2009年06月03日

メンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト楽譜購入

おととい、施設の会場費を払いに行ったついでに
楽器店で楽譜を購入しました。
大きな楽器店ならきっと置いてあるはず!と思ったら、やはりありました。

購入した楽譜は、メンコンです!!!(ピアノ譜付)

メンコン楽譜!


次のレッスン曲(わー!)なので、先生指定の楽譜です(笑)。
1曲しかないのに、値段高っ・・・!眩暈がしました。
白本5巻より値段が高かった(笑)!

しかも「全日本学生音楽コンクール課題曲」なんてシールも貼られていたし。
レジ会計中、店員に「この人はヴァイオリン上級者なんだ!」
と勘違いされていたに違いない。Σ(=o=川)
(いちいち気にしないって!・・・自意識過剰・・・)

もうひとつの買い物は「弦楽器奏者の痛みと対策」。
あちこち身体が痛んでいる私なので、購入しました。
有名な「ヴァイオリン体操」は置いていなかった。
首、肩、腰など各部位のゆがみ直し体操と医学的解説など細かに書かれていました。
小まめに運動してみようかな。

そして、帰宅時にメンコンを譜読み・・・。

・・・(T_T)。

あまりの黒い画面に、もはや途中から音符に見えず。。。
弾けそうな部分が本当にごく一部しかないんだけど!?
メンコン抜粋とはいえ、一体どこをレッスンするんでしょ(笑)。

ちなみに、今日冒頭だけ弾いてみたけど悲惨極まりなかったよ。
ピアノ譜の方が(冒頭は)簡単でした・・・。

楽譜をゲットしたことだし、あとは今月末にメンコンを聴きに行きます♪
休日だったら誰か誘ったのですが、平日でしかも開演が早い・・・。
私自身、会社を1時間早く出なくっちゃ!です。

ここからは、余談です。
ブランデン練習施設で某大学の講座の案内冊子をもらってきました。
某大学のカレッジ講座は江戸の歴史系講座があるので、
以前から「受講したい!!!」と思っていますが、
やっぱり老後の楽しみだよね・・・こういうのは(笑)。
今、歴史勉強しても何も役に立たないし・・・。

という訳で、ビジネス(投資とか)や英語系に目がいきます。
お金もないので、冊子を眺めるだけで満足なんですけどね!

で、更に冊子を見たところ「弦楽器とアンサンブルの世界」講座が!
弾くのではなく、毎回生の弦楽アンサンブルを聞き、
曲の解釈やアンサンブルのあり方などを勉強するみたいです。
興味を持ちましたが、残念なことに月曜の昼間開講でした。
仕事中だよorz

---
最後にメール関連のお知らせ。
Yahooメールを使用していますが、メールの振り分けが変でして・・・。
何故か普通のプロバイダメールでも迷惑メールフォルダに
分類されていることがあるのです!(最近多い!)
忙しい時は迷惑メールフォルダまでチェックしていないので、
過去何度かメールを見落としたかもしれません・・・。
もし、過去に返信が無いとかあったらこのケースかと。
見落としありましたら、ごめんなさい!
(ここ2週間分はちゃんとチェックしてますのでご安心を。)
posted by まみ at 19:27| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

新しいバイオリン教本音源がDL可能に!?

既にご存知の方も多いかもしれませんが、私は今日初めて知った事実(笑)。
次のレッスンのロッシーニの主題によるエア・バリエがわからない!
音源は無いか!とネットサフをしていたところ・・・

楽天で新しいバイオリン教本の音源がDLできることを知りました。
1つにつき150円。カラオケピアノ伴奏まであるし。
30秒のみ無料試聴もできます。

ちなみにこちらは4巻全曲リスト

でも、よく見てみると1曲150円ではなく、1楽章とか1主題150円なのです。
ロッシーニのエア・バリエは5バリエーション。
しかもほとんど1主題、2〜3行しかないのに・・・も、勿体無い・・・!

で、考えると150円×5バリエーション分で750円。
うーん・・・この調子で考えると、高すぎる。
どうしても1曲だけ欲しい!とか、ピアノ伴奏が欲しい場合はいいかもしれませんね。
ピアノ伴奏は心惹かれるものが。
自分の腕にもう少し自信があれば、購入して合わせてみたい!

で、はじめて(無料試聴で)聞いたロッシーニのエア・バリエ。
私の想像と全然違っていました。
いえ、譜読みを間違えた訳ではなく・・・。
最初のAndanteはしっとり弾いていけど、試聴版は快活な感じだし(笑)。
Piu lentoは明るく弾いていたけど、試聴版はしっとりとして時折短調くさい。

試聴版の演奏はシノザキくん・・・篠崎先生の娘さんなんですね。
他の音源も聞きましたが、ヘンデルのソナタを聞くと演歌っぽい(笑)。
私はグリュミオーの音源の影響を受けているので、
快活に!情熱的に!(ただし自分なりの精一杯、笑)弾いていたわ・・・。
奏者が変わると曲の印象もがらっと変わって面白いですね。

エア・バリエの後のオベルタスとヴィヴァルディのソナタも
音源が少しだけ(30秒だから)参考になりそうだけど、
本当に弾けるのか・・・と逆に恐怖が・・・orz
聞きながら、ガクガクブルブル。。。

個人的にはホーム・スイート・ホームのフィナーレがすごいと思いました。
あれだけ弾けたら人前で披露したいわ(笑)。
posted by まみ at 21:50| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

補修しました

しょぼい補修前回、白本4巻のヘンデルのソナタページが取れた!と記事にしたところ。。。
kaoriさんより(名前出しちゃいました、^_^;)「私もー!」とメールが・・・(笑)!

白本4巻・・・取れやすいんですね!
数少ない白本4巻ユーザーの方、気をつけましょう(笑)。
鈴木教本と違って分厚いページなのに、ホッチキス製本はしょぼ・・・いや、なんでもありません。
これだと、5巻6巻はもっと取れやすいんじゃ・・・。

kaoriさんから、ホッチキス&セロテープで補修したと聞いたので、
私も明日のレッスンに備えて補修です。

しかし、取れたページのホッチキスでとめてあった箇所は
既にぼろぼろ・・・(笑)。
セロテープで補修して、同じ箇所に再度とめてもダメでした(TT)。
という訳で、新しい箇所にホッチキスで止めることに。

そんな訳で、製本ホッチキスが3つから6つに増えました(笑)。
とめた箇所が取れないように、今度はセロテープでしっかり補修。
出来がしょぼく、見た目も悪くなりましたが
明日のレッスンに臨めます♪

といいつつ、今日練習できませんでしたorz
posted by まみ at 23:40| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

新しいバイオリン教本4巻購入

12時間半耐久レースの影響は大きく、今週は頭痛に苦しむ毎日でした・・・
一時はモニター見れないほどで、仕事は勿論、ブログ周りもなかなかできませんでした。
自業自得ですけどね(笑)。流石に懲りました!
今日、帰りに整骨院でマッサージしてもらったのですっかり気分爽快!
もっと早く行けばよかった(笑)。

ちなみに、地元のオケのGPって12時間練習なんですよ。
とても入れないわ・・・。
この間は12時間半と言っても、結構途中(夜)はダレまくってたのにこれですよ・・・。

さて、我が家に色々なブツが届いたので、シリーズ?で紹介したいと思います。
まずは「新しいバイオリン教本4巻」。白本です。
今の鈴木6巻のラ・フォリアとヘンデルのソナタNo.4が終わったらこちらを使用するので、購入。

本をめくると、なぜかパガニーニがお出迎えです。
早速、譜読み開始・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。
読めません・・・・・・(笑)。

Youtubeにある曲は聞いたので大体わかりますが、
問題はYoutubeに落ちていない曲!
特に、ダンクラのエア・バリエ(ロッシーニの主題)がわかりません!
(財津やラジオ体操の曲シリーズと思ってください、笑)
#4つ、64分音符(ひぃー!)、ダブルシャープ等など・・・
難しい!また勝手に作曲してしまいそうです。

わからないので、元ピアノ教師の助っ人(母)を呼んで弾いてもらいました。
こういう時は便利な身内利用(笑)。

母「何コレ!?拍取りが難しいわぁ。」
私「でしょ!?」

(演奏終了)

母「この曲、面白くない・・・次のトマも面白くない・・・春の海って琴の曲!?この教本、面白くないわ〜。」
私「やっぱり!!!ヴィヴァルディのソナタも入ってるけど、面白くないよ。」
母「(譜読み)・・・うーん、好みじゃない・・・」
私「でしょ!」
母「今、弾いているラ・フォリアやヘンデルのソナタ、最近弾きだした曲はいい曲よね。」
私「最近弾きだした曲、これ?(ヴィヴァルディのコンチェルトG-mollを演奏)」

イメージとしてYoutube置いておきます(笑)。


母「そう、それそれ!」

やっぱりDNAなのか育った環境なのか、母と私は曲の嗜好がほぼ一致します。
おそろしや、DNA。
という訳で、うちの母も鈴木教本派だということで(笑)。

そういえば、私の友人も親子で某バンドのおっかけをしているような・・・。
これもDNAか!?育った環境にあるのか!?
親の嗜好の影響って大きいのですね。

白本4巻だと、やりがいありそうなのは、ホーム・スイート・ホームとアッコライかな?
エックレスのソナタは既にレッスン済みだし・・・。
オベルタスは論外(笑)。

4巻では、オベルタスが最も難しそうです・・・!
こんな難しい曲、弾いたことがない・・・(@_@;)。。。
(今、kaoriさんがレッスン中ですね!)
将来、私はこれを弾けるのか・・・!?と、眩暈がしました。
重音オンパレードだし、ハイポジだらけだし、使ったこともない+記号連発・・・。。。

鈴木6巻でも難しい!と四苦八苦してましたが、
白本4巻の印象はそれ以上・・・難易度の壁が厚く、高い気がします。
4巻を弾ききったら、相当ヴァイオリンが上手くなる!
・・・と思いました・・・。
うーん、4巻制覇できるのだろうか。
譜読みしながら、アッコライ辺りからヴァイオリン挫折者が
多くなるって噂、わかる気がしてきました。
でも、私は挫折しませんよ!(笑)
posted by まみ at 21:05| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

白本4巻、5巻の試練

会社の忘年会はネパール居酒屋に決定しました。
都合が悪い日なので行けないのですが。。。
どこまで今年はネパールブーム(違)なんだ!
結局、今年はネパール料理を4回も食べましたわ。
1回目のみこちらの記事に載せた別の店でしたが。

さて、今後の私のヴァイオリンレッスンが
鈴木6巻→白本4、5巻に決まったということで。
レッスンする予定の曲目をチェック。
(今まで一部の楽曲しか知らなかったので)

流石、白本!
4、5巻は半分程知らない曲ばかりでした(笑)。
特に5巻が知らない曲だらけです。

知らない曲でもイメージだけをつかみたいので、
Youtubeで音源を探したものの・・・
知らない曲に限って、音源不明(笑)。
困りました。

ところで、4巻の最初の方に出るトーマって誰でしょう・・・!?
(トマのこと?アッコライもアッコウラになっている位だから・・・。)
勉強不足の私なので、ご存知の方、教えてください!(笑)
4巻はトーマ以外の作曲者名は割と知っているけれど、
ヴィヴァルディもモーツァルトも初めて聞く曲ばかりで(笑)。

5巻に至っては知らない作曲者、曲が更に増えています・・・。
5巻の一部の曲はYoutubeで聞いたところ、やたら長くて眠くなってきました・・・(笑)。
聞いているだけでも眠いのに、果たして弾けるのか・・・。。。
ま、当分先のことでしょうけどね。
その時に悩もう(笑)。

私自身が鈴木の曲目が好みということもありますが、
鈴木に比べて、白本は一部の通好みの曲が多い気がします・・・

2巻:リーディングやリュリが多い(この本で初めて知った)。
3巻:財津と似たような曲(笑)のダンクラのエア・バリエばかり。
(※2〜3巻は財津も多いけれど、これはどの教本でも学ぶので)
4巻:また、ダンクラのエア・バリエ(TT)。
(このエア・バリエは音源が見つからないので、どんな曲か不明。。。)

鈴木はCDで、楽曲のイメージをつかんでいましたが、
白本はCDがないので曲のイメージがわかず、
(CD付があるのは知っているけど、わざわざ購入したくない・・・)
Youtubeにも曲がなく、譜読みが苦手な私にとって、この先は頭の痛い状況です。
これは譜読みを鍛える試練なのかもしれません(TT)。
posted by まみ at 22:22| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ヴァイオリンスクール発表会のための ヴァイオリン名曲小品集

ヴァイオリン名曲小品集私が使った教本第9弾!
やっと教本シリーズ最終回。
段々、楽曲が簡単レベルになり・・・。
自分でもヤバイ!と感じ始め、
再びクラッシックに戻りたいと思い、
この本を選びました。

1年前に使用していた本なので、
このテキストは懐かしいというか
最近まで弾いていたような気が・・・。
先生のお許しが出なかったので、
ほとんどの曲は制覇できず。
有名な小品曲が多いとはいえ、レベルは高度です。
このテキストの全曲目リストはこちら

結局、弾いたのは・・・たった3曲orz
(以下の曲名のリンクは、当時のレッスン記事。)

トロイメライ
シチリアーノ(パラディス作曲の方)」
5月のそよ風

しかし、この3曲。
このテキストの中では簡単な部類なのに、四苦八苦。
ポジ移動が多用されていたり、G線ハイポジ弾きだったり、
指番号がやたら難しい!
合格はもらったものの、演奏した!という気がしませんでした。
音を鳴らしているだけ、と言うか・・・演奏レベルに至ってないのですね。
上達したら、いつかこの本に戻りたいです。

ラフの「カヴァティーナ」とかグルッグの「オルフェオのメロディ」とか
パガニーニの「カンタービレ」とか、いつか弾いてみたいわ〜♪
(これらは先生に全て却下されたので!!!)

「シチリアーノ」
これ、指番号がやたら難しいです!
普通に1stポジで演奏させてー!と心の中で叫んで弾いています(笑)。

レッスンでも今までで一番納得がいかない出来で・・・。
久しぶりに弾いてもダメでした。
後半は完全に弾けないので前半のみ。(それでもボロボロ)
今までで、一番酷い出来です(笑)。
勇者な方のみ、聞いてください。

シチリアーノ(パラディス)冒頭だけ


ピアノとヴァイオリンがずれてるのは・・・
ヴァイオリンのテンポが間違ったため、起きた現象です。

あ、ピアノも私です・・・ヴァイオリン以上にダメダメです(笑)。
両手で演奏ができなくなってます〜orz
ヴァイオリンの音を誤魔化すつもりが、余計に酷い!

この曲、冒頭もいいですが、後半の盛り上がりも哀愁があって好きです。
そこが5→4→5ポジなので、弾きこなせないけどね・・・・・・。

昨年行ったコンサートで、この曲を聴いた
母の隣のご夫人が感涙していましたが、
(オルフェオのメロディもすばらしかった♪)
私の演奏だと血の涙を流すこと間違いなしです・・・!!!
posted by まみ at 21:32| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

今すぐ弾きたいバイオリン ベスト20

今すぐ弾きたい・・・私が使ったテキストシリーズ第8弾。
一体、テキストを何冊
使っているのでしょう・・・。

Vn暦6、7年目の頃に使用。
クラッシックがとにかく
やりたくない時期でして(笑)。
ポップスやヴァイオリンロックへと進化!
当時弾いた曲はこちら

この本に入っている「I was born to love you」が弾きたかったばかりに購入&レッスン。
Queen(この曲はフレディ・マーキュリーが元祖だよね)好きなので♪
割と懐かしい?洋楽の有名どころが入ってます。
「君の瞳に恋してる」も弾きたくてレッスン。
後に君の瞳に〜は、オフ会のソロで演奏しました・・・ボロボロでしたが・・・
洋楽に関しては、先生が曲を全く知らないため
すべて「どんな曲なの???」って感じでした。
指導する方も大変だったのではないかと(笑)。
(J-POPも入っていたので先生が薦めましたが、
逆に私が知らなくて弾けなかった、笑。)

この本、割と簡単楽譜です。
なので、ヴァイオリンテクニックレベルはどんどん落ちていきます(笑)。
今になって反省ですね。
この時期は、きちんとした教本楽曲をレッスンで習って、
こういうのをコソ練すればよかったのでは・・・と。

ただ、最初に入っている「A列車でいこう」と「Swing!Swing!Swing!」は
太刀打ちできませんでした。
ジャズって全く違う独自のノリなので、弾けません。

ただ、ポップスもロックも同じことが言えますね。
クラッシックを基礎でやってきた私にとって、
最後までノリが問題だった気がします。
将来、上手くなったら弾きこなしてみたいです。

今回のテキストからの1曲音源披露・・・♪♪♪
このテキスト、クラッシック(かつ自分が習った曲)が
少ないので選曲がないに等しい・・・!
相変わらず練習せずにいきなり演奏・・・。
今回、本当に酷いです!
間違い多いし、音割れしてるし、勇気のある方のみ聞いてください。

木星(ホルスト)


このテキストにカラオケCDがついているので、
バックの音量を大にして誤魔化しましたが、誤魔化しきれてません!
最後はバックの音量負けているのではなく、誤魔化しです・・・(笑)。

ちなみに、あまりに酷いので、途中できっちゃいました〜・・・。
posted by まみ at 21:17| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

ヴァイオリン・スクール2巻

ヴァイオリン・スクール昨日の衝撃の事実・・・
実はですね・・・
1週間ほど前にこの本を
発見したばかりなんです(笑)。

なんだこの本!?って感じで。

中身を開いたら、
ほとんど弾いている模様。
奥付の発行日を見ると、どうやらVn暦4〜5年目に弾いていたっぽい。
新しい先生(今の先生)に代わって音階教本とともに、こちらの楽曲をレッスンしていたと思われます・・・。

・・・ってか、中身を見たらどっかで見たような曲目ばかり・・・
美紀さんなら気がついてますよね(笑)。
美紀さんが現在レッスンで使用されている教本です!

でも、まったくこの教本を使った記憶もなければ、
この教本の曲もまったく記憶にありません・・・。


美紀さんブログコメントで、
この曲、初めて聞きましたー♪
って感じでコメントしていたような気がする、私・・・orz

ま、これが初めてなら可愛い(!?)のだけど、
前にもまったく同じ衝撃的な事実をやっているので、
いよいよボケどころか本気で病院に行った方がいいレベルなのかもしれません。。。

この頃、ヴァイオリンのやる気がなかったので・・・
記憶も一緒になくしたことにしておいてください・・・orz
私生活でも色々大変な時期だったのでね!

その他、言い訳すると(笑)。
それまでこういうのを習っていたのが・・・

a-moll score mov.3

これになったわけで。。。

二重奏楽譜なんですね

プロを目指しているならともかく、大人の趣味で基礎からやりなおしってショックが大きかった、というか・・・(笑)。
ヴァイオリン5年もしていたわけですからね、余計に。

でも、今は感謝しています。
あのまま突き進んでいたら、基本はいい加減だし、教本にもついていけなくなったと思うのね。
むしろ、この頃は、サボりばかりしていたのが後悔です!

今回のテキストからの1曲音源披露・・・♪♪♪
発見したばかりで、今回も練習なんぞせずにいきなりです。
このテキストは二重奏楽譜が多いので、二重奏録音してみました。
このテキスト、アンサンブルに使うと楽しいかも♪

メヌエット(クリーガー)


小学校の時、ソプラノリコーダーで何度も練習した曲なので、
むしろヴァイオリンよりリコーダーで吹かせてください!
・・・と言いたい程、頭の中に染み付いてしまっている楽曲です。

今回の二重奏録音はやまさんのブログに書いてあった方法で
試してみました!面白かった(笑)。
posted by まみ at 17:40| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

バイオリンレパートリー ポピュラー&クラシック名曲集

小品集の教本私が使ったテキストシリーズ第6弾。
実は、この教本の前に1冊あるのですが、
衝撃の事実(オーバー)につき・・・
諸事情により明日の記事?にします。

鈴木教本のヴィヴァルディの
A-moll第3楽章の途中で
今の先生になり、
基本からやり直しと言われ、
基礎音階だけレッスンとか、
音階教本&基本練習の日々・・・;;;
私のやる気の低下は相当なものでして・・・。。。
レッスン・練習をさぼりがちになり、ヴァイオリンをやめようと考えていた頃です。

やっと、先生に何をやりたいか聞かれて。
開放された気分に(笑)!
当時はヴァイオリンレッスンって感じのものがやりたくなくて(笑)。
小品集で好きな曲を気ままに弾きたい!
という訳で、選んだのがこちら。
「リベルタンゴ」が弾きたかっただけです♪

当時弾いた曲はこちら
この本の中から、13曲も弾きました。

「リベルタンゴ」と「To Love You More」は弾きたかったので、
それ以外は先生が選んだ記憶があります。
クラッシックも有名どころの曲ばかりを弾いていましたが、
どちらかというとポップスばかり弾いてました。
でも、ディズニーは「美女と野獣」以外、自分好みじゃないので辛かったです。
ディズニーソングは好きですが、弾く方はあまり好きではないというか・・・。
これはジブリにも同じことが言える(笑)。

ちなみに、この本の後半に「チャールダーシュ」「バッハのシャコンヌ」が入っています。
楽譜見ただけでめまいを起こしそうです。
いつか弾けるといいな♪

このテキストからの何か1曲音源披露ということで・・・♪♪♪
本当は「リベルタンゴ」か「To Love You More」の演奏にしたかったのですが、
著作権がらみで色々ありそうなので、悩んだ挙句選んだのがこれ。
練習をしておらず、いきなり弾いたので、酷すぎる演奏ですが・・・
(第一、弾き方も忘れました・・・)

愛の挨拶(冒頭だけ)



今回から録音音源が大きくなっているので、ご注意を・・・(笑)。
隣の弦まで弾いているのがしっかり聞こえてる!
設定がどうやらマイクモードが「低」だった模様なので変えてみました。

この曲、発表会でもおなじみすぎますね。
メジャーすぎる曲なので、弾きたくなかったんだけど・・・(笑)。
うちの先生が昨年のコンサートで演奏していて、
申し訳ない気分になりました・・・。
posted by まみ at 23:38| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

ヴァイオリンエチュード36 やさしいカイザー

kayser今月はブログ更新強化期間(笑)。
8月に入って毎日更新中!

・・・ということで、今日は
私が使ったテキストシリーズ第5弾。
音階教本ばかり続きますが、
「ヴァイオリンエチュード36 やさしいカイザー」。

現在も使用している音階教本。
音階練習が苦手な私でも、カイザーは曲になっていて楽しい♪
こういう音階練習なら大歓迎〜!
曲自体も、結構好きなものが多いので、気が付けば30分〜1時間近く
練習できる唯一の教本です。
ホーマンみたいに二重奏になっていたらもっと楽しいのにな・・・。

しかし、私の場合、カイザーではなく・・・
最近まで巻末にある音階練習のみをレッスンしていました。
音階、一部は同じところを2周目です(現在進行形)。
ううっ、ただの音階は苦手なんだ・・・5分で練習終了(ダメな見本、笑)。

普通のカイザーは、Vn暦5〜6年目?の時に7番くらいまで弾いて
最近までずっとお休みで・・・久々の再スタートになります。

タイトルに「やさしい」とあるように、カイザー自体は
普通のカイザーに比べて曲が短縮ヴァージョンでした。
だから「やさしい」カイザーなのね。納得!
てっきり、カイザーの曲が多数(100曲とか)あって、
「やさしい」では、そのうち簡単な36曲に限定されているものと思っていました。
ナンバリングは同じようです。

昨日の記事にも書きましたが、弾き比べると本物はかなり難しいです!
でも、その分、力はあちらの方がつきそうなので
うらやましいような、そうでないような・・・。

posted by まみ at 16:41| 教本・楽譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする