>> 主な弦レビュー一覧表はこちら

2011年12月13日

発表会終了!

gaboさんこと、かぽさんとの共演発表会、無事に終了(*´∇`*)!
応援に駆けつけてくれたエリさん、クーラさん、しらはせさん、
応援メールを送ってくださった皆様、有難うございました♪

今回は、かなりのハプニングがありまして、
直前のメンバーチェンジ、当日出演が怪しいメンバーがいたり、
ピアノ含めた全員練習は1回、バヨ全員揃い踏み練習が1回という、
やっつけ仕事な練習回数・・・不安要素満載でした。
本当に、最初から最後までバタバタしていた記憶しかありません(笑)。
発表会当日は、朝から晩まで走り回っていた!

最後のオチは穴に入りたいほど恥ずかしい事件までやらかしたし!!!
本当に一人引っ掻き回して、恥ずかしい限りですorz

それでも、とても楽しい発表会だったので満足です♪
私にとって、初めてのアンサンブル発表会。
しかも今度は正式なコンミス?デビュー(笑)。
というか、1stVnだったんですがね。
このような機会を頂いて、本当にありがたかった。
それと、今回の発表会に別グループで出演した、
女性アンサンブルの子供からバヨ組にハプニングや練習含めて、
色々お世話になったので感謝でいっぱいです!

肝心の演奏に関しては・・・・・・
緊張しなさ過ぎて、普段間違えない箇所を少し間違えました。
発表会、知った顔ばかりで緊張しなかったのが敗因(笑)。
音源を聞く限り、この練習回数でよくここまでまとめられたわ〜、
と思いました。
細かいところを言えば(自分の演奏)、キリがないですけどね。

発表会参加のいきさつや、当日ダイジェストなどは、
寺社(ご朱印帳)巡りとあわせて(え!?)、
後日、綴っていく予定です。
練習のお供にご朱印帳。
お陰で、ご朱印帳が1冊の半分埋まったのですよ。

演奏会、発表会と走ってきたので、やっとレッスン練習ができそうです。
まだ譜読みさえしていない第2楽章。

しかし、来年に向けて某ステキ企画進行中。
その管理役を仰せつかったので、やっぱりバタバタかな(笑)。

いや、その前に放置していた仕事がたんまりです。。。
posted by まみ at 22:19| 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(10)+発表会曲決め

久々のレッスン。
また来週、自己都合で休みなのでレッスン練習が疎かに(T△T)。

やさしいカイザー33番
合格しました♪
残りは36番のみか!?と思ったら、32番を飛ばしていました。
ということで、次回から32番。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章」と某曲
本日のメインは、来年の発表会(相当先の話、笑)の選曲。
今のレッスン曲か、私の好きな某曲か。
試し弾きすることになりました。

某曲、途中の重音二声や重音左手ピチカートの弾き方が全くわからない。
(その箇所は上の音だけ演奏、笑)
選曲間違ったか!?

先生も某曲が好きらしく、冒頭曲が華やかで発表会向き!
と太鼓判。

これだけだと短いので、6つある曲のうちのあと1つ選ぶことに。
6つのうちで私のレベルで弾けそうなのが、冒頭曲とあと2つの曲。
あとの3つはどう足掻いてもムリ。
(最初から最後まで、重音速弾きしかないという恐ろしいレベルの楽曲)

一番良いのは、短調の切なげなゆったり曲。
この曲も好きだし、長さ的にもちょうどいい。
私はこの2曲だと、メリハリがついていいかなと思ったのですが・・・
以下、先生との会話。

先生「2曲目がこれだと、最後テンションが盛り下がりません?」
私「盛り下がりますね(笑)。」
先生「1曲目が華やかなだけに、落差が・・・発表会向きじゃないかも」
私「この曲とは別の変奏曲も良いかなと思いますが、冒頭曲と曲調が似てますね」
先生「変奏曲やるなら、これ1曲でしょう。やっぱり冒頭曲ははずせませんよ!」
私「そうですね。私も冒頭曲がやりたいです。」
先生「残り3曲は選べないですか?」
私「重音パレード!ぜ、絶対ムリです!!!」

今度は今のレッスン曲を通しで弾く。

先生「どちらでもいいと思うので、ご自分で選んでください。」
私「・・・悩みますね。」
先生「今後、実力をつけるという意味では、コンチェルトがいいですけどね」

うーーーーーん。
ということは、今のレッスン曲か。
某曲だと、1から練習しないといけないのだけど、
2Pという短さがいい(笑)。
まあ、盛り下がる終わり方ですが・・・(笑)。
人に聞いてもらうなら、某曲の方が耳に馴染むメロディだろうなぁ。

今のレッスン曲だと、半年かけてもっと深く勉強できる。
ただし、難しいんだよ〜この曲!!!

12月中は悩むことにしました。
どちらがいいんだろう。どちらでもいいんだけど!

昨年の選曲時のように、試し弾きで先生が渋い顔しなかっただけでも進歩したと思いましょう(笑)。
今年は、曲目違うんだけど。

昨年まで毎年候補にしていた、
バッハの協奏曲第1番はいつかリベンジしたい☆

ちなみに、次回からウェーバーさんは第2楽章に入るそうです。
第1楽章まともに弾けていないのに・・・・・・・・・???

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
かぽさんとの初共演発表会まで残り僅かとなりました。
応援歓迎なので、是非来てくださいませ〜!
希望の方には、詳細メール送ります。
全然練習時間が取れなくて、本当にヤバイですけれどね!!!

参加者(参加グループ)の少ない発表会ですが、半分は上級者!?
そちらの演奏を聞くのが楽しみです♪
posted by まみ at 23:02| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性アンサンブル第2回ライブ

ガリレオどれだ?記事が大量にたまっていますが!!!
記憶が薄れないうちに、演奏会の記事から。

先日、第2回アンサンブル演奏会がありました。
応援に来てくれた、エリさん、しらはせさん、フルー友、残念ながら、急遽来られなくなったかぽさん。
そして応援メールを下さった皆様、有難うございました♪

今回はコントラバスあり、歌ありと前回より変化をつけました。
私の方は、とにかく楽しく弾けた!ので良しとします。
アットホームな演奏会なので、緊張は無縁でした(笑)。
コントラバスは大きい

まあ、キリを言えば色々ありますが──。
大きな間違いはしていないので、大甘で90点くらいかな。

第1回目は震災直後で、ほとんど練習できなかったので、
今回は練習時間が取れたことが一番大きい!
ただ、メンバーやプロデューサー、サポーターに色々ありまして、
身内の不幸、入院や手術、当日風邪で体調が悪い、
様々な事情で当日まで練習参加できない方が数人、
当日欠席でパートチェンジもあったという、ハプニング付き。

本番は、朝からリハ通し。
会場が乾燥しているのか、弦が緩んだり、切れる人が続出!
私も例外なく緩みまくって困りました。

そして、本番。
司会者さんが連れてきた本格的プロの映像マンが入って驚きました。
私が弾いた曲のみご紹介します。

●アイネ・クライネ・ナハトム・ジーク 第1楽章(モーツァルト)
最初に全員でこの曲を演奏。
一番の間違いというか、やっちゃった!のが、この曲。

急遽参加できなくなったメンバーがコンミスだったので、
当日いきなりコンミスが私に回ってきました(笑)!
ついに私、コンミスデビュー!!!

コンミスらしく(!?)、演奏前に私がAの音を出した瞬間、
メンバー全員から「低っ!!!」と突っ込みが。
やっぱりA線がすぐ緩む〜!慌てて調弦しなおす私。
いきなりコンミス失格(笑)。
まっ、ここで笑いをとったことで、メンバーの緊張がほぐれたのではないでしょうか?
※コンミスは笑いをとる役割ではありません。

アイネクは本当によく練習しました。
2ndが上手なメンバーだらけだったので、1stメンバーだけで特訓会をしたり。
モーツァルトの演奏は苦手意識がとてもありましたが、
今回の練習で弾き方とか、コツが少しわかっただけ収穫です。

●アヴェ・ヴェルム・コルプス(モーツァルト)
ミュートオフ会などで何度も弾いている曲ですが、今回はソプラノとアルトの歌入り!
とても新鮮!
歌入りは、諸事情で当日リハで初合わせになったので、音量的に大丈夫だったかな?
というのが一番の不安。

ちなみに、この演奏のために(やっと)弱音ミュートを購入しました。
形が可愛いミュートにしました♪

●ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 BWV1060 第1楽章(バッハ)
ワタクシはオーボエ担当のソロでした。
この曲を一緒に弾こう!とリーダーさんからの誘いでこの会に入ったので(笑)。
今回、弾くことができて満足です!!!

リーダーさんから猛特訓を受けましたが、要求度通りに弾けなかったかも(T△T)。
もっと上手く弾きたかった。それだけが心残り。

いつもは、ぺたんこ靴を履く私。
今回10cm近いブーツを履いていたせいなのか、
(ただでさえ長身の部類なのに。)
譜面台が低くて屈んだり移動したりの弾き方になりました。
(私にしては珍しく動きのある弾き方になった、笑)
そのせいなのか、脚が途中で武者震いみたいなのが来たのですが。
緊張???

●ディベルティメント K.136 第3楽章(モーツァルト)
速弾きが、とにかく遅れていた。
きちんと弾けないまま終わってしまいました。
隣で弾くリーダーさんが渋い顔をしていたかもしれない(笑)。

●カノン(パッヘルベル)
途中ぼやーっとしていたら、ボーイングを間違った。
隣の方は弦が緩んで、大変なことに!

アンコールも用意していましたが、時間の都合でカット。
せっかく暗譜したのに弾かないのも悲しいので、
ここに、私一人カノン演奏のものを残します(笑)。

モーツァルトのカノン


私は今回初めて知った曲ですが、鈴木メソード大会で必ず弾く曲らしいです。
微妙なズレがところどころありましてすみません。
気持ち悪い(T△T)。

ご覧の通り、今回はモーツァルトばかりでした。
(私が弾いた曲以外は、バロックが多かったのですが。笑)
今までモーツァルトの弾き方を習ってこなかったので、
本当に勉強になりました。
少しはモーツァルト弾きも好きになったかな♪

衣装と小物についても、記しておきます。
本番数日前の練習会で、今回の衣装はワンピースを着ることに決定。
この日の練習会参加者だけ、ワンピースを着ていました(笑)。

前回は黄緑のリボンでしたが、今回はクリスマスらしく赤いリボン。
私は前回に続き、再び100円ショップを漁り、クリスマスらしい飾りと花を購入。
材料

本番当日にお昼を食べながら、ちくちく針作業。
できあがり

完成〜!
(縫い方は下手糞の極みで見せられない・・・裁縫苦手orz)

最初は髪飾りにする予定だったけれど、花が思いのほか大きくて邪魔でした(笑)。
というわけで、洋服のコサージュとして活躍。
お陰で、髪型が地味になってしまったがね・・・。

来年以降の演奏会はこの形で行くのか、
違う形での演奏発表形態になるのか、
まだわかりませんが、共に頑張った仲間なので、
何らかの形で続行していけるといいな、と思います。
posted by まみ at 00:06| 女性アンサンブル会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

佳境です

いよいよ佳境に入った女性アンサンブル練習会。
ブログでは1回ずつ日記にしておりませんが、
9月から週末の予定をできるだけこちらに割いてきました。
先日は平日夜も練習会があったりで、流石に先週末はぐったり休息(笑)。

先日の練習はiPhone4Sメンバー(私除く、笑)。
アプリ情報の話は勿論参考になったけれど、
それよりなにより、動画がきれいに撮影できるんですね。
というわけで、演奏中の動画を撮影してチェックしました。

久々に見る、自分の演奏姿や音源・・・見て(聞いて)ショック!!!
こ、こっ、これは、想像以上に酷い!
自分ではもう少しヴァイオリンの音を鳴らしていたつもりだったのに、
これでは管楽器の音色ではないか!!!
麗しのヴァイオリン音色のリーダー様とのデュエットだけに、顕著すぎる。

待てよ。
この曲は、ヴァイオリンと某管楽器の協奏曲。
(ワタクシは管楽器担当パート、笑)
私はこの音色でいいわけだ!!!
来場の皆様、この音色は管楽器の演出だと思ってください(←実力だろう!)。
もしくは麗しいヴァイオリンパートの音色の方を聞いてくださいとしか。

私は毎度毎度、自分が弾くだけで精一杯なんですが、
リーダーさんは自分で演奏しながら、私の弾き方を全て見てくれているのです。
勿論、間違えたところもしっかりと見ている(笑)。
演奏後に、できていなかったところ、もっとこうしたらいいなど指導してくれます。
傍目から見ると、まるっきり先生と生徒のレッスンですが、
人前でアンサンブルを弾く経験の少ない私にとって、助かります!
前回は、練習時間が少なかっただけに今回は色々と勉強になっています。

もう少しで、本番。
まだ、リーダーさんの要求された点をクリアしていない、
暗譜某曲のボーイングをすっかり忘れてしまって覚えていない、
別の某曲が未だに弾きこなせない(本番はエアかも)など不安がいっぱいなのですが。。。
精一杯頑張ろうと思います!

あと、12月の某gさんとの初共演発表会も頑張らなくっちゃー。
れ、練習する時間が〜!全員集まる時間がないのが問題(笑)!
興味のある方は、こちらもどうぞ来て下さい♪
多分、こっちはボロボロだと思います・・・←私が。
posted by まみ at 23:00| 女性アンサンブル会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(9)

今回のうっかりさんレッスン記。
先生のお手製音階プリントを出した瞬間、気がついた。
これ、前に合格したプリントではないか・・・(T△T)。
現在、練習中のプリントは自宅に置いてきた模様。
復習がてら、こちらの音階を練習をすることになりました。
早速、音が狂っているしね!
本当に合格したのか(笑)。
身についていないのが悲しい・・・・・・。

やさしいカイザー33番
今回のバリエーション、一発合格。
そろそろ終わりかな?と思ったら、次のバリエーションをやるらしい。
というか全バリエーションやるような気がしてきた。
(やさしいバージョンは、バリエーション4つくらいしかないけどね!)

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
通しで、ということで先生がピアノ伴奏を。
・・・までは良かったんですが、速いところがインテンポで弾けない!
伴奏とまったくあわず、不協和音な残念アンサンブルに(T_T)。
ということで途中からは、弾けない16分音符速弾きを中心にレッスン。

バリエーション練習することになり、先生が一言。
「これは何分の何拍子ですか〜?」

・・・・・・・・・。
ワタクシ、本当にこういう音楽的基礎がわからないのです!
答えられません(笑)。
丁寧に解説してもらい、やっと理解。
ああ、こういうこと知っていなくてはいけないのに。。。
一体、バヨとピアノを何年習っているのだ(笑)。

最後に、来月から発表会の曲を練習したいという話に。
もう発表会!
でも、そろそろ決めないとね・・・。

候補は今の曲か、ずっとやりたいと思っていた某曲、
今年弾く予定だったヘンデルのソナタの3つかな。

先生に某曲の話をしたところ、
あっさりと「おお!発表会にいいですね!!!」と乗り気。
というわけで、次回レッスンは某曲試し弾きの2本立て予定。

短調で格好いい系のこの曲とは対照的に、
某曲は長調で、メインは華やかな曲です♪
(切なげな短調の章もあるけれど、こちらも多分弾くかな?)
曲調が対照的なだけに、どちらもやってみたい。悩ましい。

しかし、次回レッスン、半月以上先なので忘れないといいけれど(笑)!
楽譜持って行かなくっちゃー!
まずは、譜読み!譜読み!予習!
(また練習する曲が増える・・・明日はアンサンブル練習〜。)
posted by まみ at 22:52| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(8)+発表会へ!

今日は同日の出来事を2本立てでまとめて・・・(笑)。
まずはレッスン。
先生お手製重音プリント」「やさしいカイザー33番
どちらも、E-durだったかな?
自分にとってこの音階は苦手です。音の狂いが顕著。
カイザーは合格で、次のバリエーションへ。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
今回から後半の細かいところを見てもらいました。

後半の最初。
・pp部分は弓の真ん中からはじめて先端までしか使わないように
ミステリアスに静かに弾かなければいけないらしいが、
私が弾くと元気いっぱいなので違和感があると言われました。
元気いっぱいとは、珍しい指摘(笑)!
ppで、かつミステリアスに、歌うように!
と、要求度がどんどん高くなってゆく・・・難しいです。

・トリルは下からかける
バロック三昧弾いていたので忘れていたけれど、この曲はロマン派!
トリルは下からかけるんだった・・・。

しかし、バロックで慣れてしまったトリル、
不器用な私はいきなり逆からかけるのにも一苦労です(笑)。

最後の難しい箇所は1小節につき、1スラーずつ先生と交代で弾く。
先生が弾くと格好いいな〜・・・あの速さで弾けるのはいつの日か。

後は音磨き練習や速弾きのいつもの練習を欠かさずに(自分だけわかるメモ)。

この曲は、チャイコンの基礎がたっぷりなので、
弾きこなせるようになると、チャイコンに役立つそうです。
とはいえ、チャイコンって・・・一生かかっても弾けるのか(笑)!?

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

レッスン後は、gaboさんこと、かぽさんの発表会へ!
予定時間より進行が早く、ぎりぎり間に合いました。
そうそう、久しぶりにtarさんやクーラさんの旦那様ともお会いできました(笑)。
久々におしゃべりも出来てよかったです♪

かぽさんの楽曲は、私も来月発表会で弾く曲なので、
思わず一緒に弾いているような感覚で聞いてしまいます。

かぽさん、間違いもなく、きれいに弾けていました〜♪
相変わらず、緊張と無縁に見えます。うらやましい。

かぽさん、この調子で来月の発表会初共演も頑張ろうね(笑)!
わ、わたしが一番やばい・・・練習しなくっちゃなぁ・・・
一番目立つポジションだけに、コケたら終わりという!!!
posted by まみ at 02:03| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(6)+(7)

久しぶりのブログです。
体調不良説まで耳にしましたが(笑)、元気です。
書く時間がなかったのは、女性アンサンブル演奏会まで時間がない!
ということで、毎週のように練習会状態です。
その上、12月に仲間の教室のアンサンブル発表会に出ることになりました。
というわけで、もう曲の練習が追いつかない状態という(-o-;)。

そんなある日のこと。
シュラディエック練習中に指の筋を痛めてしまいました!
筋トレだけあって、キツイと思っていた矢先に。

指の筋〜肘〜腕の付け根まで痛む羽目になったので、
1週間ほどバヨはお休みしていました。
と言うわけで、6回目のレッスンは練習不足で臨む(笑)。

そういえば、シュラディエックってシュラディックと発音する人が多いですね。
どちらが正しいのかな(笑)!?
女性アンサンブルの人たちは、“シュラディック”呼び。
何人か使用している方がいらっしゃるので〜。
今まで周りにこのテキスト使っている人がいないので、
どちらが正しいかわからなかったのだけど。

検索しても、どちらも結果が表示されるのでわかりません。
シュラディック派が多い気がする!?

話は長くなりましたが、指の筋を痛めたことを先生に伝えたので、
シュラディエックは、しばらく禁止令。

その代わり見てもらったのが、ボーイングと姿勢。
見てもらいたかったので助かりました!

<注意点>
・E線も肘をほんのり上げて弾くこと。
(今は肘が上がっていない)
・左の腰骨がほんの少し前に出ているので、引っ込める

左の腰骨は、ヴァイオリンを始めた時から注意されている点です(^_^;)。
昔はもっと出ていたけれど、最近は改善されたかな?
と思っていましたが、弾いているうちに微妙に癖が出るらしい。
本当にわずか傾いているだけなんですが、
姿勢を修正したら、音が改善された!と先生談。
たった、数ミリの意識で音が改善されるとは・・・姿勢は大切ですね。

もうひとつ、しらはせさんがブログで書いていた左親指の位置のこと。
私もずーっとずーっと自分の左親指の位置が気になっていました。
Youtubeでプロの映像とか見ていて感じたのですが、
自分の持つ位置が浅い気がする。
そのせいで、腕を痛めがちなのでは?と。
先生に見てもらったところ、持つ位置は大丈夫とのこと。
許容範囲といわれました。大丈夫なのか〜。
指の角度も問題ないようです。

先生お手製重音プリント」「やさしいカイザー33番
6回目レッスンは、何を言われたのか忘れました(えええ!)
苦手箇所はいつも同じなので、部分練習を!は覚えています。

7回目レッスンでお手製重音プリント合格。
と、思ったら次にまた来た!先生お手製重音プリント3枚目が(笑)。
やさしいカイザーは次回より変奏弾きに。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
どちらのレッスンも前半弾きのみ。
指〜肘が痛い原因その2は、この曲に違いない。
慣れれば、そのうち痛くなくなるとは思うんだけど(ToT)。

最初からカデンツァまで先生のピアノ伴奏と共に演奏♪
先生、伴奏譜見ながら変調して演奏するのがスゴイ!

今回は表現的なことを色々習いました。
pはもっとふんわり弾く等。
前半はともかく、次回はきっと後半。
技術的にもまだ弾けないのに、表現的なことまで追いつかない・・・
あと、ところどころ拍のゆれが多いので、メトロノームを使って練習を。

それより何より練習時間がない!
1〜2ヶ月は女性アンサンブルの方の特訓、発表会、
いろいろいろいろ頑張らなきゃ!

といいつつ、明日の夜はフルー友とコンサートを楽しむ予定。
練習が出来ない(笑)。
posted by まみ at 22:43| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(5)

溜め込んだので、2日連続レッスン記事。
今の先生に習ってX年(←それなりに長い年月)。
先生がご自宅でレッスンされていることを初めて知りました!
もっと近所だったらなぁ・・・そちらの方がいいなぁ〜。。。
30分レッスン、短すぎるし!

シュラディエック
今回も一発合格!相変わらず調子良い。
しかし、今回の音階は腕が、指が、とにかく辛すぎる・・・
最後は、手全体が笑っちゃう状態に。動かない!
次回課題もかなり辛い音階。

先生からの忠告。
「音階はかなり辛いので、音階練習後は必ず手・腕全体マッサージしてください!」
やっぱり!!!!!
音階はまとめて連続練習していたんだけど、相当負担がかかっていたのか。

先生お手製重音プリント
最終課題合格!
喜ぶ私に、先生から新たな「先生お手製重音プリント」が手渡される(笑)。
私のために作ってくれたプリント(←違うと思う、他の生徒さんも・・・)、
再び頑張る!

やさしいカイザー35番
テンポ120演奏。
よたよた弾きだったけれど、表現もついていて良い。合格とのこと。
今回は音階全て合格です!

そしていよいよ、カイザー36番。
カイザーもこれでラストだ──と感慨に耽っていた私・・・だが・・・
「そういえば、カイザーはいくつか飛ばしましたよね。戻りましょう!」
ということで、次回は33番(だったかな)に逆戻り。
カイザーはまだ終わらない。好きだからいいけれど(笑)。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
今回は最後まで見てもらいました。
問題のこちら、1、2拍目で1スラー、3拍目単独スラーになりました。
弓が足りない
助かった。
しかし、1小節弾いたら安心してしまうのか(!?)、
3拍目を弾いたら休みが入って、次の小節へ・・・という悪い癖の弾き方に。
3拍目と次の小節1拍目をつなげて弾く練習を延々と。。。
家でも要練習ですね。
ちなみに、上の画像と同様の小節が4小節連続であります。難しい!

あとは、最後の音が(とてもハイポジ)汚いので、
「音磨き練習」方法を習いました。
16分音符速弾き箇所も汚いので、同様に音磨き練習法。
カイザーみたいな練習で疲れました(笑)。

先生が「この曲、発表会に良いのでは!?」と薦めてきました。
あれ、前回のヘンデルのソナタ第1番も推薦されたような(笑)。
私の弾きたい某曲もあるし、候補が3曲になったようです!?

ヘンデルと某曲は曲的に似ているので、どちらか二者択一かなと。
まだ今年いっぱいは悩むつもりだけど、この曲が一番いいかも。
発表会映えのする曲だし、あまり知られていない曲だし(笑)、
発表会や演奏会はバロックばかり弾いてきたし。
ロマン派は、個人・アンサンブル発表会・演奏会では弾いたことがないので、
試したいな、という気はあります。。。
ただ、曲目があまりにも珍しいので・・・・・・以下略。
(詳しくは書けないが、お察しください。笑)
posted by まみ at 22:29| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(4)

三連休はレッスン、久々のアンサンブル、フルー友の演奏会・・・と音楽三昧でした。
(仕事もあったんだけどね!)
今日からの三連休初日は、久々の女性アンサンブル演奏会練習。
第1回演奏会以来の初あわせでドキドキでした!
ま、ボロボロだったのは言うまでもなく・・・大丈夫か、私(笑)。

合奏すること自体が1ヶ月ぶりなので、久しぶりと言う感覚。
やっぱりアンサンブルは楽しい♪♪♪

うぃーんみやげこちらは、しらはせさんから頂いたウィーン土産。
近頃、携帯カメラの写りが悪い(明るい色がつぶれる!)ので、見た目が変ですが・・・
チョコ、とろけるような味わい!うまーー!
モーツァルト石鹸、いい香り♪
私のチョコは「ザルツブルグ」ロゴ入り。
バッハさんなどのパッケージもありましたよ〜。

そして、こちらは今日の練習会帰りに立ち寄った、
行ってみたかった某イギリス菓子&紅茶専門店。
るるこさんが以前行ったことある!と話していたのを聞いていたので。
この街に来たなら是非!と思っていたのでした。
紅茶専門店

カフェは大人気。店内はとても可愛らしい。
バナナタルトとフレーバーティーをオーダーしました。
私がオーダーしたのは甘さ控えで、私的にはいい感じ!

紅茶缶やパッケージをはじめ、女子的好みの紅茶雑貨ショップもありまして!
お土産買っちゃった〜♪
おみやげ紅茶

フルー友の演奏会話は後日記事にするので、
まずはレッスン記より。
今回は特にこれといって特筆すべきことはなしですが・・・

レッスンと同時に地震が来た!
慌ててドアを開ける先生だが、先生以外誰も気がついておらず・・・
私もわからなかった(笑)。
そろそろいい加減、地震落ち着いてくれないかな。

シュラディエック
またもや連続一発合格!
連続合格続きなので、今の章の終わりが見えてきた!

先生お手製重音プリント
大分マトモになったので重音スラーが課題に。

やさしいカイザー35番
テンポアップすると、ボロが出まくり。
特に最後2段は要練習。

ウェーバークラリネット協奏曲No.1 第1楽章
今回はカデンツァから2Pほど見てもらいました。
あまりにも弾き難いので、一部のスラーを変更。
少し弾きやすくなり、助かりました。
あとは弾き慣れかな?
見てもらえなかったけど、最後が一番難関。
3ページ半くらいの曲にもかかわらず、相変わらず身体が痛い!
途中で一休みしないと弾けないまま(笑)。
早く身体が慣れて欲しいものです。
posted by まみ at 23:58| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

ウェーバー クラリネットコンチェルトNo.1(3)

花火大会アド街で「根津」特集を見て、ますます行きたい熱が高まる今日この頃。
でも、涼しくなってからかな。
今は暑くてダメだ(x_x;)!

ここ最近は眠気が酷くて、22〜23時に就寝の日々。
健全な生活を送っていました!
そのため、PCほとんど立ち上げておらず。
ブログも書き損じていました。
新しい曲を始める際、変に力が入るのか!?
首肩が痛くて、ほとんど練習できなかった今回のレッスン記です。

シュラディエック
このところ毎回調子がいい。
あまり練習しなかったけど一発合格!

先生お手製プリント重音練習
特に10度の音が微妙にずれているようで、細かい指摘が。
私がとる音はやはり微妙に低いらしい。
ピアノ出身者の辛いところ・・・
当分、このプリント練習が続きそうです。

やさしいカイザー35番
テンポアップを要求!
1スラー15音符(!)の箇所が乱れまくりなので、しっかり部分練習を!

ウェーバー クラリネット協奏曲No.1 第1楽章
引き続きクラリネット譜→ヴァイオリン譜変換作業。

冒頭のこの箇所は根元でスピカート、強く弾く!
「この奏法ってスピカートですか?」と尋ねたら・・・
「多分」とのことです(笑)!
がくふ
※無料楽譜より。私の楽譜は、スラーなしで全てスタッカート記号がついています。

中盤からロマン派らしい難しいフレーズが満載で、
かつてのメンコンやアッコライを思い出すような弾き方だらけ。
三連符が続いたと思ったら急に16分音符速弾きチェンジ、とか。

思い出した一例。
何故、小節をまたいでスラーが続くのか。
スラーの法則性がないのは何故か。
最初の1スラー4ずつをずっと続ければ楽なのに!
と思うのは私だけ(笑)!?
下記の画像はいいけれど、上下2段にまたがってスラーが続くと読み難い〜!
スラーがややこしい

特にハイポジが沢山あるわけでもないのに、
身体が痛いのは弾き難さからか?
身体のあちこちが痛くなるので、通しで弾けません(笑)。
休み休み弾いています。
苦手箇所だけ部分練習して、少しでも楽したいのですが──。
どの箇所も苦手(弾けない)なので、部分練習できないじゃん!状態。

最後のこの箇所、スラーはそのままで!だそうです。
1小節1スラー!?音符いくつよ!?
弓が足りない
亀のようにゆっくり弾いても弓が足りない!
弾けない(涙)!!!
弾けたら格好いいんだろうな。
このフレーズが連続であるのですよ・・・修行だらけ。

途中の休符が多い箇所は、先生がピアノで伴奏を弾いてくれました。
伴奏が入った方がいい〜♪
しかし、待てよ。この伴奏譜はf-mollのはず。
ヴァイオリン譜はg-moll・・・

なんと、先生はf-mollの楽譜を見てg-mollに変換してピアノを弾いてくれたのです。
先生、すごい!!!
「もっと修行しますね」と先生のお言葉。
いえいえいえ、充分です!ありがたい!
私も修行しようかな(笑)。休符の箇所の片手だけでも。

最後に、震災から半年経ちました。
昨年で終わりだったはずの花火大会。
わが街は被災地ということもあり、今年復活!
ずっと続けて欲しいな〜。
花火大会は大分前に開催されたのですが、載せ損ね。
花火大会

今年は風向きが残念な方向(煙で隠れる花火)だったので、写真少な目です。
posted by まみ at 22:07| レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。