2014年09月18日

バッハ協奏曲1番第1楽章(6)+(7)

まずは関係ない呟きから。
※念のため、ココはヴァイオリンブログです※

NHK時代劇「吉原裏同心」が終わってガッカリしていたら、
次番組が「ぼんくら」!私の大大大好きなシリーズ小説!!!
岸谷さんがあまりにはまり過ぎで・・・!!!ぐっじょぶNHK!
(超絶美少年の弓之助坊ちゃんは誰がやるのか気になるけれど)
この話を読むと、深川巡りがしたくなります。
時代劇大好きな私、秋が楽しみになってきました。

関係ない話を呟き終えたところで、レッスン話。

「クロイツェル10番、12番」
10番が前回で終了し、12番はなんと1回で合格。
1回で音階合格なんて初めてではなかろうか!?
小野アンナは次回からまた復活予定。
それに加えて、な、な、な、なんと!!!
近々、パガニーニのカプリスをやることになりました!
もちろん、24番じゃないですけれど。
カプリスというだけで壁が高そうな気がします。
先月パガニーニの映画を見たので、自分の中ではタイムリーなパガニーニです。

「バッハ 協奏曲第1番 第1楽章」
今回で合格しました。
今までこれで合格もらっていいのか?と思うことが多かったのですが、今回は納得しての合格。
自分にしては珍しいです。
もちろん、改善すべき点はたくさんありますが、今の私の持てる力は出した!と言う感じです。
来月以降、時間が出来たら録音してみようと思います♪

次回は第2楽章。
平行して、次の次に習う鈴木8巻のバッハのラルゴも練習中です。
鈴木教本はこの曲で卒業だそうです。
9巻10巻のモーツァルトはやらないのね。
posted by まみ at 21:37| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。