで、
1つずつが短い時間で聴きやすい楽曲。
楽団の演奏が、のだめっぽくて(笑)面白かった!
全員で左右に身体を同じ方向に振りながら演奏したり、パート毎に立ち上がって演奏したり。
目も耳も充分に楽しめました♪

このアクションって、こちらのオケのオリジナルなのかしら?
それとも、元々やるようになっているんだろうか!?
ベアルン地方ポー管弦楽団、来年も来るならチェックしよう♪

児玉さんは、ショパンの時に聞いたけれど、協奏曲とは弾き方を変えているのが印象的。
何度聴いても、チャイコのピアコンは大好き!!!(ヴァイオリンも好きだけど)
今回、初めて生演奏を聴くことが出来て満足です。
いつか、聴き比べもしてみたいですね。

公演後は久々に、はなはなさんに会いました!
顔を見た瞬間、二人揃って「数年ぶり!」ってハモった(笑)。
またじっくり会いたいです。まろさんコンサートも行きたいわー。
3人で少し話した後、お2方は川久保さんのチャイコンを聴くため、ここでお別れ。

私は公演まで時間があったので、無料コンサートを聴きつつ、
小腹を満たすためにベルギーワッフルを食す。
(目当てのピロシキは売り切れでショック!)
入場者は多かったらしいですが、例年に比べて人が少ない気がします。
余裕で座って食べれるし、物販も並ばずに買えたし(笑)。
それでも、昨年に比べると大盛況でなにより。
今年は盛況

無料公演が不思議な電子音だったので、テルミン?何の楽器だろう???
と、思っていたら、演奏終了後に楽団の女性陣全員がマトリョーシカを手にしている。

ますます疑問が沸いた私、演奏後の彼女たちの元へ。
こちら、マトリョーミンという楽器だそうです。
見た目は、聴診器をマトリョーシカ(中身はテルミン)につなげているだけ。
これが楽器なの!?と驚きました。
こんな珍しい楽器演奏が見られるのもロシアがテーマならではですね。
せっかくなので、写真撮らせてもらえばよかった。私のバカ〜!

代わりに、広場に飾られたストラヴィンスキーのバレエ曲をテーマにした花。
三大バレエ

考えてみれば、生演奏で聴いたことがあるのは「火の鳥」だけです。
いつかバレエとオケの競演も生で聞いて(見て)みたい。
きれいな花だ


●公演356
チェロ:タチアナ・ヴァシリエヴァ、ピアノ:プラメナ・マンゴーヴァ
■イタリア組曲(チェロ・ピアノ版)(ストラヴィンスキー)
■チェロ・ソナタ ハ長調 op.119(プロコフィエフ)

チェロは、ロストロボーヴィチ国際チェロ・コンクールで優勝した実力者。
使用楽器はストラディヴァリウスの“Vaslin”だそうです。

「イタリア組曲」チェロ版は、大筋はヴァイオリンと似ているけれど、
まったく違う楽曲あり、ヴァイオリンにない楽曲ありで、新鮮でした!
ヴァイオリン音域で弾くところあり、指板を上から下まで使っていたので、
ヴァイオリンより難易度が高いのでは!?

チェロソナタは、ロシア的な暗い感じのチェロ曲かな。
2人ともリアクションは激しいけれど、特にピアノのマンゴーヴァさんの方がソリストみたいな激しいノリが印象的(笑)。
マンゴーヴァさん、今回は庄司さんとも競演していたそうです。
この日はスーパームーン

この日はスーパームーンでしたが、写真が上手く撮れず。
夜の写真は難しいですね・・・。

この2日間のレポートを書いて気がついた。
発表会曲、バレバレなんじゃないの(笑)!?
LFJその他と後日談は次の記事で。
posted by まみ at 23:51| コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。