2012年03月17日

発表会曲(6)

発表会に向け、着々と要求度が高くなっているレッスン。
今日のテーマは、かすれた音(笑)。

先生お手製重音プリント
やっと合格しました!
で、お手製プリントはこれにて終了。

次はまた、小野アンナに戻るのかと尋ねたところ、
しばらく発表会だから、音階練習は休みとのことです。
発表会後は、何の練習になるのか!?ワクワク???

やさしいカイザー32番
ダウン1音符+アップで1スラー7スタッカート初披露で、一発合格。
ということで、32番は終了。
残るは36番のみ。
カイザーもあと1つで終わると思うと、感慨深い。

発表会曲
この曲は、6つの曲から成り立っています。
1曲ごとに曲想だけでなく、弾き方に変化をつけるのだとか。
そのうちの2曲を弾くので、この2曲に変化をつけることが本日の課題。

華やかな曲の方は、そのままの弾き方でいいけれど、音の響きを大切に。
私のは、弓を押さえつけている音なので、逆に引っ張るような感じで弾く。
最初の2音だけを何度も弾くことになりました。
来週はレッスンがないので、コツを忘れてしまいそう。

短調の静かな曲は、かすれた音で弾くように指示されました。

かすれた音!?
習いはじめの頃は大得意だったけれど(笑)。
初心者のかすれ音と異なり、技術的なかすれ音を鳴らすのは難しい。

少し浮かせる感じで弾く。
かつ、力は入れない。
力を少しでも入れると弓が跳ねるので、親指と中指だけで弓を持って特訓。

その上、ヴィブラートは控えめに!と指示が出ました。
長いフレーズをヴィブラート少なくというのは辛い・・・。
かすれた音を鳴らすのに必須らしいです。

自分の音色を聞く限り、かすれて余計に下手な音にしか聞こえない。
そのうち、演出した「かすれた音色」になれるのか!?
LFJでも発表会曲をたくさん聴くので、その辺を意識してみよう。

帰宅後、母に「かすれ音出すのが難しい」と話していたら、
いつも、かすれた音を鳴らしているじゃない!」とピシャリ。
酷い母の言い分ですが、ごもっともでございます。
しかし、先生が要求するのは技術的なかすれ音なんだ(笑)。

レッスン最後の先生との談話。
「発表会曲の他の技巧的な曲もいつか弾けたら格好いいのに」
と話したところ、先生からものすごい提案が。

発表会後はヴィエアニフスキやりましょうか?と!!!
オベルタスでかなり苦労した記憶しかないので、
その名前を聞いただけで、技巧曲としか。。。。。。

どの曲をやるんだろう?どれも難しそう。
まあ、「モスクワの思い出」をやることはないと思いますが(笑)。
♪あーかーい〜さーらーふぁん〜
(今まで見た中で一番ありえない楽譜だったのが、この曲。)
次回、どの曲をやるのか聞いてみよう〜。
posted by まみ at 23:07| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

発表会曲(5)+練習会

PCのACアダプタか、接続部分の調子が悪いです。
それとも冬だから、静電気のせい?
スイッチ入れても、うんともすんともな時がありまして。
放電したら直りましたが、またいつPCがつかなくなるか!
PCを買い換えるべきなんだろうけれど、今まで使用していたソフトが使えないのが怖い。

先生お手製重音プリント
まだ合格できず!もういい加減合格したいorz
音階を降りる際は、指の位置を確認してから弾く。
いきなり適当なところに指を置いて、適当に弾かない!
(今回、こればかり注意された)

やさしいカイザー32番
ダウン1音符+アップで1スラー3スタッカート音形は一発合格。
よく出る音形なので、困った時はこちらを練習するといいそうです。
・最初は、弓の真ん中から始めるのがコツ。
・1スラー3スタッカートは、弓先近くから一気に根元まで使う

次は、ダウン1音符+アップで1スラー7スタッカートだっけな。
スラーのスタッカートが倍に増えた・・・
※真ん中より根元寄り(1/3くらいの場所)〜弓先より少し手前の間で弾くこと。

発表会曲
今回は重音練習に加え、曲想的なことを学びました。
・最初の音は一呼吸置いてから勢いよく
・四分音符+八分音符のスラーは八分音符の音を強く。今は逆になっている。

最初の音の弾き方を散々言われたのに、もう忘れてしまった(>_<)。
前の生徒さんがしているように、私も録音機持っていこうかな・・・。

レッスン後は、4月の演奏会に向けての練習会。
こちらの練習場で、毎度食べる海鮮丼が美味しかった♪(感想がそれ?)

今回もビデオ撮影したんだけど、相変わらず私の駄目な癖が出まくっている!
こ ん み す だ か ら、 め だ つ ! ! !
せめて弾き方の悪い癖は直したい。
1ヶ月やそこらじゃ無理だろうけれど、徐々に。

今回はオケ経験の豊富な方が参加してくれたので、
いろいろアドバイスなどしてもらって助かりました。
呼吸を入れて弾くのがとても上手な方なので、見習いたいです。

で、指示の1つに「コンミス見る時にメガネマークを譜面に入れよう」
ということになりまして。
メガネ、メガネ〜、と書きながら、コンミス自分やん!みたいな(T△T)。
メガネ=自分が注目される時!ということになります(笑)。
コンマスやコンミスも譜面にメガネマークを書くのでしょうか?
posted by まみ at 00:36| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

衣装購入+発表会曲(4)

先日、4月の演奏会で着る衣装を購入&試着会しました!
メンバーのお1人が素敵なお店を知っていたので、ぞろぞろと行くことに。
ドレスは観賞用だと思っていたので、まさか自分が着る日がくるとは驚き(笑)。

しかし、やばい。
ずるずるドレスを着たらテンションが上がってきた!!!
自分以上に、メンバーの試着を見ると、テンションMAX!!!!!
とても楽しい経験でした♪

チームカラーが決まっているので、その色を中心に試着しました。
同じ色でも、微妙な色合いで似合ったり似合わなかったりする。
自分のお気に入りの衣装の色は似合わなかったけれど。
メンバーの1人が似合っていて、お買い上げしたのが嬉しかった〜!

自宅で衣装を着たところ、家族の第一声は大笑い。酷っ!
キャバ嬢だの胸がないだの、けちょんけちょんに言われましたorz
胸がないのはあんた似じゃ!と母に言いたいが(笑)。
顔は地味な私だけど、巻き髪エクステをつけたらキャバ嬢っぽくて笑えます。
まつげも盛るか?胸も盛るか?
もう笑いに来てください!としかいいようがない〜(^_^;)。

ここからはレッスンの話。
先生お手製プリント
相変わらず合格できず。
微妙な音程がイマイチです。もっと指をひろげること。
このプリントをはじめてもう何ヶ月経っているのか・・・

やさしいカイザー32番
こちらも既に2ヶ月も戦っているけれど、未だに苦手。
現在の変奏は合格。
次の変奏はスタッカートとスラーが混ざっていてややこしい。

発表会曲
今回も、ひたすら先生オリジナル方式重音練習。
頭も腕もこんがらがる。

今更ながら、悩んでいた疑問をぶつけました。
トリルは上からかけるのか?下からかけるのか?
パールマン先生のお手本は早すぎて聞き取れない(笑)。

近現代曲だから、下からかな?と思っていたのですが、上からの指示。
楽曲自体が、バロックっぽいからだろうか!?
下からかけていたので、上からに変更するのが一苦労・・・(現在進行形)。

先生にLFJのことを話したら、先生も「行こうかなー!」とのこと(笑)。
会場狭いから、出会う確率は高そう。
って、チケットが取れるかわからないけれど。

そうそう。
今回の発表会曲は著作権が切れていないので、演奏録音の公開も無理と判明orz
posted by まみ at 23:25| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

発表会曲(3)

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

最初からすみません。
今年のLFJはロシアがテーマ。
私の発表会曲(ロシア作曲家)があれば嬉しいと思っていたら、
複数プログラムありました!嬉しい誤算!
チャイコンよりマイナーなのに、プログラム数がチャイコンより多いって(笑)。
チャイコフスキー好きとしては、メジャー曲が少なすぎてがっかり・・・
オケ、色々聴きたかったんだけどね〜(ToT)。

発表会曲プログラムは、何としても取りたい。
しかし、全て小さいホールorz
うち、1つは有名奏者さんだから難しそう・・・。
オケ版もあるので、聞いてみたい。

あーーーたーーーれーーー!
しかし、小ホールは昨年以外、当たったためしがない(ToT)。

それにしても、発表会前に聞けるとはラッキー!!!
発表会曲は、全プログラム聴き比べしたいのが本音!
そして、発表会前に現実との差を痛感するだろう(笑)。

LFJって、割とマイナー楽曲をリストアップしてくれるので、
グリンカの下記のピアノトリオ曲がないかと期待したのですが・・・
マイナー楽曲すぎたようです(笑)。残念。
哀愁的♪・・・いや、暗い?ハーモニーがきれいで好きなんです。

3つのロシアの歌


LFJで話が長くなりましたが、本題のレッスン記。
今日は重音ばかりやっていた気がします。
重音苦手。しかし、弓の毛替えのお陰で大分改善されました。

あまりに酷い重音二声だったので、先生の案として、
最初の音だけ重音、残りは片方だけを鳴らすということになっていたのですが、
音が改善されたため、全部両方鳴らしましょうということに。
いきなりレベルアップ!
両方一緒に鳴らすのは難しい。

頭痛がする中、今回のレッスンは数字計算特訓をすることに(=_=川)。
16分音符の同じ音を3回ずつ弾き特訓というのをやりまして。
8分音符だと2セット6回。4分音符だと4セット8回同じ音を弾くことになるわけですが。
付点とかついてくるとややこしくて〜!!!
何回弾くでしょうクイズ状態で、頭混乱しました・・・。

そういえば、私の録音音源の公表も、作曲者の著作権切れてないから無理なのかな〜?
posted by まみ at 23:59| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

発表会曲(1)+(2)

1ヶ月遅れですが、あけましておめでとうございます(遅いわ)。
1月は3週間ほど無職でだらだら〜ごろごろ〜の日々でした!
・・・と書きたい所ですが。

正月三が日が明けてから、3週間以上も長風邪で寝込む羽目に(ToT)。
一部の方々には、年賀状がとんでもなく遅く届いたと思います。
(お年玉抽選会には間に合ったはず、笑)
まったく動けなかったので、すみません。

最初は咳が酷く、起きると咳、歩くと咳、冷えると咳、
1日数度の咳発作で呼吸困難半死状態。
ひたすら寝るしかありませんでした orz
やっと治ってきたと思ったら、風邪再発。
今度は熱が3日間も出たという。

そんな訳で、ヴァイオリンレッスンも1月は1回しか習えず。
発表会×2回分の応援に行けなかったし(T△T)。
ちなみに、ヴァイオリン弾き始めは1月4週目という(笑)。
1ヶ月もヴァイオリン弾けなかったよ!

悲惨な1月と違い、今はすっかり元気です♪
完治したと同時に、次の新しい職場出勤ですよ。
あぁ、私の冬休みが・・・・・・・・・・・・orz orz orz
新しい職場環境はとても良いところです。
春まで就業の予定だけど、環境が良過ぎるので悩ましい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
前フリが長くなりましたが、今年のレッスン記録2回分まとめて。
新年からは、発表会曲をやることになっていたので、決断を先生に伝えました。

4月に大きなアンサンブル演奏会を控えているので、
(↑わたくしがコンミスって噂よ!?ホホホ!)
負担を考えて、今のレッスン曲ではなく、もう1つの候補の某曲にしました。

諸事情により、タイトル秘密なのですが──。
この曲は著作権が切れていない作曲家さんなので、
ブログに楽譜を載せるわけにもいかない(笑)。
ヴァイオリンブログとして、どう書いていこう!?
発表会まで、悩ましげなレッスン記事になりそうです。

先生お手製プリント
ロクに練習していないので(1ヶ月のブランクは大きい)、合格は遠い。

シュラディエック
1ヶ月練習していないお陰で、腕や手の痛みが治ったため、再開。
ところが、「よく弾けているので、もうこの本は卒業しましょう」とのこと。
嬉しいんだけど、筋トレどうなっちゃうんだろう!?

やさしいカイザー33番
ロクに練習してな(以下略)。

発表会曲
発表会は、4分くらいを目安にするということなので、
最初は、発表会らしい華やかな冒頭曲だけにしようかと思いましたが、
メリハリが欲しいので、次の短調曲も入れたいと希望しました。
ということで、冒頭曲と短調の一部を弾くことに。
順番は逆になるそうです。先生は華やかに終わらせたいらしい。

しかし、ロクに練習していないこともあってか、
弾くたび、先生の顔が見る見る苦笑モードに!
重音(二声)の酷さが顕著なので、重音を特訓してくるようにとのお達しが。

2回目のレッスンでは、あまりの酷さに、
「発表会までに間に合わなかったら、上の音だけ弾きましょうか・・・」との提案が。
そこまで酷いのか(笑)。や、酷いんだけど。

私の場合、重音を弾く時の右手に問題があるそうです。
軽く浮いた感じになってしまうので音がきれいに鳴らない。
先生に腕をつかまれて弾いてみるものの、ひとりになると弾けない(--;)。
難しいですね。

他にも、重音が酷い原因の1つとして、弓があげられます。
私のヴァイオリンを弾いた先生、あまりの鳴らなさに驚いていました。
今週中に毛替えしようと考えています。
もう2〜3年は替えていないような気がする(笑)。
posted by まみ at 00:35| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(11)+(12)

記事をたくさんためたまま、2011年が終わろうとしています。
特に12月に入ってから怒涛の忙しさでして・・・
年末進行、通勤仕事の引継(12月で今の職場を去ります)、
個人仕事の締め切り2本を抱えつつ、毎日残業の日々。
仕事三昧!忘年会!(送別会)クリスマス週はコンサート2本!
おとといは弾きおさめオフ会にも参加してきました♪
本当、倒れそうなスケジュールでしたが、よく持ったなぁと(笑)。

お陰で、今年も大掃除が小掃除程度に。(年明け必死にやるぞ!)
年賀状はまったく書いておらず。
今のうちに謝っておきますm(_ _)m
年賀状は年明けに書きます(酷っ)!

そういう状況なので、レッスン2回ともまったく練習する暇などなく。
初見大会でした。もちろん先生に申告済み(笑)。
2回とも似た内容なので、まとめてしまいます。

先生お手製プリント 重音音階
何故か2回とも合格した、不思議!
このプリント自体は終わらないんだけど(笑)。

やさしいカイザー32番
初見大会(笑)。
前回は、初見では難しくて3小節で終了・・・。
1-3-1-3-1-3ポジション順の曲なんですが、
常に4の指からはじまる曲なので、初見では難しかった。
1の指に移動してから4の指を置く!(つい忘れてしまう)

クラリネットコンチェルト 第2楽章、第3楽章
こちらも初見大会(笑)。
拍が少し難しいので、お得意の作曲をしてしまうのだった・・・。

初弾きなので、クラリネット→バヨ用にスラーや指番号を自分で考える作業。
右脳左脳フル回転で、どちらのレッスン後も疲れて寝てしまったorz

第2楽章の変換作業が終わったので、通しで弾いた後、
「第3楽章も弾きましょう〜♪」と先生。

ま、また、予想だにしない初見大会(笑)!
第3楽章はクラリネットっぽい曲なので、予想通り弾くのが難しい・・・。
なんだかシュラディックの音階練習しているようです。

レッスン後に先生が「発表会の曲は決めましたか?」と。
12月中に結論を出すということを忘れていました!
よくよく詳しく聞くと、今回は1人の持ち時間が4分制限だそうです。

短ッ!!!!!

今のレッスン曲なら、省略して弾く。
某曲なら、冒頭曲のみになりそうです。2曲目の悩みはなくなった。

こう考えると、某曲なんだろうけれど・・・。
今のレッスン曲のほうが変化があって面白いのかもしれません。
だけど、某曲は1ページなのが魅力的(笑)。
悩んだまま年越ししそうです。

******

今年の総括といえば、地震で自分の様々な価値観が変わった1年でした。
心身が健やかで余裕がないとヴァイオリンを弾くこともできないな、
と改めて感じた1年でした。
でも、地震後の不安から救ってくれたのは、ヴァイオリンだったのかな。
女性アンサンブルを機に、大きく飛躍できた1年だったと思います。

来年は春に素敵な企画もあるし、発表会も出たいし。
マイペースですが、ヴァイオリンを通じて楽しい1年になることを願っています。
良いお年を!
posted by まみ at 23:01| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(10)+発表会曲決め

久々のレッスン。
また来週、自己都合で休みなのでレッスン練習が疎かに(T△T)。

やさしいカイザー33番
合格しました♪
残りは36番のみか!?と思ったら、32番を飛ばしていました。
ということで、次回から32番。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章」と某曲
本日のメインは、来年の発表会(相当先の話、笑)の選曲。
今のレッスン曲か、私の好きな某曲か。
試し弾きすることになりました。

某曲、途中の重音二声や重音左手ピチカートの弾き方が全くわからない。
(その箇所は上の音だけ演奏、笑)
選曲間違ったか!?

先生も某曲が好きらしく、冒頭曲が華やかで発表会向き!
と太鼓判。

これだけだと短いので、6つある曲のうちのあと1つ選ぶことに。
6つのうちで私のレベルで弾けそうなのが、冒頭曲とあと2つの曲。
あとの3つはどう足掻いてもムリ。
(最初から最後まで、重音速弾きしかないという恐ろしいレベルの楽曲)

一番良いのは、短調の切なげなゆったり曲。
この曲も好きだし、長さ的にもちょうどいい。
私はこの2曲だと、メリハリがついていいかなと思ったのですが・・・
以下、先生との会話。

先生「2曲目がこれだと、最後テンションが盛り下がりません?」
私「盛り下がりますね(笑)。」
先生「1曲目が華やかなだけに、落差が・・・発表会向きじゃないかも」
私「この曲とは別の変奏曲も良いかなと思いますが、冒頭曲と曲調が似てますね」
先生「変奏曲やるなら、これ1曲でしょう。やっぱり冒頭曲ははずせませんよ!」
私「そうですね。私も冒頭曲がやりたいです。」
先生「残り3曲は選べないですか?」
私「重音パレード!ぜ、絶対ムリです!!!」

今度は今のレッスン曲を通しで弾く。

先生「どちらでもいいと思うので、ご自分で選んでください。」
私「・・・悩みますね。」
先生「今後、実力をつけるという意味では、コンチェルトがいいですけどね」

うーーーーーん。
ということは、今のレッスン曲か。
某曲だと、1から練習しないといけないのだけど、
2Pという短さがいい(笑)。
まあ、盛り下がる終わり方ですが・・・(笑)。
人に聞いてもらうなら、某曲の方が耳に馴染むメロディだろうなぁ。

今のレッスン曲だと、半年かけてもっと深く勉強できる。
ただし、難しいんだよ〜この曲!!!

12月中は悩むことにしました。
どちらがいいんだろう。どちらでもいいんだけど!

昨年の選曲時のように、試し弾きで先生が渋い顔しなかっただけでも進歩したと思いましょう(笑)。
今年は、曲目違うんだけど。

昨年まで毎年候補にしていた、
バッハの協奏曲第1番はいつかリベンジしたい☆

ちなみに、次回からウェーバーさんは第2楽章に入るそうです。
第1楽章まともに弾けていないのに・・・・・・・・・???

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
かぽさんとの初共演発表会まで残り僅かとなりました。
応援歓迎なので、是非来てくださいませ〜!
希望の方には、詳細メール送ります。
全然練習時間が取れなくて、本当にヤバイですけれどね!!!

参加者(参加グループ)の少ない発表会ですが、半分は上級者!?
そちらの演奏を聞くのが楽しみです♪
posted by まみ at 23:02| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(9)

今回のうっかりさんレッスン記。
先生のお手製音階プリントを出した瞬間、気がついた。
これ、前に合格したプリントではないか・・・(T△T)。
現在、練習中のプリントは自宅に置いてきた模様。
復習がてら、こちらの音階を練習をすることになりました。
早速、音が狂っているしね!
本当に合格したのか(笑)。
身についていないのが悲しい・・・・・・。

やさしいカイザー33番
今回のバリエーション、一発合格。
そろそろ終わりかな?と思ったら、次のバリエーションをやるらしい。
というか全バリエーションやるような気がしてきた。
(やさしいバージョンは、バリエーション4つくらいしかないけどね!)

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
通しで、ということで先生がピアノ伴奏を。
・・・までは良かったんですが、速いところがインテンポで弾けない!
伴奏とまったくあわず、不協和音な残念アンサンブルに(T_T)。
ということで途中からは、弾けない16分音符速弾きを中心にレッスン。

バリエーション練習することになり、先生が一言。
「これは何分の何拍子ですか〜?」

・・・・・・・・・。
ワタクシ、本当にこういう音楽的基礎がわからないのです!
答えられません(笑)。
丁寧に解説してもらい、やっと理解。
ああ、こういうこと知っていなくてはいけないのに。。。
一体、バヨとピアノを何年習っているのだ(笑)。

最後に、来月から発表会の曲を練習したいという話に。
もう発表会!
でも、そろそろ決めないとね・・・。

候補は今の曲か、ずっとやりたいと思っていた某曲、
今年弾く予定だったヘンデルのソナタの3つかな。

先生に某曲の話をしたところ、
あっさりと「おお!発表会にいいですね!!!」と乗り気。
というわけで、次回レッスンは某曲試し弾きの2本立て予定。

短調で格好いい系のこの曲とは対照的に、
某曲は長調で、メインは華やかな曲です♪
(切なげな短調の章もあるけれど、こちらも多分弾くかな?)
曲調が対照的なだけに、どちらもやってみたい。悩ましい。

しかし、次回レッスン、半月以上先なので忘れないといいけれど(笑)!
楽譜持って行かなくっちゃー!
まずは、譜読み!譜読み!予習!
(また練習する曲が増える・・・明日はアンサンブル練習〜。)
posted by まみ at 22:52| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(8)+発表会へ!

今日は同日の出来事を2本立てでまとめて・・・(笑)。
まずはレッスン。
先生お手製重音プリント」「やさしいカイザー33番
どちらも、E-durだったかな?
自分にとってこの音階は苦手です。音の狂いが顕著。
カイザーは合格で、次のバリエーションへ。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
今回から後半の細かいところを見てもらいました。

後半の最初。
・pp部分は弓の真ん中からはじめて先端までしか使わないように
ミステリアスに静かに弾かなければいけないらしいが、
私が弾くと元気いっぱいなので違和感があると言われました。
元気いっぱいとは、珍しい指摘(笑)!
ppで、かつミステリアスに、歌うように!
と、要求度がどんどん高くなってゆく・・・難しいです。

・トリルは下からかける
バロック三昧弾いていたので忘れていたけれど、この曲はロマン派!
トリルは下からかけるんだった・・・。

しかし、バロックで慣れてしまったトリル、
不器用な私はいきなり逆からかけるのにも一苦労です(笑)。

最後の難しい箇所は1小節につき、1スラーずつ先生と交代で弾く。
先生が弾くと格好いいな〜・・・あの速さで弾けるのはいつの日か。

後は音磨き練習や速弾きのいつもの練習を欠かさずに(自分だけわかるメモ)。

この曲は、チャイコンの基礎がたっぷりなので、
弾きこなせるようになると、チャイコンに役立つそうです。
とはいえ、チャイコンって・・・一生かかっても弾けるのか(笑)!?

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

レッスン後は、gaboさんこと、かぽさんの発表会へ!
予定時間より進行が早く、ぎりぎり間に合いました。
そうそう、久しぶりにtarさんやクーラさんの旦那様ともお会いできました(笑)。
久々におしゃべりも出来てよかったです♪

かぽさんの楽曲は、私も来月発表会で弾く曲なので、
思わず一緒に弾いているような感覚で聞いてしまいます。

かぽさん、間違いもなく、きれいに弾けていました〜♪
相変わらず、緊張と無縁に見えます。うらやましい。

かぽさん、この調子で来月の発表会初共演も頑張ろうね(笑)!
わ、わたしが一番やばい・・・練習しなくっちゃなぁ・・・
一番目立つポジションだけに、コケたら終わりという!!!
posted by まみ at 02:03| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(6)+(7)

久しぶりのブログです。
体調不良説まで耳にしましたが(笑)、元気です。
書く時間がなかったのは、女性アンサンブル演奏会まで時間がない!
ということで、毎週のように練習会状態です。
その上、12月に仲間の教室のアンサンブル発表会に出ることになりました。
というわけで、もう曲の練習が追いつかない状態という(-o-;)。

そんなある日のこと。
シュラディエック練習中に指の筋を痛めてしまいました!
筋トレだけあって、キツイと思っていた矢先に。

指の筋〜肘〜腕の付け根まで痛む羽目になったので、
1週間ほどバヨはお休みしていました。
と言うわけで、6回目のレッスンは練習不足で臨む(笑)。

そういえば、シュラディエックってシュラディックと発音する人が多いですね。
どちらが正しいのかな(笑)!?
女性アンサンブルの人たちは、“シュラディック”呼び。
何人か使用している方がいらっしゃるので〜。
今まで周りにこのテキスト使っている人がいないので、
どちらが正しいかわからなかったのだけど。

検索しても、どちらも結果が表示されるのでわかりません。
シュラディック派が多い気がする!?

話は長くなりましたが、指の筋を痛めたことを先生に伝えたので、
シュラディエックは、しばらく禁止令。

その代わり見てもらったのが、ボーイングと姿勢。
見てもらいたかったので助かりました!

<注意点>
・E線も肘をほんのり上げて弾くこと。
(今は肘が上がっていない)
・左の腰骨がほんの少し前に出ているので、引っ込める

左の腰骨は、ヴァイオリンを始めた時から注意されている点です(^_^;)。
昔はもっと出ていたけれど、最近は改善されたかな?
と思っていましたが、弾いているうちに微妙に癖が出るらしい。
本当にわずか傾いているだけなんですが、
姿勢を修正したら、音が改善された!と先生談。
たった、数ミリの意識で音が改善されるとは・・・姿勢は大切ですね。

もうひとつ、しらはせさんがブログで書いていた左親指の位置のこと。
私もずーっとずーっと自分の左親指の位置が気になっていました。
Youtubeでプロの映像とか見ていて感じたのですが、
自分の持つ位置が浅い気がする。
そのせいで、腕を痛めがちなのでは?と。
先生に見てもらったところ、持つ位置は大丈夫とのこと。
許容範囲といわれました。大丈夫なのか〜。
指の角度も問題ないようです。

先生お手製重音プリント」「やさしいカイザー33番
6回目レッスンは、何を言われたのか忘れました(えええ!)
苦手箇所はいつも同じなので、部分練習を!は覚えています。

7回目レッスンでお手製重音プリント合格。
と、思ったら次にまた来た!先生お手製重音プリント3枚目が(笑)。
やさしいカイザーは次回より変奏弾きに。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
どちらのレッスンも前半弾きのみ。
指〜肘が痛い原因その2は、この曲に違いない。
慣れれば、そのうち痛くなくなるとは思うんだけど(ToT)。

最初からカデンツァまで先生のピアノ伴奏と共に演奏♪
先生、伴奏譜見ながら変調して演奏するのがスゴイ!

今回は表現的なことを色々習いました。
pはもっとふんわり弾く等。
前半はともかく、次回はきっと後半。
技術的にもまだ弾けないのに、表現的なことまで追いつかない・・・
あと、ところどころ拍のゆれが多いので、メトロノームを使って練習を。

それより何より練習時間がない!
1〜2ヶ月は女性アンサンブルの方の特訓、発表会、
いろいろいろいろ頑張らなきゃ!

といいつつ、明日の夜はフルー友とコンサートを楽しむ予定。
練習が出来ない(笑)。
posted by まみ at 22:43| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする