2013年02月12日

べとべんアンサンブル練習会

無事にショッピングセンター演奏会終わりました♪
本当に楽しかった!(緊張はゼロでした、^^v)
吹き抜けだったので、上にいるお客さんから見られる経験も初めてです。
聴きにきてくれた皆様、応援メールをくれた皆様、ありがとうございました。
詳細は後ほどブログ記事にします。

演奏会が終わったとはいえ、次に迫る発表会!
月末に参加するアンサンブル発表会は某SNS発端の企画。
こちらの発表会は第1回目からちょくちょくお客として応援しに行っていました。
演奏で参加するのは初めて。
発表会といっても、セミプロの方も混じっているので演奏会と言うレベル。
ホールも最初は区の施設だったのに、いつの間にかプロが演奏するホールにグレードアップ!

昨年の晩夏頃、ベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」合奏のお誘いがあり、
別の初級者チームからも合奏のお誘いがあって、2グループ参加することになりました。

「皇帝」は、ベートーヴェンの中でも3本の指の中に入るくらい好きな曲。
即OKしてしまいました(笑)!
しかし、大好きな第1楽章ではなく、第2、3楽章を演奏します。
第2、3楽章もいい曲だけどね。

編成は、Vn1×2人、Vn2×2人、Va×2人、Vc×1人、Fl×1人、Fg×1人、Pf×1人という大所帯。
こんなに頼りないのに、2ndトップサイドになったワタクシ。。。

コンマスさんがセミプロで指導をしてくれるのですが、本当に勉強になることばかり。
この中で一番足を引っ張っているのが、我らがバイオリン2nd(笑)。
コンマスさんから「2ndさんだけそこ弾いて〜」「2ndふたりの音が合っていない!」「2ndさん、●●を××して〜」「弓を使いすぎ!一生懸命弾き過ぎです!」と一番指導されまくり。
コンマスさんから「言い過ぎています?」と尋ねられましたが、
「もっと言ってください!」とM発言のセカンド(笑)。
“つかんで抜く音”“遠くに飛ばす音と近くに飛ばす音の弾き方”などなど・・・
すぐには改善できない(私にとって)難しい要求なのですが、
これだけ豪華なメンバーで合奏すること自体楽しみです。

オケ経験のない私にとって、ベートーヴェンのオケ楽譜は経験したことがなく、慣れません。
十数小節休符とか(ボーっとしたら終わり、笑)、ひたすら刻みとか。
第2楽章を最初見た時、シャープ6つで眩暈がしました。

しかし、何度か弾いているうちに頭に入ってきたのか、少しずつ慣れつつあります。
こればかりは経験かなと。

年始練習はダブルブッキングで、午前がこちら、午後が初級者チームの練習会でした。
ダブルブッキングが大変だ!と思っていたら、私以外の皆様も午後からダブル、トリプルブッキング。
皆様、どこまで元気なのでしょう?
(さすがに帰宅して夕寝したよ!)

もうひとつの初級者チームのお話は次の記事で。
posted by まみ at 21:38| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする