2012年07月14日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(16)

ホーマン練習は楽しいですが、こうして練習すると自分の基本がなっていないことを実感中。

ホーマン2巻 154、158、159(公爵のメヌエット)、160、161、163(もの悲しい歌)
見ての通り、ホーマン満載です(笑)。
合格は、154と159と160。
154と159は本当に苦手でした!
スラー+スピカートのコンボがまだ慣れない。

久々の録音が苦手曲だとは(T_T)。
こうして録音すると、苦手すぎて音程まで余裕がないのがバレバレ。
低めで狂っていますが、これも反省として記録に残しておく(笑)。

154番


159番(公爵のメヌエット)
ちなみに下パートは初見で弾いたので、音程酷いし、途中が上パートとあっていない。
この曲は難しくて嫌いなので、下パートの録音しなおしもしません〜(笑)。

メヌエットってより、演歌にしか聞こえないのがツライ(>_<)。

「校長先生のカノン」(155番)はやらないらしい?
タイトル面白いのに(笑)。

159番はおそらくオマケ合格。
最後の一音が大きく終わりがちなので、静かに終わること。
録音音源は静かに終わることを心がけましたが、下パートが大きい音になっているorz

スラー+スピカートのコンボはスラー最後の音も切る感じで。
スラー最後の音+スピカートを全てスピカートで練習する。

クラリネット協奏曲第3楽章
最後まで行きました!
とはいえ、ホーマンに時間を割いたので、5行くらい弾いて終了orz
次のレッスン曲も決まったことだし、7月中に合格するのが目標です。
posted by まみ at 17:55| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。