2010年12月03日

周年記念月&レッスン曲練習

ねずみたち(笑)右は、先日のねずみ海の写真より。
気がつけば、早いもので12月!
年の瀬なんですね。

そして、12月といえばヴァイオリン周年記念月!
ヴァイオリンを習って何年か忘れました(ことにしておく)。
今年は●周年記念曲はやりませんので〜。
今は、他の曲を弾く余裕がないもので(^_^;)。

さて、明日はレッスンなのですが──。
次の曲の練習を始めたとたん、再度首と肩が痛む日々。
(力が入っている証拠ですね!)
次のヴィヴァルディのソナタ、本っ当に楽しくない(笑)!
おかしいな?私の好きなバロックなのに。
楽曲はそこそこ難しいので、年内合格は無理だとわかりました。

学習メモ代わりに貼っておく。。。
この音源くらいに弾けたら、冒頭のprestoも楽しいのかも。
(というか、私が練習しているのと同じ曲に聞こえない・・・!)

私が弾くと、いかにも音階練習の速弾き練習曲だしね。

で、現在のレッスン曲「ホーム・スイート・ホーム」。
明日が仕上げレッスンの予定なので、必死です!
スピカートがあああぁ・・・!
一瞬コツがわかった気がするけれど、翌日になると忘れます。

この楽曲、ヴァイオリンで「何か一曲弾いて!」
と言われた時の十八番に良い曲かなと。
基本は「埴生の宿」だから誰もが知っているメロディだし。

と、思っていたら、同じことを母に言われました。
「もっと上手く弾いたら、十八番に良い曲ね!」

もっと上手に、か。
現状では、これが精一杯!
十八番にするには、まだまだ修行が必要(笑)。

そういえば、久しぶりに白本4巻を弾いているわけですが。
たまに以前レッスンした曲を弾いてみるとわかったこと。
以前弾いたエックレス、アッコライ、ヘンデルのソナタNo.2は
当時レッスンしていた時より、上手く弾ける様になったと感じます。
(エア・バリエは弾く気が・・・;;;)
久々に弾くから、躓いてばかりなのは当然なんだけど(笑)。

当時は確か「音と音がぶつぶつ切れる。音がつながらない!」
と悩んでいた頃だから。

ほんの少しでも前進していることがわかっただけで、
やる気がまた出てきました(^^)v
周年ということで、また気持ち(目標?)を新たにしたいものです。
posted by まみ at 23:38| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

演歌

最近、2〜3日に1回しかヴァイオリンを触っていません!
緩やかに技術力が後退している気がする今日この頃。

先日、某練習会で弾いた演奏録音を部屋で聞いていた時のこと。
ちょうど母が部屋に入るなり、「ぷっ!酷っ!」と笑いました。

思いっきり私のソロの箇所だよ!!!

ちなみに弾いていたのは「4つのヴァイオリンのための協奏曲第4番」(1st担当)です。
10番に比べるとなじみの薄い曲ですが、短調なので
第1楽章のアダージョは、もの悲しい感じで弾いているつもり・・・でした。

しかし、悲しいかな。
私の演奏は、どう聞いても演歌(笑)。
母が笑うのも当然です。
音楽専業の身内ははっきり言ってくれるので、
反省という意味では助かります(笑)。

この曲、本来はもの悲しいではなく、荘厳な感じで弾かないといけないとか。
現在、荘厳な感じの弾き方を色々研究中です。
CDの感じを真似てみたり。
しかし、曲想はわかってもその通りに弾きこなせないのがまたも悲しいところです。
フィギュアスケートとかもそうだけど、表現力が欲しい今日この頃。
まずは演歌調を卒業することから始めないと(笑)。

そういえば、メンコンは未だに演奏するのも精一杯なので、
曲想を考える余裕すらありません(--;)。
posted by まみ at 21:34| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

首・肩・腕の痛みとの戦い

新職場は近所なので、18時に帰宅できる!
ということで、練習もその分できると喜んでいたのですが・・・。
生活リズムと仕事が変わったので、疲れて寝てしまう日々(笑)。
早くこの生活に慣れたいものです。

ここ2週間ほど、まともにヴァイオリンを触っていなかったので、
首、肩、腕は全然痛くなく、整形外科にも通わなかったのですが・・・。

昨日は久々に練習したら、肩や腕の付け根などが痛くなりました。
メンコンは確実に痛くなります(笑)。
筋肉や体力もなくなった気がします。

そういえば、未だに第1楽章を通しで弾けません!
第1楽章を通しで弾ききる体力が欲しいです・・・。
今のところ2ページ弾いては休み、という感じ。
しかし、2週間弾かないと技術も酷いことになってますね。

先生が筋肉の痛みにはピッ●エレキバンがいいよ、という話を
前回のレッスンで教えてくれました。
既に私、酷い時はお世話になりっぱなしですが・・・(笑)。

一部のブログでは関連商品の●ップマグネループが話題に
なっていましたが、あれもよさそうですね!
しかし、私は既に代替品を以前から使用しています。
ファ●テンのラ●ワネック・・・(笑)。
よく、スポーツ選手がつけている商品です。
(練習会などでこっそり?つけているので、ご存知の方も多いかも。)

効果の程は、どちらがいいのかわかりません。
ファイ●ンはスポーツ向きなのかな?と思いつつも、
筋肉痛や肩こりに効能があるとあるので、効果は似たようなものかもしれません。

自分的に、近頃効く!と感じたのは「バイオリン体操」でしょうか。
以前、購入した「弦楽器奏者の痛みと対策」より良かったかな。
何でも準備運動、後のケアが大切なのだと感じる今日この頃です。

と、言っても全然練習していませんが・・・今日もできなかったorz
posted by まみ at 21:32| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

久しぶりに復習

今朝の地震も気がつかずにぐっすり眠っていた私です。こんばんは。
ついに・・・あまりコメント開示しないうちのブログにも
変なSPAMコメントが書き込まれるようになりました(ノд-。)。
検索で引っかかるようにしているブログなので仕方がないことですが。
面倒くさいですね〜。
コメントを開示しないのは、昔サイトの掲示板にSPAM攻撃されて
処理に困ったからなんですけれど。
Seesaaブログのコメント欄に認証パスワード機能とかないので防衛が難しいのです。

先日、やまさんのブログでフィオッコのアレグロを聞いて
つい懐かしくなって、自分の当時のレッスン記事を見てみたわけです。
ちょうど1年以上前になるのかな。
結局アレグロで弾けないまま、フィオッコのモデラート位で終わった私。

最後のレッスン記事を読むと、

先生「1年後とかに再チャレンジすると、アレグロの速さで弾けますよ。大丈夫!」

と書いてありました。
そんなわけで、1年以上ぶりにチャレンジしてみました。
モデラートどころかフィオッコのアダージョになっていた(笑)。

進歩どころか後退しているーーー!
o......rz


忘れているのを差し引いても、あまりに進歩の後が見られない。
当時よりまともに弾けたところは、プラルトリラー位?。
久々に凹んだ瞬間でした。

フィオッコついでに鈴木6巻を色々弾いてみたところ、
唯一進歩が見られたのが「ラ・フォリア」くらいでしょうか。
当時、苦手で弾けなかった重音や1スラー12音がすらすら弾けるようになっていた点はびっくり。
「ラ・フォリア」は変奏曲だから、どういう箇所が弾ける様になったかというのがよくわかりますね。
たまにこうして振り返るのもいいな、と。
進歩していない部分もあれば、少しは改善している部分もあるのがよくわかりました。

復習もいいけど、当面の目標のメンコンとスピカートも頑張らないと。
夏休みに色々練習したいと思います。

しかし、私の夏休みはまだ来ない。
秋のGW5連休・・・シルバーウィーク(と言うらしい!)の方が長く休めるって・・・。
posted by まみ at 22:39| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

脱力を心がけないと

先週はレッスンが無く、日曜日に弓の毛替えをしたため、
ヴァイオリンの練習はほとんど進まず。
たまにはいいよね!?
お陰で、身体の痛みは全くなし(わかりやすい)!
今日久々に練習したら、肩が痛んできた・・・orz

前回のレッスンを録音したので、先生の「オベルタス」の冒頭の弾き方と
私の弾き方があまりに顕著で面白いです(←面白いの?)!

先生のは歯切れが良くて格好いいけど、私のは響きからして違う!
ダラダラしているというか。発音が悪いのか。
どうやったらあんな格好いい響きになるんだろう!?

この曲は重音だらけなので、重音=力が入ってしまいます。
重音の時「おりゃぁぁぁー!」と心の中で叫びながら弾くのがいけません(笑)。
※悪い見本なので、良い子は真似しないように。※

それだとまた首や肩を痛める原因になるので、
脱力、脱力!を意識しつつ、弾きたいです。
(と言いつつ、途中から忘れて力が入った重音に・・・;;;)
「脱力」って書いた紙を目の前に貼ろうか・・・orz

ヘンデルのソナタを弾く時はいつも首を痛める私ですが、
オベルタスは左の肩甲骨が痛いです。
日曜日のオフ会は1stポジのやさしめの曲ばかりだったので、
痛みは無縁だったのだけど。。。
やはり自分にとって難しい曲になると力が入ることがはっきりわかります。

「オベルタス」は今までに無い感じの難しい曲なのですが、
練習はとても楽しいです!(前回のダンクラとやる気が違う・・・)
前半は大分弾けるようになってきたけれど、
後半は、本当にゆっくりしか弾けない・・・。
後半も普通の速さで弾けるようになりたい今日この頃です。

これ発表会で弾いたら格好いいだろうな。(弾かないけれど)
posted by まみ at 22:00| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

オベルタス練習開始(ムリ・・・)

今週のレッスンはお休みなので、レッスンは次週。
とはいえ、宿題の「オベルタス(2つの特性的なマズルカ)」の練習を本格的に開始しました。
ウィエアニフスキ(ヴィエアニフスキ?ヴィエニャフスキ?)の楽曲というと
えらい難しい、上級者向け・・・という印象しかなく。
以前、kaoriさんのブログでいかに難しいか!ということを見ていたので、
いざ自分のレッスンになると、びびってしまう訳ですが・・・。

難しさが半端ない〜!!!!


今までのレッスン曲なら、ヘロヘロでも通して弾ける?レベルだったのが、
既に弾き方すらわからないところが何箇所か・・・。
グリッサンド(?)の後の指遣いとか電柱みたいなハイポジとか重音とか。
指番号がない重音箇所が1stポジで弾けなくてわからないし(笑)、
指番号通りに弾いてもすっきりしない箇所があったり、
先生助けてー!教えてーー!状態でして・・・。

難しさ一例。
※無料楽譜からなので白本と譜面は異なります※

いきなり重音から始まり。(この曲の半分くらいは重音?)
重音しかないスタート


久々のぐりっさんどー?(この辺の指遣いが???)
奏法が色々あって大変


重音+って・・・うまく鳴らないんですけど。
(単音+も習っていないので、響かない・・・)
重音+奏法って?

電柱か重音しかない後半(譜読みするのもイヤ)
目が回る・・・


電柱か重音しかないってどういうこと・・・!?
眩暈がしてきました(@_@;)。

前半は音楽に程遠いレベル(しずかちゃんレベル)でヨタヨタ弾きをし、
後半は挫折しました・・・orz

で、オベルタスのレッスンブログはないかと探し求めたものの・・・
検索したら、うちのブログが最初に出るし(意味なし)、次はkaoriさんのところでした。
他に何件かあったけれど、あまり数は無い模様です。うーん。
レッスンで習う人は少ないのでしょうか?

Youtubeだと速過ぎて何がなんだか・・・(笑)。すごい〜!素晴らしいー!


今までのレッスンを考えると、最終的にはこの速さで!って言われそうですが。
(できるのか!?)
この曲、弾けたらとても格好いい!けれど、今の私には高い壁・・・!

プロの演奏が聞きたい!と思っていたら、私の好きなパールマンがCDを出しているようです。
収録曲の妖精の踊りやカバティーナは好きだし、CD買おうかしら。

何故この曲が白本4巻に入っているか疑問です。
絶対、白本5巻のヴィヴァルディコンチェルトg-durの方が簡単だー。

せめて次回のレッスンまでに通しで弾けるようにしておきたいものです・・・orz
ってか、本当に弾けるようになるのか!?



posted by まみ at 22:01| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

ヘンデルのソナタNo.2練習

ブログを回っていると、体調を崩されている方が多いようですが、
私も口の中に・・・口内炎を飼いそうな予感が・・・
仕事ピーク疲れかな・・・(TT)。

さて、次回レッスンより、ヘンデルのヴァイオリンソナタNo.2です。
周りにも言われるし、自分でも思うし、先生も言うんだけど・・・
近頃のレッスンの進みが早すぎて目が回りそうです(笑)。

で、次回は全楽章見てきてと先生に言われたので、
全楽章弾いてみたのですが・・・もはや第4楽章は弾けない・・・orz

グリュミオーのCD(ブログの関連記事)を聞いていなければ
勝手に編曲しまくっていたと思います。

例えば、こういうフレーズとか・・・
(ちなみに今回も無料楽譜より。白本楽譜と異なります。)
Handel no.2 score

こんなのとか・・・
Handel no.2 score

ここが決まったら格好いいフレーズ♪・・・は指が回らん。
Handel no.2 score

ヘンデルのソナタの中ではこの間までレッスンしていたNo.4と
並んでこのNo.2が好きです。
唯一の短調だし!(本当に短調好きだね・・・)
特に第1、第2楽章が好きですが、Youtubeだと全楽章演奏で
お手本になるような映像が皆無でした・・・・・・。
弾き方が見たいのに・・・

と言うわけでストラディバリの静止画(笑)。

ヘンデルのソナタNo.2 第1楽章〜第2楽章

これ位弾けたらいいなぁ。
・・・この速さで弾けないといけないのだろうか・・・難関です。

全楽章はなぜかファゴットで見つけました。

ヘンデルのソナタNo.2(ファゴット)

ヴァイオリンよりもファゴットの方が大変そうに見えます。
第2楽章と第4楽章、息切れしそう!

ブランデン練習会でも話題に上がったけれど、
ヘンデルって奏法がちょっと難しいと言うか・・・ごまかせない所が多い気がします。

前回のアッコライみたいな技巧派の曲は多少誤魔化せる部分も
あるけれど、ヘンデルのヴァイオリンソナタって
下手くそな人は本当に下手だってわかってしまう曲なので(TT)、
私の場合、弾くのがかなり苦手な部類です。

好きな曲だし、ヘンデル没後250年のヘンデルイヤーってことで
哀愁漂わせて、スピーディにかっこよく弾けるようにがんばります!
(気持ちだけ)

でも、この曲はヘンデル作曲か怪しいらしいです・・・・・・。
posted by まみ at 00:45| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

Accolay Violin Concerto No.1練習

練習をはじめたアッコライ(アッコーライ、アッコウラ)のコンチェルト。
白本4巻を購入した時、楽譜を見て弾く気にならず・・・
今週になって初弾きです。
通しで弾いたけど弾けたとは言えず。なんですか、この難しさは!
ハイポジが多く、スラーの付き方がいやらしくてつっかえ、重音でつっかえ・・・。

何故、こんないやらしいスラーの付き方なんだ・・・

その1
accolay-score1

その2
accolay-score2

その3(この辺は財津風メロディ?)
accolay-score3

財津風メロディの後半は下のように変化。
調子が狂います

途中から、音符一区切りずつのスラーに戻るのは何故!?混乱する!
(最初からこうしてくれればいいのに、笑)

超?ハイポジション+この先は12小節16分音符重音が連続・・・
(財津5番第3楽章の重音地獄再現・・・)
あぁもうだめ。

※画像は海外サイトの無料楽譜なので、白本楽譜ではありません。。。
しかもこの楽譜、手書き鉛筆文字が入っている(笑)。

何故、Youtubeの子供達(子供の映像しかない、笑)は軽々弾けるのか・・・!?orz



この楽曲は、私の前にレッスンしている方が昨年の発表会で弾いていました。
感想は、圧巻。割と長いのに(演奏が10分くらい)飽きずに聞き入るほど。
これは下手な人(私)が弾くと聞くに耐えない、飽きる曲だと思います!
転調あたりの途中から最後まで財津風になるしね(笑)。
冒頭のドラマチックな展開はとても好きなメロディーです。
(うちの母が特に気に入っている)

ところで、こちらを見ると、アッコライのコンチェルトはLevel4。
(ちなみに私が習っている教本(鈴木6巻)はLevel3、ヘンデルのソナタはLevel4らしい・・・。)
Level10中、●年も習っていてLevel3〜4で「難しい」と言っているようでは先が思いやられます・・・。
ヴァイオリンの道は険しくて長いですね〜。
このサイト・・・ヴィタリのシャコンヌがLevel4?
嘘としか思えません(笑)。

最後にアッコライという人物・・・
ネットで調べたところ、謎が多い作曲家とのこと。
ある作曲者が学生指導曲(この曲)の作曲用に使った偽名という説もあるそうです。
白本が好きな(?)リーディング、財津などと同じ時代の方。
それゆえ、似た感じのフレーズが多いのも納得(笑)。

Wikipediaにもアッコーライのコンチェルトが掲載されていました。
Wikiでは、この楽曲「やさしいながら」って解説が・・・・・・orz
私も「やさしい曲ね!」とか言えるようになる様(笑)、頑張りたいと思います。
当分無理でしょうが。。。
posted by まみ at 23:59| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

飽きっぽい私

新しいネタはなく、相変わらずラ・フォリア練習中。
最近、困ったことに・・・飽きてきました(笑)。
曲は好きだし、まだまだ全然弾けませんが、(3、4ページ目は壊滅状態・・・)
変奏曲って、同じ曲をアレンジした曲な訳で・・・
主題+13変奏曲=14曲同じような曲ばかり弾いているようなものなのです!
ま、単に私が飽きっぽいのかもしれませんが。。。

でも、以前弾けなかった部分が少しずつ弾けるようになるのは嬉しいことです。
最初はかなり四苦八苦していて「これは弾けない!」と思ったものですが、
形だけでも弾けるようになってきたかな?とか。

1年前から好きな曲ばかり弾いていたレッスンから、
数年ぶりに教本に戻った訳ですが・・・
ラ・フォリアっていわゆる練習曲の要素が満載なので、
自分の苦手な部分(重音、スタッカート、裏拍の取り方・・・)がわかりやすいし、
特に、今まで重音の曲を避けていたことがよ〜くわかりました(TT)。

ヴァイオリン暦○年とは思えないほど、重音が下手で下手で・・・。
エックレスやエア・バリエなんて適当重音でごまかしていたわけですが・・・
ラ・フォリアで漸く重音の弾き方のコツが少しずつわかってきただけでも収穫かもしれません。
わかっていても毎度上手く弾けるとは限らないのよね(^^;)。

さて、飽きっぽい私は、ラ・フォリアの練習もそこそこに別の曲を・・・
ということで、次の曲の予習を始めようと思ったのですが。。。
(ラ・フォリア、まだまだ合格しないと思うけど・・・笑)

次の曲、何をやるかわからないのです(笑)。
鈴木6巻の残りの曲は、ラモーのガボットとヘンデルのソナタNo.4。
どっちだろう???

ラモーは、6巻の中で一番簡単に見えるので飛ばす気がします・・・?
(なのに掲載順は後ろの方。何故?)
ヘンデルのソナタNo.4は、いずれやることが決まっているので
こちらの第1楽章を予習したところ・・・。

長調で、ラ・フォリアと違った趣ですが、この曲は全楽章好き♪
No.3はヘンデル作曲か怪しいみたいですが、No.4は正真正銘ヘンデルの曲らしいですね。
第1楽章は天上の美しすぎる楽曲(Vn暦40年の大先輩に弾いて頂きたい曲、笑)


(※参考までに。上の映像、パイプオルガンで伴奏しているのがイイ!)

・・・がっ。

むーずーかーしーいぃーーー!!!

CDやYoutubeで音源を聞いていなかったら、
拍の取り方が絶対わからなかったと思います(笑)。
この独特の拍は何!?32分音符が多すぎる!

第1楽章はとにかく美しく美しく弾きたいけど、
自分の腕では限界があるような気がします・・・(TT)。

先の予習よりも、ラ・フォリア完成に向けて頑張ろうと思いました。
あれっ!?
posted by まみ at 11:20| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

久しぶりの練習〜オクターブとの戦い!

久々にブログを書いたら、エラーが出て全部パーになって書き直し(TT)。
Firefox3にしてから、予期せぬクラッシュで落ちっぱなし・・・。
どうも調子が悪いです(TT)。

その上、この日のブログ記事の最初の食事写真が事故米だったと知り、
またもやショックを受けております(笑)。
あ、美少年も少し飲んだな・・・私。

2週間レッスンなし、2ヶ月ブランデンの練習日がなし、
先週は調子が悪い・・・ということで、予想通りとはいえ──。

まったく練習しておらず、モチベーション下がりっぱなしでした。

そりゃ、ブログ話題にも事欠くわけです(笑)。
ただし、良いこともありましたよ。
練習してなかったお陰で、腱鞘炎気味の腕の痛みがなくなりました!

という訳で、腕を痛める前に練習していたやさしいカイザーの
スケール練習を再開しました。
こんなに高いオクターブ音階弾くのは、初めてです!
(8---の部分がオクターブ)

恐怖のオクターブ

実際指を置いてみると、一番高いGの音は指板の端です(--;)。
既に第何ポジションなのかも不明(笑、10は超えていると思われる)。
届きません・・・(笑)。
腕を内側に入れるように工夫したりしてやっとこさ届くのですが、
またこんな弾き方をしていたら、腕を痛めること確実なので、
どうしてよいものか。。。
しかもスムーズにできず、ポジション移動する毎に
腕の位置を試行錯誤しながら弾いている状態です。
指板端位置になると、隣の指の音は3度違うんですね〜。

そして、実際に音を鳴らしてみるとこれがまた酷い!
キーキー鳴る音は・・・そう、初心者の頃にやっていた音そのもの!!!
ご近所の皆様、申し訳ございません・・・・・・。
自分でも耐えられないほどの酷い音です。
音が高い分、黒板を爪でキーキー鳴らしているような音に近い(@_@;)。
音も酷いけど、腕を痛めないで弾く方法も先生に聞いてみようと思います。

他にも色々練習してみたのですが(以下のとおり)
・ラ・フォリア
・ブランデン3番 Mov.1,3
・ブランデン5番 Mov.1
・ヘンデルのコンチェルトグロッソ10番 Mov.1
・内緒の曲(笑、12月に公開します!)

どれもこれも酷くて参ってしまいました;;;
ラ・フォリアは2週間前のレッスンより酷いし、
ブランデン5番は♪=92で弾けなくなってました〜!ま、まずい!

2週間ぶりのレッスンなので、明日は先生に聞くことが満載です。
コンチェルトグロッソ10番 Mov.1の弾き方練習方法も時間があれば先生に聞きたいと思います。
これは、32分音符が上手く弾けず、アンサンブルもずれまくってるので・・・(TT)。
posted by まみ at 14:37| 練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。