2014年09月20日

6月・いざ鎌倉へ!

茅の輪と結婚式ヴァイオリンから逸れますが、過去を振り返って6月の旅やオフ会の話です。

まずは、いざ鎌倉へ!
なんと、弦楽四重奏の練習会が戸塚でした。
朝から戸塚!?小旅行!
もう少しで鎌倉ではないか!
と思った瞬間、これは鎌倉に行くチャンスと考えました。
トツカーナ
ちなみに、戸塚駅前にあるトツカーナというショッピングビル。
イタリアのトスカーナ地方からとったのでしょうか・・・?

6月の鎌倉と言えばあじさい。
週末の午後にあじさい関連の寺社を巡るのは大変なので、
あえて外したコースにしました。
銭洗弁天に行こうかと思ったのですが、レンバイ(市場)を見た後、目の前に鎌倉宮行きのバスが。
行ったことがないから行ってみよう!とゆるゆる計画でバスに乗ります。
いきなりバスに乗ったので、ヴァイオリンを預けるのを忘れていました(X_X)。

10分ちょっとバスに揺られて鎌倉宮へ。
鎌倉宮
6月週末のアジサイの時期なので、北鎌倉や長谷は混雑がすごかったようですが、(この日ABアンサンブルのお仲間さんがアジサイ見に行っていたのです)外したこの場所はひと気がない(笑)。

続いて、荏柄天神社。
もっと人がいません(笑)!穴場スポット。
太宰府天満宮、北野天満宮と並び、日本三天神の1つだそうです。
大宰府と北野は有名ですが・・・こちらは初耳です。
荏柄天神社
荏柄天神社の道すがら、大木2つの間を通るのが神秘的でした!
普通の民家の通りなのですよ。

近くの有名なアンティーク屋さんを見て、可愛らしいカフェでランチをした後、ひたすら歩いて萩寺へ。
宝戒寺が正しい名称です。

萩が咲いていなくて(当たり前だ!)、萩寺に来たと言う感じがしませんでした・・・。
萩寺

ヴァイオリンを担ぐのがそろそろ限界!
お気に入りの古民家カフェで休もうと思ったら閉店していました(TT)。

鶴岡八幡宮に少しだけ寄り道。
七夕仕様でした。
七夕の鶴岡八幡宮
それから、記事のトップ画像はこちらでの茅の輪と結婚式。
鶴岡八幡宮の茅の輪は流石に大きいです!

もう背中が重い!限界だー!限界だー!と思いつつも、てくてく御成通りを歩き、
和田塚方面のアンティーク屋さんへ。
購入はしなかったけれど、値段も庶民的で自分好みのものが多かったです!
また次も行こう。
御成通りの素敵な家
再び御成通りを引き返します。
御成通りはレトロな洋館のお宅をあちこちで見かけます。
様々なお店をひやかした後は、ようやくカフェへ。
優雅にカフェ
こちらは、漫画家横山隆一のアトリエを改装したカフェ。
(隣のスタバは彼の自宅を改装したカフェ)
緑豊かなお庭を眺めながら、ゆったり、まったり♪
こんな静かな時間を過ごすのも大好き。
考えて見れば午前はスパルタ特訓、午後は良く歩きました。

6月はもうひとつ、防音室のある素敵なお宅でオフ会というのがありました。
10人以上呼べる、新築かつオサレなお宅!
いいなあ、宝くじ当たったら防音室つきの家を建てたい・・・!!!
壁一面がオーディオとか、もう一方の壁一面は楽譜入れとかもう夢のよう〜。

弦楽四重奏メンバーで呼ばれたので、カルテット弾きまくり。
初見大会とはいえレベルが高いです。
ハイドンの名曲やシューベルトを初見って(笑)!

パガニーニの楽譜を頂きましたが、弾ける日は来るのだろうか・・・・・・・。
posted by まみ at 01:01| 街歩き・旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。