2015年07月23日

バッハ 無伴奏組曲1番 Presto(1)〜(3)

発表会前後の記事をすっ飛ばして(そのうち記事に!)、レッスン記事。
発表会が終わってから、3回ほどバッハ無伴奏第1番 Prestoを弾いています。
とはいっても、プレストではなく、モデラート以下かもしれない(笑)。

ここ半年は発表会曲ばかり弾いていたから、久々に違う曲が弾けて楽しい!
バッハの無伴奏曲だから更にやる気が漲っております。

次回からこれに加えて、第1楽章Adagioと第3番の第2楽章Fuga・・・「ロンドン橋」みたいな曲(笑)も。
どちらも大好きな曲です!
一気に三曲レッスン!?と驚きそうですが、上記の2曲は、パガニーニレッスンの時と同様重音の一番上だけ弾くだけ(笑)。
本当は完全版で弾きたいけれど、今の私にはまだまだまだまだ無理です。
というわけで、偽バッハシリーズスタートです。

「クロイツェル23番」
やっとやっとやっとやっと合格!
過去の履歴を遡ると、4ヶ月もかかっていました。
1スラー4つ音符ずつ→8つ→本来の1弓を2つ区切り→楽譜通り1弓で弾く
という変遷を経て合格だったのですが、1弓で弾く演奏は聴けたものではありません(笑)。
かろうじて1弓で弾きましたレベルです。
↓以前掲載した23番楽譜の一部。
kreutzer23
私の前にレッスンを受けている方も私と同時にこちらをレッスンをしていたらしく、
私同様にレッスン前はため息から始まっていたそうです(笑)。
それくらい辛かった。ええ、もうやりたくないほどに!
posted by まみ at 00:34| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。